フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 小岩井農塲 パート九 / 小岩井農塲~了 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 霧とマツチ »

2018/11/18

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 林と思想

 

 

 

      

 

 

 

            

 

そら、ね、ごらん

むかふに霧にぬれてゐる

蕈(きのこ)のかたちのちいちな林があるだらう

あすこのとこへ

わたしのかんがへが

ずゐぶんはやく流れて行つて

みんな

溶け込んでゐるのだよ

  こゝいらはふきの花でいつぱいだ

 

[やぶちゃん注:「蕈(きのこ)のかたちのちいちな林があるだらう」の「ちいちな」はママ。原稿もママ。「正誤表」にはない。宮澤家「手入れ本」で「ちいさな」と訂正する。大正一一(一九二二)年六月四日の作。本書以前の発表誌等は存在しない。本書用原稿最終形では最終行は、

  こゝいらはふきの花でいつぱいだな

となっているが、「手入れ本」での修正はないので、最終校正段階で「な」を除去したものと推定される。確かに「な」はない方がよい。

 標題と「わたしの」自然=全宇宙存在に対する哲学的な思考が、随分速く流れ行っては、瞬時にその「林」の中で「みんな」「溶け込んで」いると賢治は語りかけてくる。大塚常樹氏の「宮沢賢治 心象の宇宙論(コスモロジー)」(一九九三年朝文社刊)の「宮沢賢治の空間認識」の「第三章 水の宇宙哲学――コロイドとモナド」末尾で、この冒頭から「溶け込んでゐるのだよ」までを引かれ、『こうして賢治の世界認識は《モナド》』(monad:ギリシア語の「モナス」(monas:「単位・一(いつ)なるもの」の意)に由来する概念で「単子」と訳される。古代ではピタゴラス学派やプラトンによって用いられ、近世ではニコラウス・クサヌスやブルーノが、モナドを、「世界を構成する個体的な単純者・世界の多様を映す一者」として捉えた。これらの先駆思想を継承して、ライプニッツは彼の主著「モナドロジー」に於いて、独自の単子論的形而上学思想を説いた。ライプニッツは物理的原子論を批判し、宇宙を構成する最も単純な要素、即ち、自然の真のアトムは、不可分であって空間的拡がりをもたぬ「単純者」であり、いわば「形而上学的点」とも言うべきものであると主張した。ここは平凡社「世界大百科事典」に拠った)『化されたコロイド粒子によって、宇宙という巨大な水溶液へと拡大し、《溶解》する。それはもはや宇宙という名の、巨大な《母の子宮》以外のなにものでもないのである』と述べておられる。

「ふきの花」キク亜綱キク目キク科キク亜科フキ属フキ Petasites japonicus。私の好きな「蕗の薹」の成長して開花した花である。私は小さな頃から、「蕗の薹」に母を感じた。それは一緒に裏山にそれを摘みに行ったからばかりではなく、あの包のようなそれに母を感じた。二〇一一年三月にALSで母を亡くしてからも、私は、あの䑓(うてな)の中に赤子に戻った母がいるように感じ続けている。さればこそ、「こゝいらはふきの花でいつぱいだ」という最後の一行に私は強く打たれるし、大塚氏の評言にも激しく共感するのである。大塚氏は実はこの引用の直前で「如来の胎児(タターガタ・ガルバ)」にも言及されているのである。「タターガタ・ガルバ」はサンスクリット語で「如来の胎児」を意味し、これは「如来蔵」の説を意味する。それは、総ての人々には如来となり得る種子があるとする主張で、人々が本来持っているところの「自性清浄心(じしょうしょうじょうしん)」に悟りの可能性を見出し、これを「如来蔵」又は「仏性(ぶっしょう」と呼び、すべての人々は如来の胎児を内に蔵しているというのである(ここは平凡社「世界大百科事典」に拠った)。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 小岩井農塲 パート九 / 小岩井農塲~了 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 霧とマツチ »