フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 陽ざしとかれくさ | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 風景 »

2018/11/08

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 雲の信號

 

      雲 の 信 號

 

あゝいゝな、せいせいするな

風が吹くし

農具はぴかぴか光つてゐるし

山はぼんやり

岩頸(かんけい)だって岩鐘(がんしやう)だって

みんな時間のないころのゆめをみてゐるのだ

  そのとき雲の信號は

  もう靑白い春の

  禁慾のそら高く掲(かか)げられてゐた

山はぼんやり

きつと四本杉には

今夜は雁もおりてくる

 

[やぶちゃん注:「岩頸(かんけい)」のルビの「かんけい」はママ(底本原稿も「かんけい」なので誤植ではない。但し、無論、「がんけい」が正しい)。現存稿は底本原稿のみで(大きな異同はないので示さない)、これ以前の発表誌等も存在しない。大正一一(一九二二)年五月十日の作。宮澤家「手入れ本」は、以下のようになっている。

   *

 

      雲 の 信 號

 

あゝいゝな、せいせいするな

風が吹くし

農具はぴかぴか光つてゐるし

山は! ぼんやり

岩頸(かんけい)だって岩鐘(がんしやう)だつて

みんな時間のないころのゆめをみてゐるのだ

  そのとき雲の信號は

  もう靑じろい禁慾の

  春ぞら高く掲(かか)げられてゐた

山はぼんやり

きつと四本杉には

今夜は雁もおりてくる

 

   *

「雲の信號」農事の開始を告げる春の雲の到来

「岩頸」「火山岩頸」の略。火山体が浸食されて、火道(かどう:volcanic vent:マグマが地中に貫入したその通り道)を満たしていた溶岩などが塔状に露出して残った岩体。岩栓(がんせん)・突岩(とつがん)とも呼ぶ。山塊・山麓・海岸線・海中等に楯状に突き出る岩の塊りで、大きなものでは、アメリカ合衆国ワイオミング州北東部にある、スピルバーグの映画「未知との遭遇」(一九七八年日本公開)で知られるようになった「デビルス・タワー(Devils Tower)」がそれ。

「岩鐘」賢治の呼称で、前の岩頸の、なだらかな円錐(釣鐘)状の突出を指しているようである。地球物理学者で日本文藝家協会(日本文芸家協会)会員でもある島村英紀サイト地球科学者と読む宮沢賢治の「その1:楢ノ木大学士の野宿が賢治の複数の作品も引用されていて、素敵だ。そこに『賢治の研究家で、「賢治の事務所」というホームページを開設しておられる加倉井厚夫(かくらい あつお)』(同サイトからは私も既に引用させて戴いている)『さんから教えていただいたことによれば、 賢治が見ていた岩頸は、盛岡の西南西の郊外の南昌山あたりではないか、という』とある。そこにリンクされてある需要研究所サイトイーハトーヴォの「南昌山も必見。南昌山は岩手県岩手郡雫石町と紫波郡矢巾町との境にある、標高八四八メートルの山で、岩の鐘(私が画像を見た限りでは口の広い鉢)を伏せたような均整のとれた形をしている。坂上田村麻呂の時代から霊山として崇敬され、賢治も何度も訪れていた(ここはウィキの「南昌山に拠った)。(頂上は岩手県紫波郡矢巾町煙山。グーグル・マップ・データ)。

「みんな時間のないころのゆめをみてゐるのだ」人類が生まれる以前の太古の造山運動の時代を想起し、自身の性的衝動をそこに昇華(フロイト的な意味で)しようとしている賢治がそこには、いる。

「そのとき雲の信號は/もう靑じろい禁慾の/春ぞら高く掲(かか)げられてゐた」「雲」個人ブログトポイポイねっと中路正恒 第二ブログの「≪宮沢賢治の雲≫ 芸術学コース 須田雅子の「(3)性的な雲」に、『押野武志は、性欲や性愛を煩悩とみなし、克服しようとする賢治が、「おれは、たまらなくなると野原へ飛び出すよ、雲にだって女性はゐるよ」と藤原嘉藤治に話したというエピソードを紹介している』とあるのは、この字下げ第二連の謎めいた謂いを読み解く、強力な鍵のように思われる。雲が性欲の象徴であるとすれば、「人」類「未生以前」の「太古」の意識の中では、「雲の信號」(肉体的性的衝動)「は」「もう靑じろい禁慾の」「春ぞら」遙か「高く」手の届かないところに「掲(かか)げられて」「ゐた」と賢治は謂うのではないか? その時は、あたかも地蔵菩薩像の股間のように、男根は渦を巻いて内部に貫入して封蔵されていたのだ、とでも言えそうな気が煩悩即菩提を嘯く私には、する、のである。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 陽ざしとかれくさ | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 風景 »