フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 おきなぐさ | トップページ | 1160000アクセス突破間近なれば »

2018/11/09

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 かはばた

 

      か は ば た

 

かはばたで鳥もゐないし

(われわれのしよふ燕麥(オート)の種子(たね)は)

風の中からせきばらひ

おきなぐさは伴奏をつゞけ

光のなかの二人の子

 

[やぶちゃん注:これを以ってパートとしての「春と修羅」は終わっている。大正一一(一九二二)年五月十七日の作。現存稿は底本原稿のみで(大きな異同を感じないので略す)、これ以前の発表誌等も存在しない。「手入れ本」は、菊池曉輝氏所蔵本が全行文字末(二行目は「種子は」の後)に「……」を附し、宮澤家本が、「おきなぐさは伴奏をつゞけ」を「どのおきなぐさもゆれつゞけ……」と改変している。

「かはばた」「川端」と採っておく。

「しよふ」は「背負ふ」であろうか。

「燕麥(オート)」単子葉植物綱イネ目イネ科カラスムギ属エンバク Avena sativa で、同属の野生種で私たちにお馴染みの、カラスムギ Avena fatua の栽培種である。明治のごく初期に日本に移入され、東北や北海道で盛んに栽培された。粗挽き或いは圧扁した「オートミール」oatmealで知られる他、味噌やウィスキーの原料、及び肥料に用いられた。……亡き祖母がよく作ってくれたオートミール……美味しくなかったけど、今は懐かしい……。

「風の中からせきばらひ」「われわれのしよふ燕麥(オート)の種子(たね)は」の係助詞「は」は、この主格をも示すように読め、だとすれば、燕麦の乾いた種子の籾等を吸い込んで咳払いをするのは「風」とも読める。孰れにせよ、実在の「われわれ」ではあるまい。

「おきなぐさは伴奏をつゞけ」「おきなぐさ」は「おさ」で既出既注であるが、「伴奏をつゞけ」はよく判らない。次の不詳の「光のなかの二人の子」(あるネット記載では後の「小岩井農場」で「わたくしの遠いともだちよ」と賢治が呼びかける「ユリア」と「ペムペル」のような存在とあるのを見かけた)が天使のような存在の幻視とすれば(これも前の続きで、実際の子どものようには私にも読めない)、彼らが奏でる天界の楽の音(ね)を「おきなぐさ」が先取り、奏でているというのであろうか?]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 おきなぐさ | トップページ | 1160000アクセス突破間近なれば »