フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」ヴァーチャル正規表現版始動 / 序 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 くらかけの雪 »

2018/11/05

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 屈折率

 

 
 
 
     春 と 修 羅 



      屈 折 率

 

七つ森のこつちのひとつが

水の中よりもつと明るく

そしてたいへん巨きいのに

わたくしはでこぼこ凍つたみちをふみ

このでこぼこの雪をふみ

向ふの縮れた亞鉛(あえん)の雲へ

陰氣な郵便脚夫(きやくふ)のやうに

  (またアラツディン、洋燈(ラムプ)とり)

急がなけばならないのか

 

[やぶちゃん注:「アラツディン」の「ィ」の促音表記はママ。現存稿はなく、これ以前の発表誌等も存在しない。右ページにピッタリで組まれていて清しい。しかし、「手入れ本」の一種では、一旦、八行目「  (またアラツディン、洋燈(ラムプ)とり)」総てを縦線で抹消した上、全体に斜線をつけている。この詩が詠まれたのは、その目次の創作年月日クレジットによれば(この条件も以後は略す)、大正一一(一九二二)年一月六日である。因みに、賢治は大正一〇(一九二一)年十二月三日に稗貫郡立農学校教諭となっているから、本篇(推敲を神経症的に行う賢治の癖を考えると、これはプロトタイプというのが恐らく正しいが、以降はこの注はいれない)の執筆は教諭着任から丁度、一ヶ月後のこととなる。

「七つ森」岩手県岩手郡雫石町の岩手山南麓に広がる里山の森。賢治の幻想の「イーハトーブ」世界の一部に比定されている(現在、国名勝指定)。「生森(おおもり)」・「石倉森」・「鉢森」・「三角(みかど)森」・「見立森(みてのもり)」・「勘十郎森」・「稗糠(ひえぬか)森」の七つの独立した丘陵を名数として数える。(グーグル・マップ・データ)。

「アラツディン」不詳。諸家の諸推理は結論に至っていない。「洋燈(ラムプ)」から、かの「アラジンと魔法のランプ」の主人公のことかとするもの、宮澤賢治自身の異界的な異人としての称とするもの等、それらの解釈を読むのは相応に面白い。確かに「岩手」をアナグラムして「イーハトーブ」を生成現出させた(岩手の歴史的仮名遣「いはて」を捩った」とする説は定説化している。但し、本人はその名について何も語っておらず、異論もある)ように、アラジン=アラー・アッディーンのそれというのも、何となく腑には落ちる。

「急がなけばならないのか」違和感はないが、削除をしていない別な「手入れ本」の一本では、この最終行を、

 急がなければならないのですか

と「れ」を挿入し、しかも敬体に直している。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」ヴァーチャル正規表現版始動 / 序 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 くらかけの雪 »