フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 報告 | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 加豆古宇鳥(かつこうどり) (カッコウ?) »

2018/11/19

和漢三才圖會第四十三 林禽類 蟲喰鳥(むしくひどり) (ムシクイ類)

 

Musikuhi

 

むしくひとり

蟲喰鳥

 

△按虫喰鳥狀似杜鵑而頭背灰黑色胸腹黃赤色翅羽

 尾皆灰黑色而有柹色斑口中黃而無聲掌指與杜鵑

 同蓋清少納言曰鶯至夏秋之末老聲鳴時名之蟲喰

 非也非鶯之老者少似鶯而多似杜鵑

 

 

むしくひどり

蟲喰鳥

 

△按ずるに、虫喰鳥は、狀〔(かたち)〕、杜鵑〔(ほととぎす)〕に似て、頭・背、灰黑色。胸・腹、黃赤色。翅-羽〔(はね)〕・尾、皆、灰黑色にして、柹色の斑〔(ふ)〕有り。口中、黃にして、聲、無し。掌〔(てのひら)〕の指は杜鵑と同じ。蓋し、清少納言が曰はく、『鶯、夏秋の末に至りて、老〔いたる〕聲〔にて〕鳴く時、名之れを「蟲喰」と名づく云々』〔とせるも〕、此の、非なり。鶯の老する者に非ず。少し、鶯に似れども、多く〔は〕杜鵑に似る。

[やぶちゃん注:旧世界ムシクイ類は、嘗ては、スズメ目スズメ亜目スズメ小目ウグイス科 Sylviidae に分類され、四百種前後が属したが、多系統であることが判明してからは、多くの科に分割された(ここはウィキの「ムシクイ類」の記載。リンク先にはその細かに分れた種が掲げられてある)。一方、小学館「日本大百科全書」では、より狭義なそれを叙述しており、『スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科のメボソムシクイ属』(ウィキの分類表ではメボソムシクイ科メボソムシクイ属 Phylloscopus とする)・『ズグロムシクイ属』(ウィキの分類表ではダルマエナガ科ズグロムシクイ属 Sylvia とする)・『ハシナガムシクイ属』(ウィキの分類表ではハシナガムシクイ科ハシナガムシクイ属 Macrosphenus とする)『に含まれる約』四十『種の鳥の総称』とし、『ユーラシアに繁殖分布し、いずれも全長十数センチメートル、樹上性である。木の枝を移りながら、体を水平にしたままの姿勢で昆虫を採食する。伸び上がったり、わずかに飛び上がったりして、葉の裏の昆虫をとることも多いが、シジュウカラ科』(Paridae)『の鳥のように枝に逆さまにぶら下がることはない。メボソムシクイ属Phylloscopusには』十五『種あり、各種とも背面はオリーブ褐色で森林にすみ、互いによく似ているが、鳴き声と生息環境は種ごとに異なっている。日本では』六『種が記録されており』

メボソムシクイ Phylloscopus borealis

エゾムシクイ Phylloscopus borealoides

センダイムシクイ Phylloscopus coronatus

イイジマムシクイ Phylloscopus ijimae

『が繁殖し、まれな旅鳥であるほかの』二種、

キマユムシクイ Phylloscopus inornatus(旅鳥として主に日本海側の島嶼部や南西諸島で少数が観察されている。春の渡りの方が、やや記録が多い。南西諸島ではごく一部の個体が越冬している)

カラフトムシクイ Phylloscopus proregulus(稀れな旅鳥として主に日本海側の島嶼部で秋の渡り時に記録されている)

『同様、中国南部、インドシナ半島などで越冬する』とある。しかし、個人サイト「馬見丘陵公園の野鳥」の「センダイムシクイ(スズメ目ムシクイ科)仙台虫喰」のページを見ると、「センダイムシクイ」・「エゾムシクイ」・「メボソムシクイ」の他に

オオムシクイ Phylloscopus skopos

の画像と識別法が挙げられており、サイトの「オオムシクイ」のページには、『日本では、旅鳥として渡りの時期には日本各地を通過するほか、北海道では繁殖の可能性がある。春秋の渡り期には各地の平地でも見られる』とあるから、これも含めねばならない。同サイトの「イイジマムシクイ」はこちらで、「キマユムシクイ」はこちらでそれぞれの画像と解説が読める。カラフトムシクイはウィキがある。しかし、これらを縦覧するに、良安の謂いとは反対、私には寧ろ遙かに鶯(スズメ目ウグイス科 Cettiidae ウグイス属ウグイス Horornis diphone)に似て見え、大きさからも、とても杜鵑(カッコウ目カッコウ科カッコウ属ホトトギス Cuculus poliocephalus)に似ているとは感じられない。さすれば、良安の名指している「虫喰い」はこれらとは全然別種である可能性が出てくるように思われる。鳥類が守備範囲でない私にはこれが精一杯である。

「聲、無し」無論、誤りサイトサントリーの愛鳥活動でセンダイムシクイの囀りが聴ける。

「清少納言が曰はく、『鶯、夏秋の末に至りて、老〔いたる〕聲〔にて〕鳴く時、名之れを「蟲喰」と名づく云々』」所謂、「鳥尽くし」の「鶯」の中に出る(下線部)。ここで一気に電子化しておく。

   *

 鶯は、詩(ふみ)などにもめでたきものにつくり、聲よりはじめて、樣(さま)、かたちも、さばかりあてにうつくしきほどよりは、九重(ここのへ)のうちに鳴かぬぞ、いとわろき。人の「さなむある」と言ひしを、さしもあらじと思ひしに、十年ばかりさぶらひて、聞きしに、まことに、さらに音(ね)せざりき。さるは、竹ちかき紅梅も、いとよくかよひぬべきたよりなりかし。まかでてきけば、あやしき家の見所(みどころ)もなき梅の木などには、かしがましきまでぞ鳴く。夜鳴かぬも寢(い)ぎたなき心地すれども[やぶちゃん注:お寝坊さんという感じがするけれど。]、今はいかがせむ。夏、秋の末まで、老い聲(ごゑ)に鳴きて、「蟲喰ひ」など、ようもあらぬ者は、名をつけかへて言ふぞ、くちをしく、くすしき心地する[やぶちゃん注:そんな風に呼ぶのは、何ともはや、お洒落じゃないわ。]。それもただ、雀などのやうに常にある鳥ならば、さもおぼゆまじ。春鳴くゆゑこそはあらめ。「年たちかへる」[やぶちゃん注:「拾遺和歌集」の「巻第一 春」の素性法師の「延喜御時、月次御屛風に」の前書を持つ歌「あらたまの年立ち歸る朝(あした)より待たるるものは鶯の聲」(五番)を指す。]など、をかしきことに、歌にも詩(ふみ)にも作るなるは。なほ、春のうちならましかば、いかにをかしからまし。人をも、人げなう、世のおぼえ、あなづらはしうなりそめにたるをば[やぶちゃん注:人間でも、落魄(おちぶ)れて、世間からも、見下されるようになってしまった人のことを。]、そしりやはする[やぶちゃん注:反語。]。鳶・烏などのうへは、見入れきき入れなどする人、世になしかし。されば、いみじかるべきものとなりたれば、とおもふに、心ゆかぬ心地するなり[やぶちゃん注:晩年の惨めさがどうにも納得できない気がするの。]。祭のかへさ見るとて、雲林院(うりんゐん)・知足院などの前に車を立てたれば、郭公(ほととぎす)もしのばぬにやあらむ、鳴くに、いとようまねび似せて、木高(こだか)き木どもの中に、諸聲(もろこゑ)になきたるこそ、さすがにをかしけれ。

   *

当時、老いさらばえたウグイスの無惨な鳴き声を出すのを、下々の者がえげつなく「蟲喰ひ」と呼んでいたというのは事実であろうから、清少納言の記載は民俗社会的に貴重なのであるが(以上が「ムシクヒ」という鳥の名が文献に出る嚆矢と考えられている)、一方で、「ムシクイ」は別種を指す語だというここでも良安の批判も、これはこれで博物学的に正しいということになる。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 報告 | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 加豆古宇鳥(かつこうどり) (カッコウ?) »