フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 休息 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 かはばた »

2018/11/09

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 おきなぐさ

 

      お き な ぐ さ

 

風はそらを吹き

そのなごりは草をふく

おきなぐさ冠毛(くわんもう)の質直(しつぢき)

松とくるみは宙に立ち

  (どこのくるみの木にも

   いまみな金(きん)のあかごがぶらさがる)

ああ黑のしやつぽのかなしさ

おきなぐさのはなをのせれば

幾きれうかぶ光酸(くわうさん)の雲

 

[やぶちゃん注:実は底本では「金(きん)の」の「きん」のルビは「金」にではなく、その下の平仮名「の」に振られてしまっている。「正誤表」にはないが、誰が見ても判る完璧な誤植であり、これは再現すると、とんでもないことになるので、当初に決めた自身の原則に敢えて逆らって特異的に訂した。大正一一(一九二二)年五月十七日の作。現存稿は底本原稿のみで(大きな異同を感じないので略す)、これ以前の発表誌等も存在しない。

「おきなぐさ」私の好きな、キンポウゲ目キンポウゲ科オキナグサ(翁草)属オキナグサ Pulsatilla cernua。葉や花茎など、概ね、全草が白い長い毛で覆われる。花期は四~五月で、暗赤紫色の花を花茎の先端に一つだけつけ、萼片(我々がオキナグサの花と思っているものが蕚である)の外側も白い毛で覆われる。開花後も種子が付いた白い綿毛が目立つ。和名は白く長い綿毛がある果実の集まった姿を、老人の白頭に喩えたもの。別名でネコグサとも呼ぶ。童話「おきなぐさ」の冒頭で賢治は(筑摩版全集から引くが、漢字を恣意的に正字化した。促音は底本のまま採った。空欄はママ)、

   *

 うずのしゅげを知ってゐますか。

 うずのしゅげは 植物學ではおきなぐさと呼ばれますがおきなぐさといふ名は何だかあのやさしい若い花をあらはさないやうにおもひます。

 そんならうずのしゅげとは何のことかと云はれても私にはわかったやうな亦わからないやうな氣がします。

 それはたとへば私どもの方でねこやなぎの花芽をべむべろと云ひますがそのべむべろが何のことかわかったやうなわからないやうな氣がするのと全くおなじです。とにかくべむべろといふ語のひびきの中にあの柳の花芽の銀びらうどのこゝろもち、なめらかな春のはじめの光の工合が實にはっきり出てゐるやうに、うずのしゅげといふときはあの毛莨科[やぶちゃん注:「きんぽうげか」。キンポウゲ(金鳳花)科 Ranunculaceae の別な漢字表記。]のおきなぐさの黑朱子[やぶちゃん注:「くろしゆす(くろしゅす)」。「黒繻子」とも書く。濃黒色に染めた綿サテンの生地。しなやかな風合いと美しい光沢が特徴。]の花びら、靑じろいやはり銀びろうどの刻みのある葉、それから六月のつやつや光る冠毛がみなはっきりと眼にうかびます。

 まっ赤なアネモネの花の從兄、きみかげそうやかたくりの花のともだち、このうずのしゅげの花をきらいなものはありません。

 ごらんなさい。この花は黑朱子ででもこしらえた變り型のコップのやうに見えますが、その黑いのはたとへば葡萄酒が黑く見えると同じです。[やぶちゃん注:以下は、後で示す引用に続く。]

   *

と記している。

「質直(しつぢき)」通常は「しつちよく(しちょく)」の読みが普通。地味で真面目なこと。「質朴」に同じい。

「金(きん)のあかご」胡桃の実の換喩。

「黑のしやつぽ」オキナグサの花は、開花の初め頃は俯いて咲き、暗赤紫色のそれは、黒ずんで見えるので、それを指しているように思われる。

「おきなぐさのはなをのせれば」これは賢治がオキナグサの花を摘んで瞼に乗せ、寝転がっているのではあるまいか? 童話「おきなぐさ」では先に続けて賢治は(同前)、

   *

この花の下を終始往ったり來たりする蟻に私はたづねます。

「おまえはうずのしゅげはすきかい、きらひかい。」

 蟻は活撥に答へます。

「大すきです。誰だってあの人をきらひなものはありません。」

「けれどもあの花はまっ黑だよ。」

「いいえ、黑く見えるときもそれはあります。けれどもまるで燃えあがってまっ赤な時もあります。」

「はてな、お前たちの眼にはそんな工合に見えるのかい。」

「いいえ、お日さまの光の降る時なら誰にだってまっ赤に見えるだらうと思ひます。」

「さうさう。もうわかったよ。お前たちはいつでも花をすかして見るのだから。」

「そしてあの葉や莖だって立派でせう。やわらかな銀の糸が植えてあるようでせう。私たちの仲間では誰かゞ病氣にかかったときはあの糸をほんのすこうし貰って來てしずかにからだをさすってやります。」

「さうかい。それで、結局お前たちはうずのしゅげは大すきなんだらう。」

「さうです。」

「よろしい。さよなら。氣をつけておいで。」

   *

とある。賢治が花を摘むのは不適切不謹慎と言われるのであれば、ここで賢治は蟻になってオキナグサの花を通して陽を仰いでいる、とすればよかろうかい。Azaleaブログ宮沢賢治と「アザリア」の友たちの「おきなぐさ作品に関することでそのように撮影されたオキナグサの素敵な画像を見ることが出来る。必見!

「幾きれ」「幾巾」。幾片もの。

「光酸(くわうさん)」科学用語に「光酸発生」という語が存在する。サンアプロ㈱研究所高嶋祐作光酸発生剤PDF)によれば、『光酸発生剤は、光を照射されることにより酸を発生する化合物である。発生する酸は、主に二つの用途で用いられる。一つは光硬化性樹脂のカチオン重合を開始させる光カチオン重合開始剤である。光硬化性樹脂は、飲料缶用塗料、コーティング剤、3Dプリンターなどに用いられる三次元光造形用樹脂、光

硬化型接着剤、半導体や液晶用のネガ型レジストなどで実用化されている。もう一つは、半導体のフォトリソグラフィー』『に用いられる化学増幅型レジストである。ここでは、酸はアルカリ不溶性のレジストを可溶性に変える反応の触媒となる』とある(私は理解して引用しているのではない。そうした現象や薬物が存在することを示すために半可通で引用している。悪しからず)。また、小林ブログ宮澤賢治、風の世界風―1922年5月 (2)オキナグサに、

   《引用開始》

『標準化学用語辞典』(丸善 1991)によると〈光酸化〉は「光の吸収によって起こる酸化反応の総称。光を吸収した物質の酸化から光励起種が酸性物質を活性化して起こす酸化までを含む」とあり、他の辞典で光による退色等も含むとあります。賢治が何を意図して〈光酸〉という語を使ったかは不明ですが、雲が太陽光によって、化学変化を起こしたような色彩に変化していることだと思います。

   《引用終了》

とある。肯んじられる解釈である。なお、小林氏はこの前の部分で、先の「黑いしやつぽのかなしさ」を問題にされ、これを実際に、当時、賢治が被っていた帽子と採って、以下のように考察されておられる。

   《引用開始》

 ここで大きな疑問は〈黒のしやつぽ〉がなぜ〈かなし〉いのか、〈黒のしやつぽ〉とは何かです。5月14日の日付の詩「休息」に〈帽子をとつてなげつければ黒のきのこしやつぽ〉があり、時間的、位置的にも近いので、同じ帽子と見て良いと思います。これは、風景にそぐわない帽子―すなわち自分という繋がりでしょうか。

 賢治は終生帽子を愛用していたようです。よく知られているのは、ベートーヴェンを真似たという写真で着用している、ボーラーハット―山高帽―で盛装用です。これは黒色ですが〈きのこしやつぽ〉とは言えない気がします。2000年7月24日岩手日報記事によると、父政次郎氏が賢治に買い与えたものらしいという茶色のフェルト帽が見つかりましたが、これも山高帽型です。

 佐藤隆房『宮沢賢治素顔のわが友』(冨山房)に出て来る帽子は、麦わら帽子、鉋屑帽子、黒い帽子、パナマの帽子などでした。(ちなみに鉋屑帽子(かんながらぼうし)は鉋屑で編みあげた帽子で、1924年農学校の生徒たちと土質調査に行った時に着用していたとされます。現在も存在するもので、ヒノキなどで編めば心地よい香りに包まれそうです。)

 1922年当時、あるいは賢治は身だしなみを意識して黒いお洒落な帽子を着用して野原を歩き、この帽子の違和感を持ち始めたのかもしれません。〈かなしさ〉という言葉は、賢治のそんな心の動きを表現しようとしたものでしょうか。

 空の底に横たわった賢治は、その帽子とオキナグサを一つの絵として捉えて後、そのまま眼を空に向けます。ここでも手元の〈黒のしやつぽ〉から上方の〈雲〉への視線の変化があります。

   《引用終了》

とあり、確かに「休息」に続く詩篇としては、実際の帽子という読みは自然であり、同じく解釈として共感出来るものがある。但し、そうすると、この一行だけが、賢治自身の実映像と心象風景ということになり、やや詩篇全体からは浮いた(という表現が悪ければ、特異点としての)カット挿入とは、なる。いや、寧ろ、小林氏の賢治の実動作の実映像に私のオキナグサを透かして陽を見る夢想を重ねれば、それはそれでしっくりくるものと私にはなるように思われる。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 休息 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 かはばた »