フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 毎夜の訪れ | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 有明 »

2018/11/08

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 春光呪咀

 

        春 光 呪 咀

 

いつたいそいつはなんのざまだ

どういふことかわかってゐるか

髮がくろくてながく

しんとくちをつぐむ

ただそれつきりのことだ

  春は草穗に呆(ぼう)け

  うつくしさは消えるぞ

    (ここは蒼ぐろくてがらんとしたもんだ)

頰がうすあかく瞳の茶いろ

ただそれつきりのことだ

       (おおこのにがさ靑さつめたさ)

 

[やぶちゃん注:標題の「咀」はママ詩篇の内容からは「呪詛」であろうと思われるが、「手入れ本」の書き換え(宮澤家本が「春日呪咀」と書き換える)でも「咀」のままであり、現存する本書用原稿(「心象スケツチ 春と修羅」の通し原稿。第三葉から第四葉。本篇もこれ以前の発表誌等は存在しない)でも「咀」のままである。即ち、これは誤植ではないのである。牽強付会すると、「咀」や「咀嚼」には、「詩文などをよく読んでその意味を深く味わう」の意はあるものの、それで解釈するのにはおよそ無理がある。筑摩版全集も現行、校訂本文を強制補正して「春光呪詛」とする。私もそれが正しいと思う。さすれば、「詛」を「咀」とするのは宮澤賢治自身の思い込みの誤認なのか? にしても、「手入れ本」には他者が関わっており、それを指摘する者はいなかったものか? そうしたちょっとしたことも、言い難い雰囲気が賢治にはあったのかも知れない(それは何となく想像は出来る)。しかしやはり、多くの作家が「椽」を「緣」とする誤認慣用とはわけが違い、甚だ不審を覚える誤字ではある。大正一一(一九二二)年四月十日の作。

 ともかくも「春と修羅」には「春日呪詛」や「春光呪詛」は如何にも有効にして嵌まりまくったアイテムではある。

 が、「いつたいそいつはなんのざまだ」「どういふことかわかってゐるか」と呪詛する相手、この呪詛の中に見え隠れする女、「髪がくろくてながく」「しん」「と」「くちをつぐむ」「ただそれつきりの」女、「頰がうすあかく」て「瞳の茶いろ」い女は誰か?……それは無論、「草穗に呆(ぼう)け」「うつくしさは」季節が移りゆけば「消える」もので、「ただそれつきりのこと」になるもんだ、消え果るもん「だ」、だから結局は「ここ」の実在「は蒼ぐろくてがらんとしたも」のでしかない「んだ」、「おお」! 何というここの本質の「この」! 「にがさ」! 「靑つめたさ」だろう! と「呪」詛する対象は「春」の女神であろう……あろうが……しかし……それは同時に……宿痾にとり憑かれ、死地へと順調に向かって行かざるを得ない運命を背負った――賢治だけの美神――ミューズ――妹トシへの――のっぴきならない――切羽詰まった呪詛の乱暴さを纏った、哀訴だったのではあるまいか? 但し、諸家の中には、前の並びの「戀と病熱」から「春と修羅」から本篇への流れに、当時、賢治に好きな女性ができて、その人物に激しく恋をしていたのだと推定する向きもある。それも、まあ、よかろう。

 以下、先の原稿を示す(促音表記は筑摩書房全集校異のママ)。

   *

 

 春光呪〔→咀〕[やぶちゃん注:書き換えた字も「咀」。]

 

いったいそいつはなんのざまだ

どういふことかわかってゐるか

髮がくろくてながく

しんとくちをつぐむ

ただそれっきりのことだ

  春は草穗に呆(ぼう)け

  うつくしさは消えるぞ

     (ここは蒼ぐろくてがらんとしたもんだ)[やぶちゃん注:完成品より下げが一字分多い。]

頰がうすあかく瞳の茶いろ

ただそれっきりのことだ

   (おおこのにがさ靑さつめたさ)[やぶちゃん注:最初、五字下げで書いたものを、後から、三字下げに改めている。]

 

   *

宮澤家「手入れ本」は七行目に激しい変更の後があるが、最終形を示す(変更過程は後で示す)。

   *

 

        春 日 呪 咀

 

いつたいそいつはなんのざまだ

どういふことかわかつてゐるか

髮がくろくてながく

しんとくちをつぐむ

ただそれつきりのことだ

  春は草穗に呆(ぼう)け

  あてごとはみんな消えるぞ[やぶちゃん注:傍線はママ。筑摩版の修正箇所指示は傍点「・」であるから、これは「手入れ本」自身の「あてごと」に傍線を引いてあると判断する。]

    (ここらはいったい蒼くくろくて

     ひどくがらんとしたもんだ)[やぶちゃん注:二行化している。]

頰がうすあかく瞳の茶いろ

ただそれつきりのことだ

       (このにがさ靑さつめたさ

        このにがさ靑さつめたさ)[やぶちゃん注:リフレインで二行化。]

 

   *

以上の変更過程は以下。

・標題は「光」を消して一旦、右に「日」と記すも、それを削除、再び左に「日」と書く。

・「髪がくろくてながく」は最終形では変更はないが、一度、「髪がくろくてぐん」と書き(「ん」は全集編者推定)「ん」を削除し、「ぐなり」と挿入するも、それを結局、削除している。

・「(ここらはいったい蒼くくろくて)」は最初、丸括弧内の「ここは」を「いったいここは」と書き換え、それを「こ〔こ〕[やぶちゃん注:「こ」を挿入。]らはいったい」としてある。

 藤原嘉藤治所蔵本(二種を無視して、基本的な手入れ決定版とされるもののみを示す)では、

   *

 

        春 日 呪 咀

 

いつたいそいつはなんのざまだ

どういふことかわかつてゐるか

髪がくろくてながく

しんとくちをつぐむ

ただそれつきりのことだ

  春は草穗に呆(ぼう)け

  あてごとはみんな消えるぞ

    (ほんたうはここらは蒼ぐろくてがらんとしたもんだ)

頰がうすあかく瞳の茶いろ

ただそれつきりのことだ

       (このにがさ靑さつめたさ

        このにがさ靑さつめたさ)

   *

である。これらの「手入れ」に出る「あてごと」は恐らく「當て事」で、「頼り・頼みにしていること・当てにしていること」の意と思われる。]

« 毎夜の訪れ | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 有明 »