フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 日雀(ひがら) (ヒガラ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 鶸(ひわどり) (カワラヒワ・マヒワ) »

2018/12/22

和漢三才圖會第四十三 林禽類 額鳥(ぬかどり) (ベニヒワ?)

 

Nikadori

 

ぬかとり  名義未詳

額鳥

      【俗云奴加止利】

 

按額鳥狀似鶸而小灰白色帶青其聲清圓多囀

照額鳥 形色相似鮮明而頂有小紫點

 

 

ぬかどり  名義は未だ詳らかならず。

額鳥

      【俗に云ふ、「奴加止利」。】

 

按ずるに、額鳥、狀、鶸(ひわ[やぶちゃん注:ママ。歴史的仮名遣は「ひは」。])に似て小さく、灰白色、青を帶ぶ。其の聲、清圓にして、多〔いに〕囀る。

照額鳥(てり〔ぬかどり〕) 形・色、相ひ似て鮮-明(あざやか)にして頂きに小〔さき〕紫〔の〕點有り。

[やぶちゃん注:多くの記載は「額鳥」ヲ「紅鶸」の古称とする(最も信頼が於けるのは、徹底的に文献を渉猟した個人ブログ情報言語学研究室「ぬか【糠鳥】」である。しかし、そこでもヒワドリに帰結している)。しかし、スズメ目スズメ亜目アトリ科ヒワ属ベニヒワ Carduelis flammea とはだぞ(ウィキの「ベニヒワ」の画像。)?! この子の緋色や紅色を「灰白色」で「青を帶ぶ」とか、「頂きに小〔さき〕紫〔の〕點有り」何て言うはずないやろ!(なお、「拾芥抄」の中に『三月 桐始華 田鼠(ウグロモチ)化爲ㇾ(ウヅラ・ヌカドリ)』という叙述を認めたが、「鶉」は如何にも「糠鳥」(米糠のような色模様だ!)で腑に落ちるが、この額鳥とは別物であることは言うまでもない)――さても――一応、ウィキの「ベニヒワを引いておくと、『夏季に北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で繁殖する。日本には本州中部以北に越冬のため』、『飛来(冬鳥)するが、飛来数の変動が大きい』。全長十三・五~十四センチメートル。『尾羽には切れこみが入る。背面は灰褐色、腹面は白い羽毛で覆われるが』、『体側面は灰褐色みを帯びる。背面や体側面、尾羽基部の腹面(下尾筒)には細い黒や褐色の縦縞が入る。額には赤い斑紋が入る。眼先や嘴基部の腹面(腮)は黒い。尾羽は黒褐色。中雨覆や大雨覆の先端が白く、翼を広げると』、二『本の白い筋状(翼帯)に見える』。『オスの成鳥は胸部の羽毛が赤く染まり、額の赤い斑紋が大型なのが和名の由来。メスや幼鳥は褐色みを帯び(幼鳥はより顕著)、胸部が白い』。『寒帯や亜寒帯にある森林や草原、亜高山帯針葉樹林などに生息する』。『食性は雑食で、果実、種子、昆虫類、節足動物などを食べる』とある。気になるのは、飛来域が本州中部以北であることである。寺島良安は大坂城の御城入医師で、そこで法橋となり、人物である。彼は出羽能代(現在の秋田県)の出身とも大坂出身ともされるが、ともかくも大坂での在住が長い人物であることは間違いない。そもそもが本「和漢三才図会」(木版印刷)の版元も大坂の大坂杏林堂である。或いは良安は紅鶸(ベニヒワ)を見たことがなく、名前も当時の「額鳥」ばかりしか知らなかったとして、あやふやな記憶しかない人物や、知ったかぶりをする者の話を聴き書きして無批判に誤ったことを書いたと考えることも出来るかも知れない。因みに、「鶸(ひわ)」はスズメ目スズメ亜目スズメ小目スズメ上科アトリ科ヒワ亜科 Carduelinae のヒワ類(ヒワという種はいない)の総称で、次の独立項で「鶸鳥」が出る。

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 日雀(ひがら) (ヒガラ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 鶸(ひわどり) (カワラヒワ・マヒワ) »