フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 鶸(ひわどり) (カワラヒワ・マヒワ) | トップページ | 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 四四~四九 猿の怪 »

2018/12/23

和漢三才圖會第四十三 林禽類 惠奈加鳥(ゑながどり) (エナガ)

 

Enagadori

 

ゑながどり  正字未詳

惠奈加鳥

 

△按惠奈加鳥大如鷦鷯全體似四十雀而背淡赤雜色

 不鮮明眼後背上翮端羽上有黑紋其尾半白半黑頭

 圓小於常鳥其聲清亮而似喘毎鳴如曰豆伊豆伊蓋

 此四十雀屬乎性怕寒難育

 

 

ゑながどり  正字は未だ詳かならず。

惠奈加鳥

 

△按ずるに、惠奈加鳥、大いさ、鷦鷯〔(みそさざい)〕のごとし。全體〔は〕四十雀に似て、背、淡赤〔の〕雜色〔にして〕鮮-明(あざや)かならず。眼の後・背の上・翮〔(はがひ)〕の端〔の〕羽の上、黑〔き〕紋有り。其の尾、半白半黑〔なり〕。頭、常の鳥より圓〔く〕小〔さし〕。其の聲、清亮にして、〔蟲の〕喘(すだ)くに似、毎〔(つね)〕に鳴〔くに〕「豆伊豆伊」と曰ふがごとし。蓋し、此れ、四十雀の屬か。性、寒を怕〔(おそ)〕れ、育て難し。

[やぶちゃん注:掲げた画像は、底本の東洋文庫版のものを、九十度右回転させてある。私の底本原本も頭が完全に下を向いた状態なのだが、どうもおかしいのだ。本種はそんな、逆さまになって木の枝に止まることを特徴となどしていないからである。私が校合に使っている国立国会図書館デジタルコレクション(中外出版社刊。インターネット公開(保護期間満了))の画像の当該頁を見たら、やっぱり思った通り、上記のように組まれているので、特異的にそれに従った。「柄長」で、スズメ目エナガ科エナガ属エナガ Aegithalos caudatus で、本邦には以下の四亜種が棲息する。

コウライシマエナガ Aegithalos caudatus caudatus(ヨーロッパ北部と東部からシベリアにかけてと、韓国、日本の北海道に分布する。稀に本州北部で観察されることがある。頭部全体が白く、幼鳥には他の亜種の成鳥のように過眼線(淡い眉斑)があり、成鳥には黒い過眼線がない。Aegithalos caudatus japonicus はシノニム。北海道とサハリンなどに分布するものを亜種シマエナガ(Aegithalos caudatus japonicus)とする場合もある)

エナガ Aegithalos caudatus trivirgatus(本州に分布し、稀に北海道南部でも観察されることがある)

キュウシュウエナガ Aegithalos caudatus kiusiuensis (四国と九州に分布する。亜種エナガとの形態の相違は殆んどない)

チョウセンエナガ Aegithalos caudatus magnus(韓国中部と南部及び対馬・隠岐諸島・佐渡島に分布する。前種と同じく亜種エナガとの形態の相違は殆んどない)

ウィキの「エナガ」より引く。『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する』。『日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する』。体長は標準が約十四センチメートルで、翼開長は約十六センチメートル、体重は五・五~九・五グラム。『体長には長い尾羽を含むので、尾羽を含めない身体はスズメ(体重約』二十四グラム『)と比べるとずいぶん小さい』(同ウィキの写真)。『黒いくちばしは小さく』、『首が短く』、『丸い体に長い尾羽がついた小鳥である』。『目の上の眉斑が』、『そのまま背中まで太く黒い模様になっており、翼と尾も黒い。肩のあたりと尾の下はうすい褐色で、額と胸から腹にかけて白い。雌雄同形同色で外観上の区別はできない』。『学名は、長い尾をもつカラ類を意味する』。『和名は極端に長い尾(全長』十四センチメートル『に対して尾の長さが』七~八センチメートル『)を柄の長い柄杓に例えたこと由来し』、『江戸時代には「柄長柄杓(えながひしゃく)」、「柄柄杓(えびしゃく)」、「尾長柄杓(おながひしゃく)」、「柄長鳥(えながどり)」などとも呼ばれていた』。『おもに平地から山地にかけての林に生息するが』、『木の多い公園や街路樹の上などでもみることができる。山地上部にいた個体が越冬のため』、『低地の里山に降りてくることがある』。繁殖期は群れの中につがいで小さな縄張りを持つ』。『非繁殖期も小さな群れをつくるが、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、メジロ、コゲラなどの違う種の小鳥と混群することも多い』。『エナガはその混群の先導を行う』。『また、非繁殖期には』、『ねぐらとなる木の枝に並列し、小さなからだを寄せ合って集団で眠る習性がある』。『街中の街路樹がねぐらとなることもあり、ねぐらとなった街路樹は夕方にはたくさんのエナガの鳴き声でザワザワと騒がしくなり』、『木の下にはフンがたくさん落とされることになる。地鳴きで仲間を確認しながら、群れで雑木林の中を動き回る』。『木の枝先などで小さな昆虫類、幼虫、クモを食べ、特にアブラムシを好みホバリングしながら捕食することもある』。『また、草の種子、木の実なども食べ』、『樹皮から染み出る樹液を吸うこともある』。三『月ごろから繁殖期に入りつがいとなって、樹木の枝や幹のまたに、苔をクモの糸で丸くまとめた袋状の精巧な巣を作る』。『このため』、『巧婦鳥(たくみどり)と呼ばれることもあった』。一『腹』七~十二『個の卵を産む』。四『月には雛が見られることがある』。『産座には大量の羽毛が敷きつめられる』。『抱卵期間は』十二~十四『日で、日中は雌のみが抱卵し』、『夜は雄も抱卵を行う』。『雛は』十四~十七『日で巣立ちする。つがい以外の繁殖に失敗した雄が育雛に参加することもあり』、『シジュウカラの育雛にも参加する例が確認されている』。『雛が無事に育つ確率は低く、原因は悪天候やカラス、イタチ、ヘビに巣の卵や雛が捕食されることなどが主な原因である』。『さえずりは、「チーチー」、「ツリリ」、「ジュリリ」』。『地鳴きは「チュリリ」、「ジュリリ」』。『猛禽類のハイタカ、ツミ、モズなどにより捕食されることがあり、これらの外敵を察知すると』、『警戒発声を行う』とある。You Tube Furuse氏の「エナガの鳴き声。 "Aegithalos caudatus"をリンクさせておく。ほんと、彼らは可愛い。

「鷦鷯〔(みそさざい)〕」これはスズメ目ミソサザイ科ミソサザイ属ミソサザイ Troglodytes troglodytes原禽類 巧婦鳥(みそさざい)(ミソサザイ)参照。

「〔蟲の〕喘(すだ)く」東洋文庫版訳を参考に「蟲の」を挿入した。日本野鳥の会公式サイト内エナガ」がそれらしいものに聴こえる。]

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 鶸(ひわどり) (カワラヒワ・マヒワ) | トップページ | 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 四四~四九 猿の怪 »