フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 イーハトブの氷霧 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 目次 ~「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 附全注釈~完遂 »

2018/12/13

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 冬と銀河ステーシヨン

 

         冬と銀河ステーシヨン

 

そらにはちりのやうに小鳥がとび

かげらふや靑いギリシヤ文字は

せはしく野はらの雪に燃えます

パツセン大街道のひのきからは

凍つたしづくが燦々(さんさん)と降り

銀河ステーシヨンの遠方シグナルも

けさはまつ赤(か)に澱んでゐます

川はどんどん氷(ザエ)を流してゐるのに

みんなは生(なま)ゴムの長靴をはき

狐や犬の毛皮を着て

陶器の露店をひやかしたり

ぶらさがつた章魚(たこ)を品さだめしたりする

あのにぎやかな土澤の冬の市日(いちび)です

(はんの木とまばゆい雲のアルコホル

 あすこにやどりぎの黃金のゴールが

 さめざめとしてひかつてもいい)

あゝ Josef Pasternack の 指揮する

この冬の銀河輕便鐡道は

幾重のあえかな氷をくぐり

(でんしんばしらの赤い碍子と松の森)

にせものの金のメタルをぶらさげて

茶いろの瞳をりんと張り

つめたく靑らむ天椀の下

うららかな雪の臺地を急ぐもの

(窓のガラスの氷の羊齒は

 だんだん白い湯氣にかはる)

パツセン大街道のひのきから

しづくは燃えていちめんに降り

はねあがる靑い枝や

紅玉やトパースまたいろいろのスペクトルや

もうまるで市塲のやうな盛んな取引です

 

[やぶちゃん注:大正一二(一九二三)年十二月十日の作。本詩篇は本書以前の発表誌等は存在しない。「手入れ本」は藤原嘉藤治所蔵現存本が標題を「イーハトヴオの氷霧」とするのみ。本篇は本書刊行後、昭和二(一九四五)年二月発行の『銅鑼』第十号に殆ど同形で再録されている。

 本書用原稿は上縁部の欠損によって字句に欠落があって完全でないので、全体の比較校異は不能であるが、活字化可能な箇所に特に目立った問題はなく(「靑い枝」が「小枝」、「トパース」(「ス」はママ。原稿も「ス」)の後に原稿では読点が打たれているが、それがないのが有意な違いではある)、以下で問題にした標題も原稿は「冬と銀河ステーシヨン」である。

 標題「冬と銀河ステーシヨン」は「目次」では「冬と銀河鐡道」となっている。

 最初に種明かしをしてしまうと、本篇には一箇所だけ、実在する地名が出る。それが「土澤」で、これは旧岩手県和賀郡土沢町(つちざわまち)、現在の花巻市東和町(とうわちょう)土沢・東和町安俵(あひょう)・東和町北成島(きたなるしま)・東和町東晴山(ひがしはるやま)に当たる(東和町はここ(グーグル・マップ・データ))。当時の旧岩手軽便鉄道(現在のJR東日本釜石線)花巻駅から四つ目に土沢駅があり、現在の東和町の中央に位置する。江戸時代から釜石街道の宿場町として栄え、街道に沿って集落があり、南端をかの佐々木喜善原作の「遠野物語」(私は本書を柳田國男の著と認めない人間である)に河童の棲む川として登場する猿ケ石川(さるがいしがわ)が流れる。好きな「遠野物語」なれば、引用しておく。底本には国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(明治四三(一九一〇)年刊)の画像を使用した。

   *

五五 川には河童(カツパ)多く住めり。猿ケ石川殊に多し。松崎村の川端(カハバタ)の家(ウチ)にて、二代まで續けて川童の子を孕ハラ)みたる者あり。生れし子は斬(キ)り刻(キザ)みて一升樽(イツチヤウダル)に入れ、土中に埋(ウヅ)めたり。其形(カタチ)極めて醜怪なるものなりき。女の聟の里は新張(ニヒバリ)村の何某とて、これも川端の家なり。その主人人(ヒト)に其始終(シヾウ)を語れり。かの家の者一同ある日畠に行きて夕方に歸らんとするに、女川の汀(ミギワ)に踞(ウヅクマ)りてにこにこと笑ひてあり。次の日は晝(ヒル)の休[やぶちゃん注:「やすみ」。]に亦此事あり。斯くすること日を重ねたりしに、次第に其女の所へ村の何某といふ者夜々(ヨルヨル)通(カヨ)ふと云ふ噂(ウワサ)立ちたり。始には聟が濱の方へ駄賃附(ダチンヅケ)に行きたる留守をのみ窺ひたりしが、後には聟(ムコ)と寢(ネ)たる夜(ヨル)さへ來るやうになれり。河童なるべしといふ評判段々高くなりたれば、一族の者集まりて之を守れども何の甲斐も無く、聟の母も行きて娘の側(カタハラ)に寢たりしに、深夜にその娘の笑ふ聲を聞きて、さては來てありと知りながら身動きもかなはず、人々如何にともすべきやうなかりき。其産は極めて難産なりしが、或者のいふには、馬槽(ウマフネ)に水をたゝへ其中にて産まば安く産まるべしとのことにて、之を試みたれば果して其通りなりき。その子は手に水搔(ミヅカキ)あり。此娘の母も亦曾て河童の子を産みしことありと云ふ。二代や三代の因緣には非ずと言ふ者もあり。此家も如法の豪家にて○○○○○と云ふ士族なり。村會議員をしたることもあり。

   *

 また、和田博文氏の「風呂で読む宮澤賢治」(一九九五年世界思想社刊)によれば、土沢では当時、冬の市が開かれており、その「冬の市日(いちび)」は二月七日であったとある(クレジットとは合わないから、或いはここでは以前に見たその市日の様子を援用しているのかも知れない)。これらが幻想のイーハトブの国の町のモデル景観となっている。

「かげらふ」「陽炎」。

「靑いギリシヤ文字」古代ギリシア人がフェニキア文字を借用して作った文字。紀元前 一〇〇〇年頃にできあがったものとみられており、初めは東ギリシア文字(イオニア文字)と西ギリシア文字(カルキディア文字)とで多少の差があったが、紀元前四世紀にイオニア文字に統一された。イオニアのアルファベットは二十四の文字から成る。ギリシア文字がフェニキア文字と異なる大きな特徴は、母音を表わす文字があることである。現在は現代ギリシア語を書くのに用いられている(「ブリタニカ国際大百科事典」に拠った)。二十四字は以下。「大文字・小文字・英語表記・日本語の読み」の順で示す。A・α・alpha・アルファ」/「B・β・beta・ベータ」/「Γ・γ・gamma・ガンマ」/「Δ・δ・delta・デルタ」/「Eϵ或いはε・epsilon・イプシロン」/「Z・ζ・zeta・ゼータ」/「H・η・eta・イータ」/「Θ・θ或いはϑtheta・シータ」/「I・ι・iota・イオタ」/「K・κ・kappa・カッパ」/「Λ・λ・lambda・ラムダ」/「M・μ・mu・ミュー」/「N・ν・nu・ニュー」/「Ξ・ξ・xi・クシー」/「Ooomicron・オミクロン」/「Π・π或いはϖpi・パイ」/「P・ρ或いはϱrho・ロー」/「Σ・σ或いはς・sigma・シグマ」/「T・τ・tau・タウ」/「Υ・υ・upsilon・ユプシロン」/「Φ・ϕ或いはφ・phi・ファイ」/「X・χ・chi・カイ」/「Ψ・ψ・psi・プサイ」/「Ω・ω・omega・オメガ」。先の「風呂で読む宮澤賢治」で和田氏は、『言葉の「川」を記したときに、それは現実』(猿ケ石川)『から飛翔する。別の川のイメージが紛れ込んで』いいし、『「ギリシヤ文字」を光りの動きと解釈するより、ギリシヤ文字』そのものが『燃えている幻想シーンを思い浮かべる方が、ずっと楽しい』と述べておられる。私もそれに極めて同感する。

「パツセン大街道」釜石街道をアナグラムした(どうアナグラムしたかは不明)幻想のイーハトブ国の街道。

「ひのき」「檜」。ヒノキ科ヒノキ属ヒノキ Chamaecyparis obtusa

「氷(ザエ)」ギトン氏のこちらによれば、『「ザエ」は方言で、川を流れる流氷のこと』を指すとある。

「生(なま)ゴムの長靴」、松井潤氏のブログ「HarutoShura」の本詩篇の解説(分割掲載の一つ)に、『天然ゴムの樹液中の成分を精製して凝固乾燥させた生ゴム。天然ゴム』百%『で裏地もないのにポッポッと温かい“ボッコ靴”など生ゴムの長靴は、昔から寒さの厳しい東北や北海道でマタギやりんごの剪定、営林業などの雪上作業用靴として重宝され』たとある。

「章魚(たこ)」頭足綱鞘形亜綱八腕形上目八腕(タコ)目 Octopoda の蛸(タコ)類。ぶら下げられているから、世界最大種のミズダコ(マダコ科ミズダコ属ミズダコ Enteroctopus dofleini)か、マダコ(マダコ科マダコ亜科マダコ属マダコ亜属マダコ Octopus vulgaris)であろう。当地方は内陸であり、比較的持ちのよい、半生の一個体まるまるのそれが持ち込まれて売られているのである。

「はんの木」榛(はん)の木」。「赤楊(はん)」で既出既注。「ブナ目カバノキ科ハンノキ属ハンノキ Alnus japonica

「まばゆい雲のアルコホル」「アルコホル」はアルコール(alcohol)であるが、英語のそれではなく、ドイツ語の「Alkohol」の音訳であろう。ここは液体のそれの輝きを雲の形容にしたやや変わったものである。

「やどりぎの黃金のゴール」「やどりぎ」は「寄生木・宿り木(やどりぎ)」で、半寄生性の他の樹木の枝の上に生育する灌木であるビャクダン目ビャクダン科ヤドリギ属ヤドリギ Viscum album で、生育が進むと、特異な団塊状の様態を示すことで知られる。さればどうもこの後の「ゴール」恐らく「gall」で、これは「癭瘤(えいりゅう)」で、昆虫・線虫・ダニ、或いは細菌や菌類が寄生したり、共生したりすることによって植物体の異常発育又は異常形態形成を起こした部分を指す語。虫瘤(むしこぶ)・虫癭(ちゅうえい)或いは根粒の類いを指すというのは、そのヤドリギの寄生樹体の塊りを指しているようである(ウィキの「ヤドリギ」の岩手県遠野市で撮影されたそれ)。通常は黄色みを帯びた緑色の葉であるが、本種は真冬でも枯れないので、この「黃金」とは、宿主の樹が枯れて、残った丸みを帯びたヤドリギが、冬日に光っているものとして腑に落ちる。

Josef Pasternack」ポーランド生まれのアメリカの指揮者ジョセフ・パスターナック(一八八一年~一九四〇年)。先の「風呂で読む宮澤賢治」で和田氏は、『賢治の「レコード交換用紙」』(恐らくは「羅須地人協会」の活動の一つであった「レコード交換会」の「レコード交換規定」の「交換用紙」に載る、賢治のレコード・コレクションの一部のデータのことであろう)『ではベートベン「第五交響曲」と、ワグナー「タンホイゼル序曲」の演奏者名に、パスターナックの名前が記されている』と述べておられる。ここはそれが、幻想世界の銀河鉄道の汽車の驀進するBGMとして聴こえてくるのである。You Tube Themfromspace氏の「Josef Pasternack conducts Beethoven Symphony 5, movement 4 (1917)で、まさに賢治が聴いたものと思われるベートベン「第五交響曲」が聴ける。この演奏、時代がかっており、楽器奏者のレベルも全体にレベルがやや低いが、これ、聴いていると、まさにサイレント映画の画面の中を進む幻しの「銀河輕便鐡道」の汽笛や車輪の音とともに見えてくるような感じがしてきて! うひゃあ!! 凄いゾ!!!

「銀河輕便鐡道」岩手軽便鉄道をモデルとしたイーハトブ国の鉄道ギトン氏のこちらによれば、実際の岩手軽便鉄道は『国鉄よりも狭軌道で、“トロッコに毛が生えた”ような列車だった』、『今にも脱線してしまいそうな田舎のおんぼろ機関車がガタピシ走ってる感じが、この詩の持ち味』であり、『あの童話の大作とは一味違う「銀河鉄道」が、ここにあ』るとされる。ともかくも。最後の最後になって、遂に「銀河鉄道の夜」に繋がるものがはっきりと出現するのであった。

「あえかな」美しくか弱げなさま。儚げな感じ。

「にせものの金のメタルをぶらさげて」/「茶いろの瞳をりんと張り」松井潤氏のブログ「HarutoShura」の本詩篇の解説(分割掲載の一つ)では、『銀河軽便鉄道の機関車の先頭車両についているナンバープレートを、「茶いろの瞳をりんと張り」は茶色っぽいその車体のフロント部分のことを言っているように思われ』るとされ、先の「風呂で読む宮澤賢治」で和田氏は、『機関車を擬人化したキャラクターといえば、トーマスを思い出す人が多いだろう。機関車の全面にまんまるの二つの目と、鼻・口・眉毛が描いてある。それに対して賢治が創作した銀河鉄道では、「にせものの金のメタルをぶらさげて」「茶いろの瞳をりんと張」るなかなかな姿、それが氷をくぐり、森を通り抜け、雪の大地を走っていく』とされる。そう、そしてレールは真っ青な天空へと延び、銀河を目指して翔るのである。

「天椀」賢治の好きな蒼穹の換喩。

「うららかな雪の臺地」雪に覆われた台地であるけれど、そこには麗らかな陽光が射している。これはもう、今までの修羅の血腥く玄(くろ)い台地・大地ではないのである。

「窓のガラスの氷の羊齒は」/「だんだん白い湯氣にかはる」汽車の窓硝子に凍りついて附着していた羊歯(しだ)の葉のような美しい模様を作って結晶していた氷が、車内の暖房のために(まさに内から温まってくる! こんな優しく美しい様子は「春と修羅」では特異点!)、その「氷の羊歯」が「白い湯気」へと昇華(!)される。ああっ! これはもう!! 私がタルコフスキイの中でも最も愛する作品「鏡」(ЗЕРКАЛО:一九七五年)のテーブルの上の消えてゆくティー・カップの曇りの痕のあれではないか!!!

「紅玉」「こうぎよく(こうぎょく)」。赤く透明な宝石のルビー(Ruby)のこと。

「トパース」黄玉(おうぎょく)。宝石のトパーズ(topaz)のこと(「銀河鉄道の夜」にも出る。因みに賢治は一貫して「トパース」と清音で読んでいたようだ)。石英(水晶)より少し硬い珪酸塩鉱物。フッ素やアルミニウムを含み、様々な色を呈するが、宝石としては淡褐色のものが上質とされる。

「またいろいろのスペクトル」先の「風呂で読む宮澤賢治」で和田氏は、『最後の五行』(しづくは燃えていちめんに降り」から)『は、色彩がとても印象に残る。スペクトルは、可視光線がプリズムで分光され、波長順に配列された、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫などの色の帯」。パツセン大街道のひのき」から降るしずくは、冬の自然のなかで、光のドラマを作り出している』とされる。まさにここでは賢治のかつてのような心の中の混迷・混乱・困惑・苦悩・苦渋といった諸々のものが、綺麗にスペクトル分光されているようではないか!

「もうまるで市塲のやうな盛んな取引です」松井潤氏のブログ「HarutoShura」の本詩篇の解説(分割掲載の最後)では、『詩の前半が「市場」の賑わいなどの人事が描かれていたのに対し、後半では「はねあがる青い枝」「紅玉」「トパース」「いろいろのスペクトル」と、自然の織りなすさまざまな造形や色彩が、「市場」に盛られた品々のように賑わいを見せて締めくくります』とある。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 イーハトブの氷霧 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 目次 ~「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 附全注釈~完遂 »