フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 額鳥(ぬかどり) (ベニヒワ?) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 惠奈加鳥(ゑながどり) (エナガ) »

2018/12/22

和漢三才圖會第四十三 林禽類 鶸(ひわどり) (カワラヒワ・マヒワ)

 

Hiwadoru

 

ひわとり  正字未詳

      【俗云比和止利】

[やぶちゃん注:「ひわ」はママ。歴史的仮名遣は「ひは」。]

 

按鶸狀小於雀全體黃色帶青頭背頸翅交黑羽尾黒

 腹黃白觜灰白脚黑其聲清滑能囀如曰比由牟知由

 牟知由牟肉味苦不可食

                  西行

  山家聲せずと色こくなると思はまし柳のめはむ鶸のむら鳥

河原鶸 狀似鶸而稍大頭背灰白眼後微黑背有黑斑

 翅蒼黑而交黃腹白聲亦同鶸山中水畔有之故名之

 肉【徵甘不苦】

 

 

ひわとり  正字は未だ詳らかならず。

      【俗に云ふ、「比和止利」。】

 

按ずるに、鶸、狀、雀より小にして、全體、黃色に青を帶びたり。頭・背・頸・翅、黑を交〔づ〕。羽・尾、黒く、腹、黃白。觜、灰白。脚、黑。其の聲、清滑〔にして〕能く囀り、「比由牟知由牟知由牟(ひゆんちゆ〔んちゆん〕)」と曰ふがごとし。肉味、苦くして食ふべからず。

                  西行

  「山家」

    聲せずと色こくなると思はまし

 

       柳のめはむ鶸のむら鳥

河原鶸(かはらひは[やぶちゃん注:「は」はママ。] 狀、鶸に似て、稍〔(やや)〕大きく、頭・背、灰白。眼の後、微黑。背に黑斑有り。翅、蒼黑にして黃を交づ。腹、白。聲も亦、鶸に同じ。山中〔の〕水畔〔に〕、之れ、有り。故に之れに名づく。肉【徵甘、苦からず。】。

[やぶちゃん注:スズメ目スズメ亜目スズメ小目スズメ上科アトリ科ヒワ亜科 Carduelinae のヒワ類(ヒワという種はいない)の総称。本邦で単に「鶸」と言った場合は、

本条の後の「河原鶸」=ヒワ亜科カワラヒワ属カワラヒワ亜種カワラヒワ(或いは亜種コカワラヒワ)Carduelis sinica minorほぼ日本全土で留鳥として見られるが、北部の個体群は冬場は暖地へ移動する)

同じカワラヒワ亜種のオオカワラヒワ Carduelis sinica kawarahiba(全体に体色が薄く、頭部から肩にかけて灰色がかるのが特徴。本邦ではでは主に冬鳥として観察される)

同亜種オガサワラカワラヒワ Carduelis sinica kittlitzi(小笠原諸島にのみ留鳥として分布)

カワラヒワ属マヒワ Carduelis spinus(本州中部以北に棲息)

(あと、問題カワラヒワ属ベニヒワ Carduelis flammeaとコベニヒワ Carduelis hornemanni の二種が棲息するが、ここには先に問題にした点と、特異的な赤色斑点からm本項の本文に即すと、挙げねばならない必然性をさらに感じない)が挙げられる。まず、ウィキの「カワラヒワを引く。体長は約十四センチメートル、翼開長は約二十四センチメートルで、『スズメと同大だが』、『やや小さい。全体的に黄褐色で、太い嘴と、翼(初列風切と次列風切)に混じる黄色が特徴的である』。『東アジア(中国、モンゴル、ロシア東南部、朝鮮半島、日本)に分布する』。『地鳴きは「キリリ、コロロ」等と聞こえ、メジロの「チリチリ」という鳴き声にも似ているが、本種のほうが声量があり』、『太い鳴き声なので識別できる。さえずりは「チョンチョンジューイン」等と聞こえる』。『「ジューイン」の部分はセンダイムシクイ』(スズメ亜目メボソムシクイ科メボソムシクイ属センダイムシクイPhylloscopus coronatus)『の囀りの一部とよく似ている。しかしながら、囀りの全体を比較すれば識別は容易である』。『低山から低地にかけての森林に広く生息する。近年は、都市部の市街地の公園や川原などでも観察される。繁殖期には低山から平地にかけての針葉樹林などで番いで生活し』、『小さな縄張りを持つが、秋季以降は数十羽から数百羽の群れを形成することがある。秋に雄は樹上で集団で求愛ディスプレイを行う』。『主に植物食で、植物の種子を食べることが多い。人為環境下ではヒマワリなどの種子を特に好み、大きな種子を太い嘴でついばむ様子が観察される』。『樹木の枝などの茂みの中に、枯れ枝や細根等々を使って椀状の巣を造る。一腹卵数は』五『卵前後。都市部の市街地で繁殖する個体は、巣材としてビニール紐などを利用する。抱卵日数は』十一~十三『日、育雛日数は』十四『日程度である』とある。You Tube Furuseカワラヒワの鳴き声をリンクさせておく。次にウィキの「マヒワを引く。『夏季にヨーロッパ北部やアルプス山脈、中華人民共和国北東部やウスリーで繁殖し、冬季はアフリカ大陸北部やヨーロッパ、中華人民共和国東部、日本、朝鮮半島で越冬する。日本では冬季に越冬のため』に『飛来(冬鳥)し、北海道や本州中部以北で繁殖(留鳥)する』。全長十二~十二・五『センチメートル。尾羽は黒い。翼は黒く、羽縁は黄色。嘴は細く、色彩は薄いオレンジ色』。『オスの成鳥は喉と額から後頭が黒い羽毛で覆われる。顔や胸部、腰は黄色い羽毛で覆われる。後頸から背中は黄緑色、腹部は白い羽毛で覆われ黒褐色の縦縞が入る。メスの成鳥は上面が緑褐色の羽毛で覆われ、黒褐色の縦縞が入る』。『平地から山地にかけての針葉樹林、林縁などに生息する。繁殖期以外は群れで生活する』。『食性は植物食で、果実(ダケカンバ、ハンノキなど)、種子、芽などを食べる』。『樹上に木の枝を組み合わせたお椀状の巣を作り』、一『回に』五~七『個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は』十一~十四『日。雛は孵化してから』十三~十五『日で巣立つ』とある。You Tube 野鳥動画図鑑 - Wild Bird Japan氏の「マヒワ(3)さえずり - Eurasian siskin - Wild Bird - 野鳥 動画図鑑をリンクさせておく。

 

「西行」「山家」「聲せずと色こくなると思はまし柳のめはむ鶸のむら鳥」岩波の旧古典文学大系本「山家集 金槐和歌集」の一三九九番には、

   *

    小鳥どもの歌詠みける中に

 聲せずば色濃くなるとおもはまし柳の芽(め)食(は)むひわのむら鳥(どり)

   *

実はご覧の通り、西行も「ひわ」と仮名遣を誤っている。「聲せずば」は板本は「こゑせずと」でこれは「声をたてなくても」の意で、そちらの方が一首の意味(啄んでいる柳の芽の色に染まって羽の色が濃くなってきたから目立つことよと感じられるのだろうか)はよく通ずる。]

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 額鳥(ぬかどり) (ベニヒワ?) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 惠奈加鳥(ゑながどり) (エナガ) »