フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 頭鳥(かしらどり) (カシラダカ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 鵐(しとど) (ホオジロの類かとも思われるも同定不能) »

2018/12/21

和漢三才圖會第四十三 林禽類 仙遊鳥(せんゆうどり) (センニュウ)

 

Senyuudori

 

せんゆうとり 正字未詳

仙遊鳥

 

△按仙遊鳥狀小似眼白鳥形色似雲雀觜黑色其尾能

 開合擴則如孔雀尾人畜之弄翫其聲不應形高亮似

 鸎喞喞聲性畏寒不易育

 

 

せんゆうどり 正字は未だ詳らかならず。

仙遊鳥

 

△按ずるに、仙遊鳥、狀、小さく、眼白鳥〔(めじろ)〕に似る。形・色〔は〕雲雀〔(ひばり)〕に似る。觜、黑色。其の尾、能く開合す。擴(ひろげ)るときは、則ち、孔雀の尾のごとし。人、之れを畜ひて、弄翫す。其の聲、形に應ぜず、高亮なり。鸎の「喞喞(きよつきよつ)」の聲と似〔たり〕。性、寒を畏れ、育て易すからず。

[やぶちゃん注:スズメ目スズメ亜目スズメ小目ウグイス上科センニュウ科 Locustellidae(ヒタキ科ウグイス亜科 Sylviinae ともする)のセンニュウ属Locustella(ロクステラ:ラテン語で「Locusta(バッタ)に似たもの」)の仲間。センニュウは「仙入」と漢字表記するが、語源は不明で、英語では対応する語がなく、スズメ亜目ヨシキリ科ヨシキリ属オオヨシキリ Acrocephalus arundinaceusやスズメ目セッカ科セッカ属 Cisticola・スズメ目ウグイス上科ウグイス科ウグイス属 Horornisなどとともに「warbler」とよばれる。センニュウ属Locustellaの仲間はユーラシアにのみ分布し、七種が知られているほか、一九七二年に樺太(サハリン)で採集された標本によって新種として記載されたが、エゾセンニュウ Locustella fasciolata との異同がはっきりしないものがある。孰れも褐色の地味な姿をしており、全長約十二~十八センチメートルで、藪か草原に棲み、草や低木の枝を伝いながら、昆虫を啄み、南へ渡って越冬する。囀りは、それぞれの種によって特徴があり、姿は似ていても、鳴き声によって識別することは難しくない。日本には、夏鳥として、先に示したエゾセンニュウの他、

シマセンニュウ Locustella ochotensis

マキノセンニュウLocustella lanceolata

が棲息し、稀に、

シベリアセンニュウ Locustella certhiola

も観察されている。ヨーロッパの種群は湿地や川べりの鳥として、人々に親しまれている。巣は、草むらかやぶの地上近くにつくるものが殆んどである(ここは主文を小学館「日本大百科全書」に拠った)。毎度、お世話になるサイト「馬見丘陵公園の野鳥」の「マキノセンニュウスズメ目センニュウ科牧野仙入によれば、『日本では、主に夏鳥として北海道北部や東部の平地の草原、潅木のある湿地、牧草地などに渡来し、繁殖する。草薮の中を歩き回っていて、人が近づくと足元から飛び立ち、短距離を飛んで草中に入る。本州以南では旅鳥として出現するが』、『記録は少ない』とあり、声は地鳴きが『チュッ、チュッ』、「囀り」は『朝夕や夜間、少し高い草の茎やフキの葉の上で「チリリリリ・・・・・・・・」と方向性のない音質の声で虫のように鳴く』とあり、『江戸時代中期にセンニュウ類として「センニウ」の名が記されていて、「センユウトリ」「センカ」の異名が知られている』とされ、名の『センニュウ』『は「仙遊鳥センユウドリ」から変化したものであろうが、鳥名の由来は不明』とある。You Tube 野鳥動画図鑑 - Wild Bird Japanの「マキノセンニュウ(4)さえずり(小刻みに鳴く)をリンクさせておく。]

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 頭鳥(かしらどり) (カシラダカ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 鵐(しとど) (ホオジロの類かとも思われるも同定不能) »