フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 樺太鐵道 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 噴火灣(ノクターン) »

2018/12/05

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 鈴谷平原

 

        鈴 谷 平 原

 

蜂が一ぴき飛んで行く

琥珀細工の春の器械

蒼い眼をしたすがるです

   (私のとこへあらはれたその蜂は

    ちゃんと抛物線の圖式にしたがひ

    さびしい未知へとんでいつた)

チモシイの穗が靑くたのしくゆれてゐる

それはたのしくゆれてゐるといつたところで

莊嚴ミサや雲環(うんくわん)とおなじやうに

うれひや悲しみに對立するものではない

だから新らしい蜂がまた一疋飛んできて

ぼくのまはりをとびめぐり

また茨や灌木にひつかかれた

わたしのすあしを刺すのです

こんなにうるんで秋の雲のとぶ日

鈴谷平原の荒さんだ山際の燒け跡に

わたくしはこんなにたのしくすわつてゐる

ほんたうにそれらの燒けたとゞまつが

まつすぐに天に立つて加奈太式に風にゆれ

また夢よりもたかくのびた白樺が

靑ぞらにわづかの新葉をつけ

三稜玻璃にもまれ

   (うしろの方はまつ靑ですよ

    クリスマスツクーに使ひたいやうな

    あをいまつ靑いとどまつが

    いつぱいに生えてゐるのです)

いちめんのやなぎらんの群落が

光ともやの紫いろの花をつけ

遠くから近くからけむつてゐる

   (さはしぎも啼いてゐる

    たしかさはしぎの發動機だ)

こんやはもう標本をいつぱいもつて

わたくしは宗谷海峽をわたる

だから風の音が汽車のやうだ

流れるものは二條の茶

蛇ではなくて一ぴきの栗鼠

いぶかしさうにこつちをみる

  (こんどは風が

   みんなのがやがやしたはなし聲にきこえ

   うしろの遠い山の下からは

   好摩の冬の靑ぞらから落ちてきたやうな

   すきとほつた大きなせきばらひがする

   これはサガレンの古くからの誰かだ)

 

[やぶちゃん注:大正一二(一九二三)年八月七日の作。本詩篇は本書以前の発表誌等は存在しない。「正誤表」には含まれず、「手入れ本」は総て手入れはない。

・「こんなにうるんで秋の雲のとぶ日」「うるんで」は原稿では「うるんだ」。「正誤表」になく、「手入れ本」に何もないので、誤植ではなく、最終校正でかく変えたものらしい。「で」とすると、ここにブレイクが入って、説明的な表現から救われるのである。

・「三稜玻璃にもまれ」原稿は「〔風の〕三稜玻璃の風にもまれること」[やぶちゃん注:〔 〕は挿入。以下、同じ。]で最終形は「風の三稜玻璃にもまれ」となるが、最終校正で頭の「風の」をカットしたものらしい。

・「クリスマスツクーに使ひたいやうな」「クリスマスツクー」はママ。無論、「クリスマスツリー」の誤植。しかし「正誤表」にはない。ここらで一言言っておくと、確かに、誤植が膨大過ぎたが、しかし、時間がなかった訳ではないので(本書の印刷は三月二十五日で発行は四月二十日冒頭に掲げた検印附奥附画像はこちら)を参照)こうしたレベルのこの正誤表の杜撰さは極めて不審である。賢治自身が誤植の多さに諦めを感じていることが逆に判るとも言える。

・「いちめんのやなぎらんの群落が」原稿は「ここにもやなぎら〔ん〕の群落が」である。これによって、私が今まで推定で言っていた最終校正での手入れが、事実、行われていたことがはっきりと判る

「鈴谷平原」前の「樺太鐵道」で注した鈴谷(すずや)山脈の西側(以下、当時の地名で示す)、南樺太の西南端である能登呂半島を北へ走る樺太山脈との間の沖積平野で、貫入した亜庭湾の湾奧部。中央を鈴谷川が流れ、その中央附近に当時の南樺太の心臓部であった旧樺太庁豊原支庁豊原(現在のロシア連邦極東連邦管区サハリン州州都ユジノサハリンスク(Южно-Сахалинск)があった。豊原の東北の鬼門を鈴谷山脈の主峰鈴谷岳(標高千四十五メートル。本邦の旧樺太地図の一枚では千二十一メートルとする。鈴谷川の源流はこの山麓。現在は一八九〇年に樺太島を訪れた文豪アントン・チェーホフに因んで「チェーホフ山(пик Чехова)」と称している。賢治が知ったら、「ホウ!」と叫ぶこと請け合いだ)が押さえ、原野は切り開かれて、札幌市と同様の、駅を中心とした「碁盤の目」状の市街地が形成され、市内には運動場を併設した豊原公園や競馬場・樺太神社(官幣大社。明治四四(一九一一)年創建。古い写真を見る限りでは敷地面積は相当広かったようである。悲惨な現況が「ロケットニュース24」の「【日本の遺構】サハリン(樺太)にある「樺太神社跡」がゴミだらけで日本人として悲しくなった」で見られる)があった。松井潤氏のブログ「HarutoShura」の本詩篇の解説(分割の一部)によれば、『ところどころにシラカバの林が広がって』おり、『賢治はここで、植物の採集をしたようで』あるとあるから(これは全集年譜にも推測として出る)、本篇の「こんやはもう標本をいつぱいもつて」の謂いが腑に落ちる。確かに、気候から植生が異なるので植物標本(農学校への手土産だ)が主体であったろう。

「すがる」ジガバチ(似我蜂)の名と、「ファーブル昆虫記」の「狩り蜂」としてもよく知られる、膜翅(ハチ)目細腰(ハチ)亜目アナバチ科ジガバチ亜科ジガバチ族 Ammophilini のジガバチ類の総古称。ジガバチ科 Sphecidae の類は前胸背板後縁は肩板に届かないのでミツバチ上科 Apoideaに近いが,体毛は羽毛状にはならない。属する種の殆んどが「狩り蜂」で、種も多く、形態の分化も激しい。本邦産の代表種で狭義のジガバチはジガバチ属基亜種ヤマジガバチ Ammophila sabulosa infesta とするが、平地に産するものは別亜種サトジガバチ Ammophila sabulosa nipponicaとして区別され、ここはその孰れかと考えてよいと思われる(Ammophila sabulosaはユーラシア大陸に広く分布し、本邦では全土に普通に棲息する)。Ammophila sabulosa の体長は♀で二十三ミリメートル、♂は十九ミリメートルとやや小型で、体は全体には黒いが、第一及び第二腹背節がやや金属的な美しい赤色(♂はここに一本の黒い縦条があるので弁別が容易である)、第三節以下は藍色を帯び、まさに賢治が「琥珀細工の春の器械」と表現したのは私でも快哉する。腹部の基部は細長い腹柄となっていて、全体は合体した飛翔用の精密機器かサイボーグのようでもあり、一方ではまた、そのボディ・ラインが逆に人間のスマートな女性のウェストをさえ感じさせるものである。翅は飴色を成し、僅かに曇っている程度に透明である。ヨトウガ・シャクガなどの各種鱗翅類の幼虫の神経節を永久麻酔させて狩り、地中を掘って作った室に卵を産みつけて生きながらの餌として密封する。虫嫌いの私の数少ない好きな蜂である。グーグル画像検索「Ammophila sabulosaをリンクさせておく。かなり佶屈聱牙であるが、私の「和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蠮螉」(主にジガバチに比定)も参照されたい。

「ちゃんと抛物線の圖式にしたがひ」/「さびしい未知へとんでいつた」正規の抛物線は無限遠(「未知」)に延伸する。この蜂の飛翔と消え去り方は、トシの化身のようにも感ぜられる。

「チモシイ」Timothy。アメリカ英語で Timothy-grass。単子葉植物綱イネ目イネ科アワガエリ(大粟還り)属オオアワガエリ Phleum pratense「オホーツク挽歌」で既出既注。

「莊嚴ミサ」ミサの名称の一つである「ミサ・ソレムニス」(Missa solemnis:盛儀ミサ)。典礼文を唱えて行われる「読唱ミサ(missa lecta)」や、歌唱によって行われる「歌ミサ(missa cantata)」に対し、主司式司祭と助祭・副助祭による読唱ミサに、合唱による歌ミサを伴うものを指す。音楽用語としては「荘厳(そうごん)ミサ曲」と訳されることも多いが、「日本カトリック教会」では、現在は「荘厳ミサ」の呼称を廃し、「盛儀ミサ」を正式名としている。音楽作品としては、晩年のベートーヴェンの大曲「ミサ・ソレムニス ニ長調 作品百二十三」(一八二三年完成)が知られる(ここはウィキの「ミサ・ソレムニスに拠った)。

「雲環(うんくわん)」以前に「栗鼠と色鉛筆」に出たこの語を、私は続く詩篇から、「ヘイロー」(halo)、太陽の「暈環」(かさ)とする説を否定し、山の頂上やその中・下部を山を取り巻くように掛かっている雲のこととした。しかし、ここは「莊嚴ミサ」と並列されているという点に着目すれば、ここは「ヘイロー」や太陽の「暈環」から連想される、聖なる頭上の光の環の冠の表象、仏菩薩の光背と採れるように思われる。

「うれひや悲しみに對立するものではないとおなじやうに」/「うれひや悲しみに對立するものではない」鈴谷平原に佇む賢治はしかし、美しい妖精のような「すがる」が「抛物線の圖式にしたがひ」「さびしい未知へとんでい」ってしまうのを見て、言いようのない寂しさ・哀しさを感じている。「チモシイの穗が靑くたのしくゆれてゐる」のを見ても、たとえば「それは」、「たのしくゆれてゐるといつたところで」、言葉通りに私の心が「たのしく」なるわけではないと言うのである。それは「莊嚴ミサ」の荘重なる敬虔さや「雲環」の持つ人智を超えた大慈大悲「とおなじやうに」「うれひや悲しみに對立するものではない」のだというのである。真のキリスト教の心からの重大な祈りや、如来や菩薩が生きとし生ける衆生総てを救わんことを請願するその誓いというもの――〈まことの信仰〉――というものは、憂いや悲しみと対立するものではなく、寧ろ――そうした感情対立を総て丸ごと引き受けた時にのみ信仰は成就する――と賢治は言いたいのであろう。

「新らしい蜂」この蜂はジガバチではない。直後に「わたしのすあしを刺すのです」とあるが、ジガバチは彼らの方から人を刺すことは決してないからである(私が特異的にジガバチが好きなのは彼らが刺さないからである)。即ち、この蜂は別種に攻撃性のある人を刺す蜂ということになる。但し、賢治の様子から見ると、これは蜂ではない感じがする。それは「ぼくのまはりをとびめぐり」/「また茨や灌木にひつかかれた」/「わたしのすあしを刺すのです」と言っているからである。攻撃性のアシナガバチやクロスズメバチなどは、巣に接近すると、警告のために飛来し、一定域に侵入して払ったりすれば、払った手や頭部や眉などの黒い部分或いはメガネなどの光を反射する部分に向かって針を立てる。ところが、ここでは茨(いばら:ノバラ・カラタチなど、棘(とげ)のある低木の総称。荊棘(けいきょく))や灌木(凡(おおよ)そ人間の背の高さより低い中ぐらいの木本類)で傷ついた賢治の素足を刺しているから、その血や体液の臭いに誘われていることが判り、だとすれば実は「蜂」ではなく、蚋(ぶよ)の類いであることが判る。ヌカカ(ユスリカ上科ヌカカ科 Ceratopogonidae)などであろう。ヌカカは♀が激しく吸血し、私は山や海でさんざん刺された。後から異様に痒くなり、傷の治りも悪いのを特徴とする。しかし、蚋は蜂とは明確に区別でき、賢治ともあろうものが、それを誤認することは考えられないから、ここは「蚋」を詩語として嫌って「蜂」にすり替えたのだと思う。

「燒け跡」「それらの燒けたとゞまつ」とあるから、山火事の跡であるようだ。

「とゞまつ」マツ科モミ属トドマツ Abies sachalinensis。既出既注。

「加奈太式」「カナダ式」。Canada式。カナダの北部の亜寒帯の針葉樹林のイメージであろうか。或いは、カナダ国旗にデザインされている、ムクロジ科カエデ属サトウカエデ Acer saccharum のイメージか。同種はウィキの「サトウカエデ」によれば、北アメリカ原産で高さは三十~四十メートルにもなり、『葉も日本の在来種のカエデと比べると、かなり大ぶりで、特徴ある形状を成』していて、針葉樹のそれよりも遙かに「風にゆれ」にマッチする。

「白樺」賢治の好きなブナ目カバノキ科カバノキ属シラカンバ日本産変種シラカンバ Betula platyphylla var. japonica

「三稜玻璃にもまれ」「三稜玻璃」を私は「さんりようはり」ではなく「プリズム」(prism)と読みたい。調べた限りでは、賢治は「三稜玻璃」に「プリズム」とルビしたケースを見出せないのだが。私は山村暮鳥の詩集「聖三稜玻璃」(大正四(一九一五)年十二月人魚詩社刊)を一般に通称されている「せいさんりょうはり」ではなく、「せい・ぷりずむ(プリズム)」と読むべきだと考えている。これは私の自分勝手な思いつきの謂いではない。私は山村暮鳥の全詩を電子化している(完遂)が、その「囈語 / 聖三稜玻璃始動 附室生犀星序」の冒頭注を参照されたい。さて。而して、賢治が暮鳥から強い影響を受けていることは明らかであり、そうした意味でも私はこれを断然、「プリズム」と読みたいし、科学者賢治にして、これはやはり「プリズム」であるべきだと思うのである。「三稜玻璃にもまれ」(に揉まれ)とは陽光が針葉樹の葉に散乱するのをプリズムによる分光に擬え、吹く風に揉まれるそれを光りにも応用させた表現である。

「やなぎらん」フトモモ(蒲桃)目アカバナ科ヤナギラン属ヤナギラン Epilobium angustifolium。既出既注。

「さはしぎ」「澤鷸」。分布と平地奥の樹林帯辺縁というロケーションから考えて、チドリ目シギ科タシギ属アオシギ Gallinago solitaria と同定する。「サワシギ」の異名はタマシギ(チドリ目タマシギ科タマシギ属タマシギ Rostratula benghalensis)のそれでもあるが、タマシギはインド・東南アジア・中国・アフリカ・オーストラリアに分布する温・熱帯種であり、日本でも本州中部以南に留鳥として棲息するから、相応しくない。個人の鳥サイト「九羽の白鳥」の「とりどり日記」の「2007/1/17 アオシギ」に『渓流や山間部の河川に見られる鳥なのだが、ときに里山の湿地に現れることがあるらしい。先日、私が出会ったアオシギも里山であった。日陰では、いくぶん青味がかって見えるが、褐色のシギである。長い嘴で採餌している姿は、なんとも不思議な光景だ。サワシギと呼ばれている地方もあるそうだが、なかなか風情のある呼び名なのではないだろうか』とあった。ウィキの「アオシギ」によれば、『シベリア東部および中部、サハリン、ヒマラヤ北部で繁殖し、北方で繁殖した個体はインドやパキスタン、中国南部などに渡り越冬する』。『日本では冬鳥として北海道から沖縄まで全国に渡来するが、数は多くない。特に、本州中部以南での記録は少ない』。全長は約三十センチメートル、翼開長は約五十五センチメートルで、『体の上面は褐色で他のジシギ類』(地鷸:チドリ目シギ科タシギ属 Gallinago 及びコシギ属 Lymnocryptes の総称)『と模様が似ているが、顔や体の下面の白色部分が薄い青灰色を帯びている(これが和名の由来である)。翼には白帯はない。頭央線や頬線は白っぽく、境界が不鮮明である。嘴は肉色で先端部は黒い』。『雌雄同色で、幼鳥も成鳥と似た体色をしている』。『山沿いの渓流沿いや林に囲まれた水田、山間部の湿地などに生息する。越冬地では単独でいることがほとんどだが、寒冷地では数羽集まって生息していることがある』。『食性は動物食で、水中に長い嘴を差し込んで』、『昆虫類などを採食する』。『森林内の地上や草地に植物を敷いて営巣し』、四~五『卵を産む』。『しばしば脚を伸縮させ、体を上下にゆする動作をする』。『鳴き声は「ジェッ」』とある。鳴き声の動画を探したが、彼はあまり鳴かないらしい。You Tube bombay320氏の「アオシギ」souther2008氏の「アオシギの餌取りダンス―2」の生体動画で我慢しよう。鳴き声が判らなかったではないが、いや、或いは「たしかさはしぎの發動機だ」の「發動機」というのは、実は声ではなく、この頭をあまり動かさずに身体を揺らすさま(後者の映像は小型の発動機船みたようではないか!)からの形容なのでは? と思ったりした。

「わたくしは宗谷海峽をわたる」/「だから風の音が汽車のやうだ」この接続詞「だから」は数時間後に「汽」船に乗っている自分を想像し、しかも前で「さはしぎ」から「發動機」を連想したことから、平原に立つ賢治の耳を掠めてゆく風のピューという音が「汽」車のようだ、というのであろう。

「流れるものは二條の茶」/「蛇ではなくて一ぴきの栗鼠」/「いぶかしさうにこつちをみる」この「栗鼠」は獣亜綱ネズミ目リス亜目リス科シマリス属シマリス亜種エゾシマリス Tamias sibiricus lineatus であろう。ウィキの「エゾシマリスによれば、『ユーラシア大陸北部に分布するシマリス(シベリアシマリス)Tamias sibiricusの亜種』で、サハリン・北海道・択捉島・国後島・利尻島・礼文島・天売島。焼尻島に分布するとある。頭胴長は十二~十五センチメートル、尾長は十一~十二センチメートルで、耳の長さは十四~十八センチメートル、体重は七十一~百十六グラム。『体毛は茶色で、背中には』五『本の黒い縞がある。縞の間はクリーム色になり、腹と耳の先は白くなる』(この所謂、「栗鼠」でイメージするのと同じ、背中の五本の黒い縞模様の間隙を一定の距離と向きから見た結果として「二條の茶」となったのである)。『海岸から高山帯までの森林に生息するが、開けた環境に多い。昼行性であり樹上でも生活するが、主に地上で活動する。樹木や植物の種子や昆虫、陸貝、小鳥の卵や雛を食べる。樹木の種子を、地面に埋めたり、冬眠巣に運び込んで貯蔵する。樹洞を巣にするが、地下にも落ち葉を運び込んで巣を作る。冬眠や繁殖は地下の巣で行う』。『春に冬眠から目覚めると、新たに別の穴を掘って地上に出てくる』。『繁殖期は春から夏であり、年に』一、二回、出産し、一回で三~七頭、平均で五頭の『仔を産む。寿命は』自然界で五~六年とある。画像は北海道ファンマガジン」の「エゾリスとエゾシマリスとエゾモモンガがよい。の可愛らしいリスの出現は、秘かにトシの霊との通信をする事をも目的として日本の北の涯「サガレン」(サハリン)にやって来た賢治に、最後の挨拶をするサガレンの自然の使者、いや、やはり、最初の「蜂」と同じく、トシの変じた姿のようにも思われる。

「(こんどは風が」/「みんなのがやがやしたはなし聲にきこえ」/「うしろの遠い山の下からは」/「好摩の冬の靑ぞらから落ちてきたやうな」/「すきとほつた大きなせきばらひがする」/「これはサガレンの古くからの誰かだ)」「好摩」は岩手県盛岡市好摩。(グーグル・マップ・データ)。今までの「心象スケツチ 春と修羅」のロケーションの中では、最も北に位置するようだが、明らかに賢治のフィールド・ワークの守備範囲内である。ギトンで、『「好摩」は、東北本線と花輪線の分岐点で、岩手山東麓、北上川沿いの平野にあります』。『ここは』『広々とした大空が仰がれる場所です』。『「好摩の冬の青ぞら」は、岩手山麓の広くて澄みきった空なのです』として画像おられる。にしても、このエンディングは異界的である。当初は、旅の終りにあって、トシの魂を捜す旅路の果てにあって、現実社会へと帰還しなければならない厭人癖のある彼が、それらの待っている、戻らねばならない現実の世間の人々の声や咳払いを幻聴していると読んだが、これは、どうも、そうではない。「これは」確かに「サガレンの古くからの誰か」の「聲」であり「せきばらひ」なの「だ」と截ち切るように終わるのである。これは――この北の涯「サガレン」の地に原初から〈いる〉自然の精霊たちの声――である。賢治はトシが確かに霊として存在し続けている確信をこの旅で得た。その結果として――聖痕(スティグマータ(ラテン語: stigmata))として――賢治もその力――在りと在る自然の精霊=生きとし生けるものと交信する能力を身につけたのではなかったか? 私は確かにそのようなものとしてこのコーダを捉えるのである。――アンドレイ・タルコフスキの「ノスタルジア」(Nostalghia)の最後、イタリアのトスカーナのサンガルガノの廃堂の中に、ロシアの田舎の家と死んだアンドレイ・ゴルチャコフと犬のゾイとロシアの湖があり、ロシアの雪が降り――そうして――ロシアの女たちの泣き声と懐かしい民謡の唄声が響くように――である…………

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 樺太鐵道 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 噴火灣(ノクターン) »