フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 二四~三〇 家・山中の異人 | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 文鳥(ぶんちやう) (ブンチョウ・キンパラ) »

2018/12/20

和漢三才圖會第四十三 林禽類 鸒(うそどり) (鷽・ウソ)

 

Usodoi

 

うそとり  正字未詳俗

      用鸒字鸒【音預】

      鴉烏之本名也

      【俗云宇曾止利】

 

△按鸒狀肥大於鶯頭眞黑兩頰至頸深紅觜短肥而黑

 背胸腹及翮灰青帶微赤羽尾黑其聲圓滑而短鳴時

 隨聲兩脚互擧如彈琴揺手故俚俗稱宇曾彈琴或以

 形麗聲艷曰宇曾姫雄呼晴雌呼雨

照鸒 乃宇曾鳥之雌也狀稍小頭背灰赤色眉白頰亦

 白頰下及頷深紅翅羽尾灰青色胸腹白其聲艷觜黑

 脚長好動揺其尾常鳴呼風雨

   照る鸒の胸はこかれて思へともいすかの嘴のあはぬ君かな

 

 

うそどり  正字、未だ詳らかならず。

      俗、「鸒」の字を用ふ。「鸒」

      【音、「預」。】。〔然れども本字は〕

      「鴉-烏(はしぶと)」の本名なり。

      【俗に「宇曾止利」と云ふ。】

 

△按ずるに、鸒、狀、鶯より肥大〔にして〕、頭、眞黑。兩頰〔より〕頸に至りて深紅。觜、短く肥えて黑し。背・胸・腹及び翮〔(はがひ)〕、灰青〔に〕微赤を帶ぶ。羽・尾、黑し。其の聲、圓滑にして短く、鳴く時、聲に隨ひて、兩脚を互に擧げて、琴を彈〔きて〕手を揺らすがごとし。故に俚俗、「宇曾、琴を彈ず」と稱す。或いは、形、麗しく、聲、艷を以て[やぶちゃん注:「以」には「ス」の送り仮名があるが、訓読不能なので、かく読んだ。]「宇曾姫〔うそひめ〕」と曰ふ。雄は晴れを呼び、雌は雨を呼ぶ〔とも云へり〕。

照鸒(てり〔うそ〕) 乃〔(すなは)〕ち宇曾鳥の雌なり。狀、稍〔(やや)〕小にして、頭・背、灰赤色。眉、白。頰も亦、白し。頰の下及び頷〔(あご)〕、深紅。翅-羽〔(はね)〕・尾、灰青色。胸・腹、白。其の聲、艷〔なり〕。觜、黑。脚、長く、好んで其の尾を動揺す。常に鳴きて風雨を呼ぶ。

   照る鸒の胸はこがれて思へどもいすかの嘴〔(はし)〕のあはぬ君かな

[やぶちゃん注:「鸒」は以下の本文の言う種としての「ウソ」を表わす「鷽」とは別字で、「鸒」((かんむり」部分が「與」)は中国ではハシブトガラス(スズメ目カラス科カラス属ハシブトガラスCorvus macrorhynchos「林禽類 大觜烏(はしぶと)(ハシブトガラス)」を参照)或いはミヤマガラス(カラス属ミヤマガラス Corvus frugilegus)を指す(既に述べた通り、この二種は現在でも誤って混同されることが多い。「和漢三才圖會第四十三 林禽類 山烏(やまがらす)(ミヤマガラス)を参照)。拡大して示す。

「鸒」「鷽」

なのである。

 則ち、これは漢字は良安の誤りで、「鸒」ではなく「鷽」が正しく、種としては、

スズメ目アトリ科ウソ属ウソPyrrhula pyrrhula

である。本邦では、

ウソ属ウソ亜種ウソPyrrhula pyrrhula griseiventrisの頬・喉は淡桃色を呈するが、にはこの特徴は発現しない(以下の二亜種も同じ)。千島列島と日本に分布)

の他、

亜種アカウソ Pyrrhula pyrrhula rosaceaは胸から腹にかけて淡い紅色。樺太に分布するが、冬鳥として九州以北に渡来する。北海道の利尻島等では小数が繁殖している可能性がある)

ベニバラウソPyrrhula pyrrhula cassiniiは胸から腹にかけて紅色。シベリア東部に分布するが、稀に冬鳥として本邦中部地方以北に飛来する)

の三種が見られるウィキの「ウソ」によれば、全長十五~十六センチメートル、翼開長約二十六センチメートル。体重二十一~三十四グラム。体はスズメよりやや大きく、頭の上と尾及び翼の大部分は黒色で、背中は灰青色を呈する。嘴は太くて短く、黒い。『繁殖期は山地の針葉樹林に生息し、非繁殖期には低地の林にも生息する。非繁殖期は』十『羽ほどの小規模の群れを形成する』。『春に木の実や芽(時にはサクラ』(特にソメイヨシノ)・ウメ・モモ『などの花や蕾などを食べ、繁殖期に昆虫のガの幼虫やクモなどを食べ』、『秋にはズミやナナカマドの果実などを食べる』。『繁殖期は』五~七『月で、縄張りをもち』、『つがいで生活する』。『針葉樹の枝の上に枯れ枝などを使って椀形の巣を作る』。『囀声は「フィー、フィー」と口笛のような澄んだ声で』、『単調な節を交え、雄だけでなく』、『雌も囀る。飛翔は浅い波形』。『地鳴きは「ヒー」、「フィッ」など』。『また、囀る時に、左右の脚を交互に持ち上げることから』、『別名「弾琴鳥」とも呼ばれる』(囀りはYou Tube 「ウソ(2)鳴き声(秋ヶ瀬公園) - Eurasian Bullfinch - Wild Bird - 野鳥 動画図鑑」を視聴されたいが、幾つかの動画を見てみたが、ここに言う脚挙げの動作は確認出来なかった。これ、いつもするわけではないらしい)。なお、『材木に付く虫を食べる』こと、「鷽」という字の(かんむり)部分が「学」の旧字「學」と同じであることから、『太宰府天満宮や亀戸天神社では「天神様の使い」とされ、鷽を模した木彫りの人形「木鷽」』(きうそ)『が土産の定番となっている。この木鷽を使った』「鷽替(うそか)え神事」も幾つかの『菅原道真を祀った』神社での定番ではある。ウィキの「鷽替え」によれば、例えば大阪府大阪市北区天神橋の「天満(てんま)の天神さん」大阪天満宮では、毎年一月二十五日、『木彫りの鷽の木像である木うそを「替えましょ、替えましょ」の掛け声とともに交換しあ』い、東京都江東区亀戸の『亀戸天神社では前年神社から受けた削り掛けの木うそを新しいものと交換する』(なお、『多くの神社では正月に行われるが』、『斎行日は異なる』。ただ、概ね初天神の二十五日前後に行われるようである)。『鷽替えは元来』、『大宰府天満宮で』、正月七日の夜、「鬼すべ神事」(迎春の火除け神事。午後九時頃から斎火が点火され、天満宮氏子約三百人が「すべ手」と「鬼警固」に分かれて「鬼すべ堂」の中に立て籠る鬼を燻し出す形で行われる)『とともに行われる吉兆神事が発祥とされ、京都市上京区の北野天満宮は天神信仰の中心の一つであるが、鷽替え神事は無く、木うそも授与しない。しかし』、『北野天満宮から勧請された天満宮でも鷽替え神事を斎行している神社は多い』とある。だが、「日本野鳥の会京都支部」公式サイト内の「ウソ」を見ると(ウソの画像・動画有り)、こ「鷽替」について、大阪の天満宮の「鷽替神事」を挙げて説明し、これは、去年一年間に『ついた嘘を、ウソに託して罪滅ぼしするわけです。交換した回数が多いほど』、『ご利益があるとされています』。『交換会が終わり、お守りの封を開けて中に金色のウソが入っていると賞品が進呈されます。似たような行事は各地の天満宮にあり、絵札ではなく木彫りの鷽鳥を使う神社もあります』。『大阪天満宮によると、菅原道真公は「学問の神様」であると同時に「正直の神様」であり、ウソは道真公が愛した梅の木に縁が深いために始まった神事だそうです』。『しかし、この「鷽替神事」には二つの嘘があります。まず、ウソという鳥名の語源は「嘘」ではなく、「口笛」を意味する古語』(「嘯(うそぶ)く」。本来は口を尖らせて詩を詠ずる仙人の風で、転じて口笛を吹くの意となった。本種の囀りが口笛に似ることからそれを当てたのである)で、『「フィー、フィー」と口笛のような声で鳴くことに由来します』(以上の通り、「うそ」という和名は「噓」とは全く関係がない)。『二つめは、梅の木に縁があるという嘘。ウソは桜の芽を食べることで知られていますが、梅には特に縁はないはず。目くじら立てることではありませんが、「正直の神様」の割には嘘が多いです』とある。流石は名にし負う「日本野鳥の会」、突っつくところが鋭いわ

 

「鸒」の字を用ふ「鸒」【音、「預」。】。〔然れども本字は〕「鴉-烏(はしぶと)」の本名なり」特異的に「〔然れども本字は〕」を勝手に挿入した。良安が漢字を「鷽」とすべきところを「鸒」と誤ってしまっていることは既に述べた。大修館書店「廣漢和辭典」を引くと、「鷽」は最初に、『おながどり【をながどり】。かささぎに似て、色が黒く、くちばしと脚が赤い。=』とし、以下の漢籍の引用には『山鵲』と出る。これは先に林禽類 山鵲(やまかささぎ)(サンジャク)として出、私はスズメ目カラス科サンジャク属サンジャク Urocissa erythrorhyncha に同定したものである。幸いにしてK'sBookshelfの「漢字林」の「鳥之部」でも(この辞書は侮れない。特に漢字の電子化で使用可能字体であるかどうかは私はここでしばしば御厄介になっている)、「鷽」の意として最初に、『サンジャク(山鵲)、カラス科サンジャク属の鳥』を掲げているので決まりである。しかし、良安の言う『「鴉-烏(はしぶと)」の本名なり』は漢字を誤ったために生じたトンデモ自爆的誤りとなる(実は私も最初、気づかず、公開後に慌てて書き換え・改稿を行ったから、良安先生を責めることは実は出来ない。トホホ)

「雄は晴れを呼び、雌は雨を呼ぶ〔とも云へり〕」ウィキの「ウソ」に、『雄は照鷽(てりうそ)、雌は雨鷽(あめうそ)と呼ばれる』とある。

「照鸒(てり〔うそ〕) 乃〔(すなは)〕ち宇曾鳥の雌なり。狀、稍〔(やや)〕小にして、頭・背、灰赤色。眉、白。頰も亦、白し。頰の下及び頷〔(あご)〕、深紅。翅-羽〔(はね)〕・尾、灰青色。胸・腹、白。其の聲、艷〔なり〕。觜、黑。脚、長く、好んで其の尾を動揺す。常に鳴きて風雨を呼ぶ」良安先生、混同している。解説部は「頰の下及び頷〔(あご)〕、深紅」とある以上、明らかにこれはウソの「雄」についての叙述であるから「雌は「雄」の誤りで、しかも、ここの最後も「風雨」ではなくて「晴」でないとあきまへんがな良安先生。

「照る鸒の胸はこがれて思へどもいすかの嘴〔(はし)〕のあはぬ君かな」「ウソ」と「イスカ」(スズメ目アトリ科イスカ属イスカ Loxia curvirostra:イスカの嘴は左右が互い違いに食い違っている(生後一、二週間で先の交差が始まるが、下の嘴が右に出るか左に出るかは特に決まっていないらしい。この特有の嘴から、「物事が食い違うこと」を「イスカの嘴(はし)の食い違い」と称するようになった)を読み込んで面白い歌と思うが、出典未詳。識者の御教授を乞う。「てるうそ」は「出る嘘」を掛けて「胸はこがれて思」っている言っている本人も実は、そんなに思っちゃいないんだろう、「いすかの嘴の」捩じ曲がってしまって致命的に「合はぬ」のは「君」だけじゃなくあんたも致命的に「うそ」をついているからなんじゃないのかい?

……それにしても……良安先生の「うそ」字にてんてこ舞いさせられた。やっぱ「ウソ」は危険がアブナいわい!……と思ったら……次の「文鳥」関連で調べたら、良安が参考にした
人見必大の「本朝食鑑」が「鸒」と誤ってんだわさ!

« 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 二四~三〇 家・山中の異人 | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 文鳥(ぶんちやう) (ブンチョウ・キンパラ) »