フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 四十雀(しじふから) (シジュウカラ・附ゴジュウカラ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 額鳥(ぬかどり) (ベニヒワ?) »

2018/12/22

和漢三才圖會第四十三 林禽類 日雀(ひがら) (ヒガラ)

 

Higara

 

ひから 名義未詳

日雀

    【俗云比加良】

 

按日雀狀似四十雀而小頭背灰赤色頰邊白黑相交

 腹白翅尾黑其根不澤

 

 

ひがら 名義は未だ詳らかならず。

日雀

    【俗に云ふ、「比加良」。】

 

按ずるに、日雀、狀、四十雀似て小さく、頭・背、灰赤色。頰の邊り、白・黑相ひ交〔じれり〕。腹、白。翅〔と〕尾〔は〕黑〔けれども〕其の根〔は〕澤(うるほ)はず。

[やぶちゃん注:スズメ目スズメ亜目シジュウカラ科シジュウカラ属ヒガラ Periparus ater。本邦には亜種ヒガラ Periparus ater insularis が北海道・本州・四国・九州(屋久島まで)に周年生息する(留鳥又は漂鳥)ウィキの「ヒガラ」(私の好きな元気な囀りの音声有り)によれば、『ユーラシア大陸の広範囲にかけてと』、『アフリカ北部のアルジェリア、チュニジア、モロッコおよび日本、台湾に分布する』。全長は約十一センチメートル、翼開長は約十七センチメートルで、全長約十四センチメートルの本邦の雀(スズメ目スズメ科スズメ属スズメ亜種スズメ Passer montanus saturatus)や約十三センチメートルのコガラ亜種コガラ Poecile montanus restrictus よりも『小さく、日本のカラ類』(今まで同定比定してきたシジュウカラ科Paridae のシジュウカラ・ヤマガラ・ヒガラ・コガラなどを一絡げにした通総称で、縁遠いゴジュウカラやエナガ(スズメ目スズメ亜目ウグイス上科エナガ科エナガ属エナガ Aegithalos caudatusを含めることもあるというから、非分類学的な呼び名である。大きさがほぼスズメ大で、梢の間を活発に動き回る小鳥類で「ガラ(雀)」を和名末に持つものが多い)『の中では最小の種』。『上面は青味がかった灰色や黒褐色、下面は淡褐色の羽毛で覆われる。頭頂は黒い羽毛で被われ、羽毛が伸長する短い冠羽がある』。『頬から後頸にかけて白い斑紋が入るが、喉から胸部にかけて黒い斑紋に分断され胸部の明色部とは繋がらない。翼の色彩は灰黒色。と中雨覆の先端(羽先)に白い斑紋が入り、静止時には』二『本ずつの白い筋模様(翼帯)に見える(シジュウカラの白い翼帯は』一『本)』。『嘴や後肢の色彩は黒い。雌雄同色』。『卵は白い殻で覆われ』、『淡紫色や赤褐色の斑点が入る』。『平地、山地、亜高山帯の針葉樹林に生息する』。『冬季になると』、『標高の低い場所へ移動する。秋季や冬季は群れを形成して生活し、コガラなどのシジュウカラ科の他種やキクイタダキ』(スズメ目キクイタダキ科キクイタダキ属キクイタダキ Regulus regulus)『などと混群を形成することもある』。『食性は雑食で』『昆虫、クモ、果実、草木の種子(アカマツやカラマツなどのマツ類の種子も好む)』『などを食べる』。『樹木の枝先付近を動き回ることが多く』、『樹上で採食を行う。木の幹の隙間に種子などの食物を貯蔵することもある』。『繁殖期にはペアで縄張りを形成する。樹洞やキツツキの古巣』『の中に苔類や獣毛、羽毛を敷いた巣に、日本では』五~七『月に』一『回に』五~八『個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は』十四~十八『日。雛は孵化してから』十六~十八『日で巣立ち、巣立ちしてから約』二『週間で独立する。オスはシジュウカラよりも速いテンポで『ツピン ツピン ツピン』と高木の上でさえずる』とある。

「翅〔と〕尾〔は〕黑〔けれども〕其の根〔は〕澤(うるほ)はず」翼の上部と尾は黒いけれども、その根元の方は光沢を欠く。シジュウカラに比してで、ヒガラはそれらの部分の羽毛がシジュウカラに比べると詰まっていないから、そのように感じられるのだと思う。]

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 四十雀(しじふから) (シジュウカラ・附ゴジュウカラ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 額鳥(ぬかどり) (ベニヒワ?) »