フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今こそは 國木田獨步 | トップページ | 獨坐 國木田獨步 »

2019/03/09

山林に自由存す 國木田獨步

 

  山林に自由存す

 

山林に自由存す

われ此句を吟じて血の湧くを覺ゆ

嗚呼山林に自由存す

いかなればわれ山林を見すてし

 

あくがれて虛榮の途にのぼりしより

十年の月日塵のうちに過ぎぬ

ふりさけ見れば自由の里は

すでに雲山千里の外にある心地す

 

眥を決して天外を望めば

をちかたの高峰の朝日影

嗚呼山林に自由存す

われ此句を吟じて血の湧くを覺ゆ

 

なつかしきわが故鄕は何處ぞや

彼處にわれは山林の兒なりき

顧みれば千里江山

自由の鄕は雲底に沒せんとす

 

[やぶちゃん注:初出は『國民之友』明治三〇(一八九七)年二月。初出時の標題は「自由の鄕」(「鄕」は「さと」。本文の最終行と同じ)で、第三節(「嗚呼山林に自由存す」)がなかった(底本異同にはそう読めるように記してある)。國木田獨步の詩篇では最も知られた一篇であろう。ここまでの國木田獨步「獨步吟」十四篇、殆んどは今の読者から見れば、凡庸な抒情詩にしか見えないかも知れぬが(実際、調べて見てもネット上にはこれらは驚くべきことに殆んど電子化されていないのである)、しかし、これが近代詩の黎明期を支えた詩篇の有意な一角であったことは記憶しておく必要がある。

「途」は「みち」。

「雲山千里」は独歩の死後の大正二(一九一三)年に東雲堂書店から刊行された「独歩詩集」では、「うんざんせんり」とルビする。

「眥」は「まなじり」。

「をちかた」「彼方」「遠方」で「遠くの方・向こうの方・あちら」の意。

「雲底」は「うんてい」。]

« 今こそは 國木田獨步 | トップページ | 獨坐 國木田獨步 »