フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雜吟『小萩が岡よ、秋風よ』 國木田獨步 | トップページ | 雜吟『戀こそ夢なれ』 國木田獨步 »

2019/03/17

雜吟『戀こそ夢なれ行末は』(――に送らんとて作り遂に送らざる歌) 國木田獨步

 

雜吟『戀こそ夢なれ行末は』(――に送らんとて作り遂に送らざる歌)

 

戀こそ夢なれ行末は

淚の川に身をうかべ

浮世の波にたゞよはん

今の別れの悲しさを

歌ひ盡さん調なし

たゞすこやかに在せ君

たゞすこやかに在せ君

 

はてなき海の千里の波に

谷又谷の岩淵の淵に

萬代かけて月澄みつ

千代の昔の人ゆきぬ

 

峰の白雪峰より峰に

底の眞珠の珠より珠に

萬代かけて月澄みつ

千代の昔の人ゆきぬ

 

月の光に誘はれて

奧津城訪はん林の奧の

月の光に誘はれて

賤の男訪はん深澤の岸の

我が身昔の我ならず

月し昔の色澄めり

をさなき時を思ふ哉

去年の今夜を思ふ哉

 

あしたの雲の花やかに

夕の時雨しめやかに

君と語りし年も暮れて

今夕ばかりとなりにけり

 

忘れそ君よ彼の夜をば

其夜は殊に月澄みて

君が面わは輝きて

我が血靜に脈打ちぬ

 

[やぶちゃん注:標題は底本編者によるもので、総標題に一行目を添えたもので、本篇は無題。初出は明治三〇(一八九七)年十二月十日発行の『國民之友』であるが、底本は全五篇連作の内、本篇のみ、獨步の死後に出された「獨步遺文」所収のものを底本としていて、添書き「――に送らんとて作り遂に送らざる歌」はそれによるものかと思われる(則い、この添書きは初出にはないものと思われ、以下の通り、「獨步遺文」所収の第一連部分のみである)。以下に、解題に示された初出形を示す。

   *

 

戀こそ夢なれ、行末は、

淚の川に身をうかべ、

浮世の波にたゞよはん

今の別れの哀しさを、

かたりつくさん言葉なし。

たゞすこやかにいませ君、

たゞすこやかにいませ君。

 

   *

なお、底本解題によると、第二連二行の「谷又谷の岩淵の淵に」は國木田獨步の詩篇を載せる流布本によっては「谷又谷の岩間の淵に」となっているともある。]

« 雜吟『小萩が岡よ、秋風よ』 國木田獨步 | トップページ | 雜吟『戀こそ夢なれ』 國木田獨步 »