フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 少女の歌 / 老女の歌  國木田獨步 | トップページ | このココログの昨日のブログ・メンテナンスは完全な失敗・最悪・最低である »

2019/03/20

冬の山家 國木田獨步

 
 
  冬 の 山 家
 

眞柴たく山家の民
甘薯(いも)ふかす夕(ゆふべ)のまとゐ
まつ少女(をとめ)またるゝ者は
みづ淸き村のわかもの


「君と別れて松原ゆけば
鳥も通はぬ八丈ケ島へ」
ありふれ歌のかずかず
つきぬまに夜は更(ふけ)にけり


月出ぬ東の小まど
松風を影にうつして
「歸りなん今宵は家に」
「明日(あす)の夜も來(きた)りて唄(うた)へ」


家のもの床に入りしも
少女(をとめ)のみ眠がてにす
山路ゆき月にうかれて
わかものゝ唄ふ聲さゆ


かつがつに遠ざかりゆく
彼人(かのひと)の聲たえだえに
ほゝゑみて少女(をとめ)眠りぬ
まどかなり此夜(このよ)の夢も
 
 
[やぶちゃん注:初出は明治三二(一八九九)年十一月五日『活文壇』。死後の出版の「獨步遺文」所収のそれはかなり有意に異同がある。以下に示す。
   *
 
 
 冬 の 山 家

  
眞柴焚く山家の民
芋ふかす夕の圓居
今夕また彼の唄聞かん
いかなれば彼人遲き
待つ少女待たるゝ人は
水淸き村の若者


「君と別れて松原行けば
松の露やら淚やら」
「咲いた櫻になぜ駒繫ぐ
駒が勇めば花が散る」


ありふれし歌の數々
盡きぬ間に夜は更けにけり
月出でぬ東の小窓
松風を影にうつして


「歸りなん今宵は宿に」
「明日の夜も來りて歌へ」
家の者床に入りしも
少女のみ眠りがてにす


山路ゆき月に浮かれて
若者の歌ふ聳冴ゆ
かつかつに遠ざかり行く
彼人の聲絕え絕えに


ほゝ笑みて少女眠りぬ
まどかなり今夜の夢も


   *
第五連の二行目「若者の歌ふ聳冴ゆ」はママ。「聳」は「聲」の誤植であろう。]

« 少女の歌 / 老女の歌  國木田獨步 | トップページ | このココログの昨日のブログ・メンテナンスは完全な失敗・最悪・最低である »