フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豹(ひやう/なかつかみ) (ヒョウ) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 貘(ばく) (マレーバク・ジャイアントパンダその他をモデルとした仮想獣) »

2019/03/11

若き旅人の歌 國木田獨步

 

  若き旅人の歌

 

人里遠き深山も

    笑ひて咲けるすみれあり

浮世はなれし此村の

    木蔭にねむる墓もあり

高峰たゞよふ雲あはく

    溪を流るゝ水きよし

 

[やぶちゃん注:これより以下、十篇は明三〇(一八九七)年十一月文盛堂刊の石橋哲次郎編になる詞華集「靑葉集」に載った「國木田哲夫」名義の詩篇である。同アンソロジーは國木田のそれを掉尾として他に、戸川残花・河井酔茗・武島羽衣・田山花袋・大町桂月・石橋暁夢(編者の筆名)・佐々木信綱・太田玉茗・正岡子規・宮崎羊児・大塚楠緒子・河内魚ぬの・塩井雨江・与謝野鉄幹・宮崎湖処子の作品を収めるもので、底本解題によれば、『この年は新體詩普及隆盛の年であり』、先の國木田獨步の詩篇が収録された同年四月刊の「抒情詩」を始めとして、『この主の編輯詞華集が引きつづき出版され、その中に彼の作品も含まれるやうになつた』とある。編者の石橋哲次郎は生没年等未詳であるが、黒羽夏彦氏のブログ「ふぉるもさん・ぷろむなあど 台湾をめぐるあれこれ」の「【研究メモ】マッケイと石橋哲次郎によれば、宣教師で雑誌編集や記者で『文学気質を持った』人物で、『久留米藩士石橋六郎の次男として生まれ』、明治二三(一八九〇)年九月に『久留米尋常中学明善校(藩校明善校に由来し、現在は福岡県立明善高校)に入学』、曲折を経た後、明治二七(一八九四)年六月、『カナダ・メソヂスト教会部会の試験を経て福音士となり、明治三一(一八九八)年三月、『日本基督教會規定の試験を経て』、『伝道師となり』、五『月に台湾へ渡った』が、翌年七月に『伝道師を辞した後は台南県主記として勤務』したといった詳しい事蹟が載る。

 本篇の初出は不明。]

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豹(ひやう/なかつかみ) (ヒョウ) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 貘(ばく) (マレーバク・ジャイアントパンダその他をモデルとした仮想獣) »