フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 騶虞(すうぐう) (仮想聖獣) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豰(こく) (仮想妖獣? ジャイアントパンダ?/ベンガルヤマネコ?) »

2019/03/07

和漢三才圖會卷第三十八 獸類 駮(はく) (仮想妖獣)

 

Haku

 

はく    玆白

【音博】

 

 

本綱及三才圖會云中曲山有駮狀如馬白身黒尾一角

虎足鋸牙能食虎豹音如振鼓佩之可以禦

苑云鵲食猬猬食鵔食豹豹食駮駮食虎

 

 

はく    玆白〔(じはく)〕

【音、「博」。】

 

 

「本綱」及び「三才圖會」に云はく、『中曲山に、駮、有り。狀、馬のごとく、白き身、黒き尾、一角。虎の足、鋸の牙。能く虎・豹を食ふ。音(こへ[やぶちゃん注:ママ。])、振鼓〔(ふりつづみ)〕のごとし。之れを〔の骨(或いは角?)を〕佩ぶれば、以つて[やぶちゃん注:「凶」の異体字。]を禦ぐべし』〔と〕。

苑〔(ぜいゑん)〕」に云はく、『鵲〔(かささぎ)〕、猬〔(はりねずみ)〕を食ひ、猬、鵔〔(しゆんぎ)〕を食ひ、鵔、豹を食ひ、豹、駮を食ひ、駮、虎を食ふ』〔と〕。

[やぶちゃん注:「山海経」の「西山経」に上記の通り出、「海外北経」にも出る仮想妖獣。様態はユニコーン(Unicorn)に酷似しており、文化的連関性は不明ながら、ユニコーンも非常に獰猛であり、その角が蛇などの毒で汚された水を清める力があるとするのは、凶事を防ぐという部分で親和性があるようには思われる。

 

『「本綱」及び「三才圖會」に云はく……』「本草綱目」の「虎」の「附録」には、

   *

「山海經」云、駮、狀如馬白身黒尾一角鋸牙。能食虎豹。「周書」謂之茲白。「説苑」云、師曠言鵲食猬猬食駿駿食豹豹食駮駮食虎。

   *

で、良安はほぼ丸写ししていることが判る。「三才図会」のそれは国立国会図書館デジタルコレクションの画像の

「振鼓」は和名。「鼗(とう)」が正しい漢名。中国・朝鮮・日本の太鼓の一種で、「鞉」「鞀」とも書き、中国では「鞉牢」とも記した。日本では「鞀鼓」と記したこともあるが、「振鼓(ふりつづみ)」が古形で、所謂、「でんでん太鼓」(小型の丸胴の両面太鼓に柄を差し通し、胴に結びつけた短い二本の紐の先端に小さい球をつけ、柄を回し、球で革面を打ち鳴らすもの)の原型である。二つの胴を上下に重ねた四革面のものを「路鼗」、三つのものを「雷鼗」、四つのものを「霊鼗」と称し、「礼記」「論語」などの古文献に記されており、漢以後から近年まで雅楽に使用された。

苑〔(ぜいゑん)〕」前漢末の学者劉向(りゅうきょう)撰になる逸話集。全二十巻。前賢先哲の逸話を記録したもので、君道、臣術などの二十篇から成り、一篇を一巻とし、各篇の初めに序説があり、その後に逸話を列挙している。元来は先秦及び漢代の書から「天子を戒め」るに足る遺聞逸事を採録したとするもので、現存する諸子百家の書と、かなり重複している。しかし、すでに佚してしまい、本書にしかみえないものもあり、今日からみれば貴重な古代説話集である(小学館「日本大百科全書」に拠った)。]

「鵲〔(かささぎ)〕」スズメ目カラス科カササギ属カササギ亜種カササギ Pica pica sericea

「猬〔(はりねずみ)〕」「蝟」に同じで、哺乳綱 Eulipotyphla目ハリネズミ科ハリネズミ亜科 Erinaceinae。背は体毛が変化した棘で被われている。同種は日本を除く東アジアにも棲息する。これについては、和漢三才圖會第四十三 林禽類 鵲(かささぎ)で「本草綱目」から、

   *

「淮南子」に云はく、『鵲の矢(くそ)、蝟〔(はりねづみ)〕に中〔(あた)〕れば、蝟、卽ち反つて、受け、喙〔(ついば)〕む【火、金に勝つの理〔(ことわり)〕なり。】」〔と〕。

   *

と引いているのであるが、そこで私は以下のように疑問を呈した

   *

「淮南子」(前漢の武帝の頃に淮南(わいなん)王であった劉安(高祖の孫)が学者達を集めて編纂させた一種の百科全書的性格を備えた道家をメインに据えた哲学書。日本では昔からの読み慣わしとして呉音で「えなんじ」と読むが、そう読まねばならない理由は、実は、ない)。同書の「説山訓」に、

膏之殺鱉、鵲矢中蝟、爛灰生蠅、漆見蟹而不幹、此類之不推者也。推與不推、若非而是、若是而非、孰能通其微。

とあるのであるが、どうも時珍が言っていることと真逆のことを言っている気がする。さても東洋文庫の注を見ると、そこに『ここは『淮南子』の文を引いたことになっているが実際の『江南子』(説山訓)には「鵠矢中ㇾ蝟(注)中亦殺也」』(注は「中(あた)るは亦「殺(ころ)す」なり)『とある。ここの良安の文は『本草綱目』鵲〔集解〕の時珍の言をそのまま引いたもので、これでは鵲より蝟の方が強いことになる。『淮南子』原文では蝟より鵲の方が強いことになる。ところで『本草綱目』猬(蝟)[やぶちゃん注:ハリネズミの現代中国語名は「刺猬」である。]〔集解〕では陶弘景の言として「(蝟)能跳入虎耳中。而見鵲便自仰腹受啄。物相制如此」とある。これによれば飼より鵠の方が強いことになる』とある。

   *

ここにも伝承の混乱が認められると言える。

「鵔〔(しゆんぎ)〕」キジ目キジ科 Chrysolophus 属キンケイ Chrysolophus pictus。私の和漢三才圖會第四十二 原禽類 錦雞(きんけい)を見られたい。]

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 騶虞(すうぐう) (仮想聖獣) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豰(こく) (仮想妖獣? ジャイアントパンダ?/ベンガルヤマネコ?) »