フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 花袋君の「わが跡」を讀みて 國木田獨步 | トップページ | すみれの花 國木田獨步 »

2019/03/18

わかれ 國木田獨步

 

  わ か れ

 

今日を限りの別れとは

夢知らざりき、夢にのみ

行末の日を樂しみし

我世もゆめとなりにけり

 

目もはるかなる野末見よ

遠山かすむ彼方には

人住む里も多からむ

其里戀ひし、君が行く

 

十とせの後の冬の夜に

君が門の、たゝかむをり

せめては内に入れたまへ

こしかたの夢かたるべし

 

君は彼日を語りいで

われは彼夜を忍ぶべし

梢をわたる風の音は

かたみの淚さそひつゝ

 

もゝとせの後、秋の夜半

月冷やかにかげ澄みて

君が塚石てらすべし

蟲の音しげき山里に

 

わが墓いつか苔むして

文字さだかにも讀めぬ日は

誰か知るべき、君とわれ

住て此世に逢ひし事を

 

逢ては別れ、別れては

東に西に埋れゆく

(千世の昔の神世より)

はかなき人の多からめ

 

斯くて恨の盡きはせじ

かくて此世は昔より

戀のかばねを冬枯の

あらしにさらす墓ならめ

 

小川谷川、すえ終に

大海原に注げども

人の情のなみだ川

湛えてくまん時ぞなき

 

[やぶちゃん注:初出は明治三一(一八九八)年二月十日発行の『國民之友』。この詩篇、没後の「獨步遺文」の「別れ」という詩篇が載り、それは本篇の異稿と考えられる。但し、この異稿は複雑で、まず、異稿も本篇と同じく一連四行の全九連から成るものの、そちらでは本篇の最終第九連目の詩句は存在せず、それは、

   *

 

 淚  川

 

小川谷川末終に

大海原に注げども

人の情の淚川

湛へて汲まむ時ぞ無き

 

   *

となっている(解題では以下の異稿の後に続くようにこの「淚川」は示されているが、果たして事実そうなのかどうかは、原本に当たれぬので不明である)。底本解題に異稿全体も示されてあるので、それを以下に示す。

   *

 

 別  れ

 

今日を限りの別れとは

夢知らざりき夢にのみ

君に遇瀨を樂しみし

我世も夢となりにけり

 

目もはるかなる野末見よ

遠山霞む彼方には

人住む里も多からん

其里戀ひし君が行く

 

人の世古き昔より

逢うては別れ別れては

また逢ふこともあらなくに

別れし人も多からめ

 

の後の冬の夜に

君が門の叩かみ折

せめては内に入れ給へ

越し方の日を語るべし

 

君は彼日を語り出で

我は彼夜を忍ぶべし

梢をわたる風の音は

かたみの淚さそひつゝ

 

後の秋の夜の

月は木の間を迷ふにも

君がおくつき照らすべし

蟲の音しげき山里に

 

吾が墓いつか苔むして

文字さだかにも讀めぬ日は

誰か知るべき君と吾

住みて此世に逢ひし事を

 

逢ては別れ別れては

東に西に埋れ行く

千代の昔の神世より

はかなき人の多からめ

 

逢ふは束の間別れこそ

はてなき恨み此世こそ

戀の屍と冬枯の

あらしに曝す墓ならむ

 

   *

第三連の「逢うて」はママである。]

« 花袋君の「わが跡」を讀みて 國木田獨步 | トップページ | すみれの花 國木田獨步 »