フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 告天子 國木田獨步 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 野豬(ゐのしし) (イノシシ) »

2019/03/21

和漢三才圖會卷第三十八 獸類 ※牛(もうぎう) (前と同じくヤク)



Mugyuu


もうぎう  犣牛◦犏牛

※牛【音毛】

マ◦ウ ニウ

[やぶちゃん注:「※」=「牜」+(「旄」-「方」)。「◦」は単に字が詰まったので、繋がっていないことを示すための記号。]

本綱※牛乃野牛也人多畜養之狀如水牛體長多力能

載重迅行如飛性至粗梗髀膝尾背胡下皆有黒毛長尺

許其尾最長大如斗亦自愛護草木鈎之則止而不動今

人以爲纓帽毛雜白色者以茜染紅色

三才圖會云天子車在纛以※牛尾爲之

△按野牛自中華來於肥州長崎偶有之不蕃息

もうぎう  犣牛〔(れふぎう)〕

      犏牛〔(へんぎう)〕

※牛【音、「毛」。】

ウ ニウ

[やぶちゃん注:「※」=「牜」+(「旄」-「方」)。なお、「れふぎう」は現代仮名遣「りょうぎゅう」。]

「本綱」、※牛は、乃〔(すなは)〕ち、野牛なり。人、多く之れを畜養す。狀、水牛のごとく、體、長し。多力にして能く重きを載す。迅〔(はや)〕く行くこと、飛ぶがごとし。性、至つて粗梗〔(そかう)〕なり。髀〔(もも)〕・膝・尾・背・胡〔(こ)の〕下〔(した)〕に、皆、黒毛有り、長さ、尺許り。其の尾〔は中でも〕最も長大にして、斗〔(ひしやく)〕のごとく、亦、自〔(みづか)〕ら〔も〕愛護す。草木、之れに鈎(かゝ)るときは、則ち、止〔まり〕て動かず。今の人、以つて纓帽〔(えいぼう)〕と爲す。毛、雜白色の者を、茜〔(あかね)〕を以つて紅色に染む。

「三才圖會」に云はく、『天子の車に纛(たう)在り。※牛の尾を以つて之れを爲る』〔と〕。

△按ずるに、野牛、中華より肥州長崎に來たる。偶々〔(たまたま)〕、之れ、有〔れども〕、蕃息せず[やぶちゃん注:本邦では繁殖させることが出来ない。]。

[やぶちゃん注:「※牛」の「」は「犛」と同じで繁体字「氂」と同字であり、「本草綱目」の時珍も、実物を知っているらしい良安も、単に「野牛」に言い換えてしまっており、記載内容も前項の「犛牛(らいぎう)(ヤク)」と酷似するから、同じくウシ目ウシ亜目ウシ科ウシ亜科ウシ属ヤク(野生種の学名は Bos mutus。家畜化された種としての学名はBos grunniensなのだ。思うに、いろいろな字で古代から記されたことから、後代、これらが類似する別種として誤認されたものであろう。或いは、前項に、「※は小さく、犛は大なり」とあることから、「※」はヤクの♀、「犛」は♂を別種と誤認したとも思われ、或いは、各地のヤクの個体変異を別種としたともとれなくもない。

「粗梗〔(そかう)〕」荒々しく強い。

「髀」腿(もも)。

「胡〔(こ)〕」牛などの顎の下の垂れ下がった肉を指す語。東洋文庫訳では『えぶくろ』とルビするが、これでは胃の意味になり、私は不適切と思う。

「斗〔(ひしやく)〕」柄杓。

「鈎(かゝ)るときは」引っ掛かった際には。

「止〔まり〕て動かず」毮ㇾたりして傷つくことを恐れて動かないのである。

「纓帽〔(えいぼう)〕」前項に既注であるが、再掲すると、頂きから赤い房を垂らした官人の式帽を指す。

「雜白色」白を基調として雑色の混じるもの。

「茜〔(あかね)〕」キク亜綱アカネ目アカネ科アカネ属アカネ Rubia argyi。但し、ウィキの「アカネ」によれば、和名は「赤根」で『根を煮出した汁』を本邦でも古く『上代から赤色の染料として用い』『ていた』が、『日本茜を使って鮮やかな赤色を染める技術は室町時代に一時』、『途絶えた』とある。

『「三才圖會」に云はく……』同書「儀制三巻」の「皁纛」。ここに図(左頁)、ここ(左頁)に解説が載る(国立国会図書館デジタルコレクションの画像)。

「纛(たう)」(現代仮名遣「とう」)旗棹の上端に附ける、ヤクの毛を束ねて垂らした、威儀の飾り。これに旗を附けて「纛の旗」と称する。前の「三才図会」の図を参照されたい。

「偶々〔(たまたま)〕、之れ、有〔れども〕」「たまに見かけることがあるけれども」。しかし、高地高原性のヤクを果たして日本に連れて来たことがあるのかどうか、甚だ疑問ではある。何か別の種のウシ類を誤認したものではあるまいか?

「蕃息せず」「本邦では結局、繁殖させることが出来ないでいる」の意。当たり前田のクラッカーだっつうの!

« 告天子 國木田獨步 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 野豬(ゐのしし) (イノシシ) »