フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 友に與ふ 國木田獨步 | トップページ | 良人への慰 國木田獨步 »

2019/03/16

『心、みやこをのがれ出で』 國木田獨步

 

  『心、みやこをのがれ出で』

 

心(こゝろ)、みやこをのがれ出で、

夕日(ゆふひ)ざわつく林(はやし)の中を

語(かた)る友なく獨(ひと)りでゆきぬ。

夏(なつ)たけ秋は來(きた)りぬと

梢(こずゑ)に蟬が歌(うた)ひける。

林(はやし)を出でゝ右に折(を)れ、

小高き丘(をか)に、登り來(く)れば、

見渡す限(かぎ)り、目もはるかなる、

武藏(むさし)の野邊(のべ)に秩父山(ちゝぶさん)、

雲(くも)のむす間に峯(みね)の影、

吾(われ)を來れと招(まね)きける、

吾を來(きた)れと招きける。

 

[やぶちゃん注:奇妙に徹底しない或いは大いに呆けた印象しかない殆んど不要な(私は「秩父山(ちゝぶさん)」だけでよいと思う)パラルビはママ。明治二八(一八九五)年八月三十一日附『國民新聞』に「てつぷ」の署名で掲載されたが、初出は『獨步吟三』とあって無題である。ここで言う「獨步吟」はその最初が詞華集「抒情詩」で山中」改題、「獨步吟二」が同じく「抒情詩」で夜」改題で、それに続く「三」という意味である。これらの初出は総て「てつぷ」署名であり、以前にも述べたが、標題の「獨步」とは一般名詞であって、ペン・ネーム認識は未だない状態にあるのである。なお、標題がかく変えられて公開されたのは、実に國木田獨步の死後五十四年も経った昭和三七(一九六二)年講談社刊の「日本現代文学全集」第十八巻の「國木田獨步集」が初めてであり、二重鍵括弧から見ても、当時の編集者が一行目を仮題として示したものと考えるべき(則ち、本来は無題とすべき)であろうが、当該書を所持しないので、底本に従った。

« 友に與ふ 國木田獨步 | トップページ | 良人への慰 國木田獨步 »