フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 野馬(やまむま) (モウコノウマ或いはウマ) | トップページ | 國木田獨步の日記「欺かざるの日記」及び書簡内の俳句群(一部は私は詩篇と推定する) »

2019/03/25

和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豪豬(やまあらし) (ヤマアラシ)

Yamaarasi

 

 

やまあらし 山豬 蒿豬

      豲※1 ※2豬

      鸞豬

豪豬

      【俗云也末阿良之】

[やぶちゃん注:「※1」=「豕」+「兪」。「※2」=「豕」+「亘」。]

 

本綱豪豬深山中有之多者成群害稼狀如豬而頂脊有

刺鬣長近尺粗如筋其狀似笄及帽刺白本而黒端怒則

激去如矢射人自爲牝牡而孕也人取其刺毛以爲簪令

髮不垢或以其皮成鞾其肉【甘大寒】有毒

△按豪豬自外國來畜之以異毛賞之耳。

 

 

やまあらし 山豬 蒿豬〔(かうちよ)〕

      豲※1〔(くわんゆ)〕

      ※2豬〔(くわんちよ)〕

      鸞豬〔(らんちよ)〕

豪豬

      【俗に云ふ、「也末阿良之」。】

[やぶちゃん注:「※1」=「豕」+「兪」。「※2」=「豕」+「亘」。]

 

「本綱」、豪豬は深山の中に、之れ、有り。多くは、群れを成し、稼〔(こくもつ)〕[やぶちゃん注:「稼」は「実った穀物」の意で、穀物・穀類を指す。)]を害す。狀〔(かたち)〕、豬〔(ゐのしし)〕のごとくにして、頂・脊に刺〔(はり)〕の鬣〔(たてがみ)〕有り、長さ尺に近し。粗くして、筋(はし)[やぶちゃん注:箸。]のごとく、其の狀〔(かたち)〕、笄〔(かうがい)〕及び帽刺〔(ばうさし)〕[やぶちゃん注:被冠物を頭部に固定するために髪と一緒に刺し貫く器具の謂いであろう。]に似たり。白き本〔(もと)〕にして、黒き端。〔その刺、〕怒れるときは、則ち、激し去〔つて〕[やぶちゃん注:動詞についてその動作の方向を指す。]矢のごとく、人を射る。自〔(みづか)〕ら牝・牡を爲〔(な)〕して孕みす[やぶちゃん注:無論、誤認。刺があるから交尾不能と思った結果であろう。]。人、其の刺毛を取りて簪〔(かんざし)〕と爲す。髮〔に〕垢〔(あか)〕つかざらしむ。或いは、其の皮を以つて、鞾〔(くつ)〕[やぶちゃん注:「靴」に同じい。]と成す。其の肉【甘、大寒。】、毒、有り[やぶちゃん注:アフリカでは現に食用とされており、有毒ではないだろう。それこそ、猛獣も刺を恐れて襲わないところから起こった流言に違いない。]。

△按ずるに、豪豬、外國より來たりて、之れを畜ふ。異毛を以つて、之れを賞するのみ。

[やぶちゃん注:哺乳綱齧歯(ネズミ)目ヤマアラシ上科ヤマアラシ科 Hystricidae の中で、中国に棲息する種は、例えば、ヤマアラシ属マレーヤマアラシ Hystrix brachyura が挙げられるが、ここで良安が今までのように「中華」と言わずに「外國」と言っていることを考えれば、中国に棲息せず、中国を経由してか、或いは南蛮貿易のオランダ船が、経由してきたアフリカやインドや東南アジアに棲息する他の種(恐らく殆んど剥製)を持ち込んだものを指すとするなら、ここには以下のような複数の種を掲げることが可能である(他に別々に進化した全く独立の系統近縁にはない、南北アメリカ大陸に棲息するアメリカヤマアラシ科 Erethizontidae の種群がいるが、ここには表示する必要がない)。

アフリカフサオヤマアラシ Atherurus africanus

アジアフサオヤマアラシ Atherurus macrourus

アフリカタテガミヤマアラシ Hystrix cristata

ケープタテガミヤマアラシ Hystrix africaeaustralis

ヒマラヤヤマアラシ Hystrix hodgsoni

インドタテガミヤマアラシ Hystrix indica

ボルネオヤマアラシ Thecurus crassispinis

パラワンヤマアラシ Thecurus pumilis

スマトラヤマアラシ Thecurus sumatrae

ネズミヤマアラシ Trichys fasciculata

以下、ウィキの「ヤマアラシ」から引く。『草食性の齧歯類』で、『体の背面と側面の一部に鋭い針毛(トゲ)をもつことを特徴とする』。『ヤマアラシという名で呼ばれる動物は、いずれも背中に長く鋭い針状の体毛が密生している点で、一見よく似た外観をしている(針毛の短い種もある)。しかし』、《ヤマアラシ》『に関して最も注意すべきことは、ユーラシアとアフリカ(旧世界)に分布する』地上生活をするヤマアラシ科『と、南北アメリカ(新世界)に分布する』樹上性のアメリカヤマアラシ科『という』二『つのグループが存在すること』、しかも、『これらは齧歯類という大グループの中で、別々に進化したまったく独立の系統であり、互いに近縁な関係にあるわけではない』という点である。『両者で共有される、天敵から身を守るための針毛(トゲ)は、収斂進化の好例であるが、その針毛以外には、共通の特徴はあまり見られない。齧歯目(ネズミ目)の分類法には諸説があるが、ある分類法では、ヤマアラシ科はフィオミス型下目、アメリカヤマアラシ科はテンジクネズミ型下目となり、下目のレベルで別のグループとなる。つまりアメリカヤマアラシ科はヤマアラシ科よりも、テンジクネズミ科とのほうが系統が近い』。この二『群の』生物学的に縁が近くない『動物が、現在に至るまでヤマアラシという共通の名前で呼ばれているのは、そもそもヨーロッパから新大陸に渡った開拓者たちが、この地で新たに出会ったアメリカヤマアラシ類を、まったくの別系統である旧知のヤマアラシ類と混同して、呼称上の区別をつけなかった名残りに過ぎない。特に区別する必要があるときは、それぞれ「旧世界ヤマアラシ」「新世界ヤマアラシ」と呼び分けるのが通例である』。『ヤマアラシ科はアジアとアフリカ(およびヨーロッパのごく一部)に生息する地上性のヤマアラシで』、『夜行性で、昼間は岩陰や地中に掘った巣穴に潜んでいる。アメリカヤマアラシ科は北アメリカと南アメリカに生息するヤマアラシで、丈夫な爪をもち、木登りが得意である。こちらも夜行性で、昼間は岩陰や樹洞に潜んでいる』。『他にもハリネズミ目のハリネズミ』(哺乳綱ハリネズミ目Eulipotyphlaハリネズミ科ハリネズミ亜科 Erinaceinae)、『カモノハシ目のハリモグラ』(哺乳綱単孔目ハリモグラ科ハリモグラ属ハリモグラ Tachyglossus aculeatus)『など、体が針で覆われた哺乳類が知られているが、それぞれが独自に進化の過程において針を獲得してきた』。『通常、針をもつ哺乳類は外敵から身を守るために針を用いるが、ヤマアラシは、むしろ積極的に外敵に攻撃をしかける攻撃的な性質をもつ。肉食獣などに出会うと、尾を振り、後ろ足を踏み鳴らすことで相手を威嚇するだけでなく、頻繁に背中の針を逆立てて、相手に対し』、『後ろ向きに突進する。本種の針毛は硬く、その強度はゴム製長靴を貫く程であり、また捕食された場合でも針が相手の柔らかい口内や内臓を突き破り』、『感染症や疾患を引き起こさせ、場合によっては死亡させることが知られている。この』ため、『クマやトラといった大型の捕食動物でも』、『本種を襲うケースは少ない』。『ケープタテガミヤマアラシ Hystrix africaeaustralisなどの針は白黒まだらの目だつ模様をしている。これはスズメバチの腹の黄黒まだらの模様と同じく、警告色の役割をしていると考えられる』。『ヤマアラシは通常、頭胴長』は六十三~九十一センチメートル、尾長は二十~二十五センチメートル、体重は五・四~十六キログラム。『夜行性で、穀類、果実、木の葉、樹皮、草などの植物を食べる。群れをつくらず』、『単独行動で生活している』。一『度に出産する子供の数は』一、二『頭と少ない』とある。哲学や心理学で『「自己の自立」と「相手との一体感」という』二『つの欲求によるジレンマ』(二律背反)を「ヤマアラシのジレンマ」(Porcupine's dilemmaHedgehog's dilemma(ハリネズミのジレンマ))と呼ぶが、これは、『寒空にいるヤマアラシが互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話に由来する』。――『ある冬の寒い日、たくさんのヤマアラシたちが暖を求めて群がったが、互いのトゲによって刺されるので、離れざるを得なくなった。しかし再び寒さが彼らを駆り立てて、同じことが起きた。結局、何度も群れては離れを繰り返し、互いに多少の距離を保つのが最適であるのを発見した。これと同様に、社会における必要に駆り立てられ、人間というヤマアラシを集まらせるが、多くのトゲや互いに性格の不一致によって不快を感じさせられる。結局、交流において許容できるような最適の距離感を発見し、それがいわゆる礼儀作法やマナーである。それを逸脱する者は、英語では「to keep their distance」(距離を保て)と乱暴に言われる。この取り決めによって、初めて互いに暖を取る必要が適度に満たされ、互いの針で刺されることも無くなる。とは言え、自らの内に暖かみを持つ人間は、人々の輪の外に居ることを好むであろう。そうすれば互いに針で突いたり突かれたりすることも無いのだから』。――『この概念について、後にフロイトが論じ』、同じオーストリアのウィーン生まれの精神科医で精神分析家のレオポルド・べラック(Leopol Bellak 一九一六年~二〇〇二年)が』『名付けた』。『心理学的には「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもある』。『なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりして』おり、この譬えは生態上は正確と言えない。]

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 野馬(やまむま) (モウコノウマ或いはウマ) | トップページ | 國木田獨步の日記「欺かざるの日記」及び書簡内の俳句群(一部は私は詩篇と推定する) »