フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 貘(ばく) (マレーバク・ジャイアントパンダその他をモデルとした仮想獣) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豻 (幻獣) »

2019/03/11

和漢三才圖會卷第三十八 獸類 囓鐵獸 (幻獣)

 

囓鐵獸

 本綱南方有獸角足大小狀如水牛毛黒

 如漆食鐵而飮水糞可爲刀其利如鋼名

 曰囓鐵【唐史云吐火羅國獻大獸高七尺食鋼鐵日行三百里】

[やぶちゃん注:図なし。原本では、項目名の下に最初の二行が二字下げで入っている。三行目は表記通りの一字下げ。これは本来は、前の二行の頭位置で揃えたかったのであるが、そうすると、最後の割注が入らなくなり、少しの残りのために一行増えてしまうのを嫌った仕儀であろうと推測する。]

 

 

囓鐵獸〔(けつてつじう)〕

「本綱」、南方に獸、有り、角・足、大小〔ありて〕、狀〔(かた)〕ち、水牛のごとし。毛、黒きこと、漆のごとし。鐵を食ふ。而〔して〕水を飮む。糞、刀に爲〔(す)〕るべし。其の利(と)きこと、鋼(はがね)のごとし。名づけて「囓鐵」と曰ふ【「唐史」に云はく、『吐火羅國〔(トカラこく)〕より大獸を獻ず。高さ七尺、鋼鐵を食ふ。日に行くこと、三百里』〔と〕。】。

[やぶちゃん注:幻獣。「本草綱目」では前の「貘」の「附錄」として以下のように記載する。

   *

囓鐵 時珍曰、按「神異經」云、南方有獸角足大小、狀如水牛毛黑如漆、食鐵而飮水。糞可爲兵、其利如綱、名曰囓鐵。「唐史」云、叶火羅獻大獸髙七尺食銅鐵日行三百里。

   *

『「唐史」に云はく……』以下は「新唐書」の「列傳第一百四十六下 西域下」に確かに「吐火羅」国が献じたとして載るが、「本草綱目」は確かに「大獸」とするものの、原書では「大鳥」となっており、原文を見ると、

   *

永徽元年、獻大鳥、高七尺、色黑、足類橐駝、翅而行、日三百里、能啖鐵、俗謂駝鳥。

   *

とあって、この献上されたそれは実は実在するダチョウであることが判明してしまう。

「吐火羅國」ウィキの「トハラ人によれば、トハーリスターン(トハリスタン)と呼ばれた地域で、『中国や日本の史書では吐火羅』『と表記される』とする、附近(同ウィキの地図)。]

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 貘(ばく) (マレーバク・ジャイアントパンダその他をモデルとした仮想獣) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豻 (幻獣) »