フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『心、みやこをのがれ出で』 國木田獨步 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(31) 「守札ヲ配ル職業」(1) »

2019/03/16

良人への慰 國木田獨步

 

  良人への慰

 

名なしとて何をか憂ふ、

貧しとて嘆く事かは、わが良人(つま)よ、

君は何とてわがこゝろ

 つきぬ寶と見玉はざる。

浮世の風は荒くとも

 得(え)こそ入るまじ此わが家。

君ともろ共永久(とこしへ)の

 契(ちぎり)の春に住まんには、

 何を此世(よ)に求(もと)む可き。

淸く暮(くら)さんもろともに、

高く祈らんもろともに。

 

[やぶちゃん注:明治三〇(一八九七)年三月十五日発行の『婦人新報』初出。署名は「遠山雪子」の女性仮名で、しかも國木田獨步は同仮名で、その同じ『婦人新報』当該発行号に「『めをと』を讀みて」という評論を載せている(そこでは自身を「小妹」と称して女性仮託を徹底している)。『めをと』はレフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(Лев Николаевич Толстой/ラテン文字転写:Lev Nikolayevich Tolstoy 一八二八年~一九一〇年)の小説で、内田魯庵訳になる明二九(一八九六)年五月博文館刊のそれを指す。国立国会図書館デジタルコレクションの画像で全篇を視認出来る(英訳題は“My Husband And I”(原題不詳)で、魯庵はその「例言」では一八五九年(「?」を附す)の著作とする)。従って、この詩篇はそれに関わって詠まれたものであって、國木田獨步が訳作『めをと』の内容を意識しながら、女性になり代わって、夫を詠んだ仮想詩篇という、かなり複雑な創作背景を持つとするのが正しいものと私には思われる。

 しかも、本篇は獨步の死後五ヶ月後の明治四一(一九〇八)年十一月十九日附『讀賣新聞』に故國木田獨步の署名で「妻のなぐさめ」と改題されたものが、底本の後の「遺稿」パートに出る「うれしき祈禱」・「暮鐘」・「五月雨」とともに掲載されており、そこでは標題のみでなく、本文にも手が加えられているので、初出後に獨步が推敲を重ねていたと考えられる。底本の解題にその「妻のなぐさめ」が載るので、以下にそれを示す。太字部分は底本では傍点「◦」である。

   *

 

 妻のなぐさめ

 

君(きみ)よわが夫(つま)

  名なしとて何をか憂(うれ)ふる

  貧(まづ)しとて何(なに)を悲(かな)しむ

君は何とてわがこゝろ

 つきぬ寶と見玉はざる

浮世(うきよ)の外(そと)のこのわが家(や)

 君(きみ)ともろ共(とも)とこしへの

契(ちぎ)りの春(はる)に住(す)まんには

 何(なに)を此世(このよ)に求(もと)むべき

淸(きよ)く暮(く)らさんもろともに

 高(たか)く祈(いの)らんもろともに

 

   *]

« 『心、みやこをのがれ出で』 國木田獨步 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(31) 「守札ヲ配ル職業」(1) »