フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(38) 「河童の神異」(4) | トップページ | 暮鐘 國木田獨步 »

2019/03/21

うれしき祈禱 國木田獨步


  うれしき祈禱



朝(あさ)な朝な

  われにうれしきいのりあり

祈(いの)りにいはく鳴呼(あゝ)吾(わ)が神(かみ)!

  『彼女(かのぢよ)に安(やす)きを給(たま)へかし』

アヽ此(この)祈り

  いかにうれしきいのりぞや。

人(ひと)なき室(へや)に淚(なみだ)と共(とも)に祈(いの)るなり

  『彼女(かのぢよ)の上(うへ)を守(まも)れかし』



[やぶちゃん注:五行目の「祈り」にルビがないのはママ。以下に電子化するのは、底本の「詩」パートの「遺稿」パートより。既に記した通り、國木田獨步は明治四一(一九〇八)年六月二十三日、午後八時四〇分、入院していた茅ヶ崎市南湖院にて肺結核のため(最初の兆候は既に明治三十九年末にあった)、満三十六歳と十ヶ月逝去した。本篇以下の三篇(後の「暮鐘」と「五月雨」)は、その五ヶ月後の明治四一(一九〇八)年十一月十九日附『讀賣新聞』に「故國木田獨步」の名で掲載された詩篇である。本篇は後の「獨步遺文」の中に「嬉しき祈」という標題で所収されているが、それは大きな異同があるので、以下に示す。

   *


 

 うれしき祈


 

朝(あさ)な朝な夕な夕な

我にうれしき祈りあり

祈りに曰く、あゝ吾神!

彼女の上を守れかし!

われを見捨てし彼女の上に

肉にも靈(たま)にも安きを賜へ

あゝ此祈!

いかにうれしき祈りぞや

人なき室にたゞ一人

淚と共に祈るなり!

 

   *

言わずもがなであるが、これによって本篇の「彼女」が前妻佐々城信子であろうことは推察される。但し、それ以前、獨步二十歳前後に、石崎トミとの悲恋(トミの両親が独歩があまりにも熱心なクリスチャンであったことに反対した故ともされる)があり、彼女もそこに含まれるものと考える方がより正しいと私は思っている。なお、後の「暮鐘」と「五月雨」の二篇は「獨步遺文」には所収されていない。]

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(38) 「河童の神異」(4) | トップページ | 暮鐘 國木田獨步 »