フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 海の歌 清白(伊良子清白) (初出形に近づくよう合成復元したもの) | トップページ | 海の聲山の聲 清白(伊良子清白) »

2019/04/03

和漢三才圖會卷第三十八 獸類 麋(おほしか) 附・雙頭鹿 (大型のシカ或いはシフゾウ)

Oojika

  

 

おほしか  麔【牡】 麎【牝】

      䴠【子】

【音眉】

       【和名於保之加】

ミイ

 

本綱麋海陵間最多千百爲群多牝少牡乃鹿屬也牡者

有角鹿喜山而屬陽故夏至解角麋喜澤而屬陰故冬至

解角麋似鹿而色青黑大如小牛肉蹄目下有二竅爲夜

目今獵人多不分別鹿往往以麋爲鹿

麋角【同茸同膠同霜】 屬陰故治腰膝不仁補一切血病若卒心

 痛一服立瘥【鹿之茸角補陽右腎精氣不足者宜之麋茸角補陰左腎血液不足者宜之】

――――――――――――――――――――――

雙頭鹿

[やぶちゃん注:以下の二行は原典では上記標題の下に一字空けで入る。]

又名荼首机本綱似鹿前後有頭一頭食

一頭行山人時或見之

 

 

おほしか  麔〔(きう)〕【牡。】

      麎〔(しん)〕【牝。】

      䴠〔(あう)〕【子。】

【音、「眉」。】

       【和名、「於保之加」。】

ミイ

 

「本綱」、麋、海陵[やぶちゃん注:現在の江蘇省泰州市海陵区附近を中心とした広域か(グーグル・マップ・データ)。]の間に最も多く、千・百、群れを爲す。牝、多く、牡、少し。乃〔(すなは)〕ち鹿の屬なり。牡には角有り。鹿は山を喜んで、陽に屬す。故に夏至に角を解(をと[やぶちゃん注:ママ。])す。麋は澤を喜びて、陰に屬す。故に冬至に角を解〔(おと)〕す。麋、鹿に似て、色、青黑。大いさ、小牛のごとし。肉の蹄(ひづめ)〔たり〕。目の下に二〔つの〕竅〔(あな)〕有り、夜、目と爲す。今、獵人、多く〔は〕分別せず、往往に〔して〕麋を以つて鹿と爲す。

麋〔の〕角【〔鹿〕茸〔に〕同〔じ〕。〔鹿〕膠〔に〕同〔じ〕。〔鹿〕霜〔に〕同〔じ〕。】 陰に屬す。故に腰・膝〔の〕不-仁〔(しびれ)[やぶちゃん注:東洋文庫のルビに従った。]〕を治し、一切の血病を補す。若〔(も)〕し、「卒心痛」[やぶちゃん注:心筋梗塞。東洋文庫訳に拠る。]〔せば、〕一服にして立ちどころに瘥〔(い)〕ゆ【鹿の茸角〔(ふくろづの)〕は陽を補し、右腎・精氣の不足の者、之れ、宜〔(よろ)〕し。麋の茸角は、陰を補し、左腎・血液の不足の者、之れ、宜し。】。

――――――――――――――――――――――

雙頭の鹿

又、「荼首机〔(だしゆき)〕」と名づく。「本綱」、『鹿に似、前後に、頭〔(かしら)〕有り。一頭〔は〕食〔ひ、〕一頭は行く。山人、時に或いは之れを見る』〔と〕。

[やぶちゃん注:文中、猟師も区別しないともあるように、大型のシカ類を指すことも多いが、種として特に挙げるなら、前項「鹿」の「麋」で既に示したように、シカ科シカ亜科シフゾウ属シフゾウ Elaphurus davidianus(現行の漢名でも「麋鹿」(音なら「ビロク」)と呼ぶ)に比定してもよかろうと思う。野生種は既に絶滅した。ウィキの「シフゾウ」を参照されたい。後の「雙頭の鹿」「荼首机〔(だしゆき)〕」(東洋文庫訳は『さいしゅ』とルビしてママ注記する)は凡そ考証する気力が起こらない。なお、「荼首」というのは現代中国語では「白頭」で老人を指すらしい。]

« 海の歌 清白(伊良子清白) (初出形に近づくよう合成復元したもの) | トップページ | 海の聲山の聲 清白(伊良子清白) »