フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 冬が來たとて 伊良子清白 [やぶちゃん注:詩篇内時制を推理して年を限定してみた。] | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(17) 「駒形權現」(3) »

2019/05/01

太平百物語卷二 十九 狐人たがへして付し事

 

   ○十九 狐(きつね)人たがへして付(つき)し事

 京堀川に佛具屋宗兵衞(そうびやうへ[やぶちゃん注:ママ。])といふ人、有り。

 一日(あるひ)、召つかひの小者を、用の事ありて使(つかひ)にやられけるが、因幡藥師(いなばやくし)の門前を通りけるに、此小者、俄(にはか)に肩の上に物ある樣(やう)にて、殊(こと)なふ[やぶちゃん注:ママ。]、おもくなると覚へて[やぶちゃん注:ママ。]、宿に歸りけるが、其儘、裏の口にいでゝ、大きにわらふほどに、宗兵衞、あやしくおもひ、其ゆへをとへば、小者がいふやう、

「われは、因幡やくしのほとりに年月(としつき)住(すむ)者なりしが、昨日、藥師の藪の内に、心よく臥居(ふしゐ)たるを、おどろかしたる者、あり。其者を恨めしくおもふ折節、此小者、門前を通りしを、昨日おどせし小者と心得、其儘、取り付きたりしに、能(よく)々みれば、人違ひなり。それがおかしさに、わらふぞ。」

といふて、又、大きにわらひけるほどに、

「扨は。きつねの付きたるなり。」

とて、宗兵衞をはじめ、家内(かない)の人々、おそれながらも、おかしかりしが[やぶちゃん注:ママ。]、頓(やが)て有驗(うげん)の山伏を請(しやう)じ、右の次第をかたり、

「如何(いかゞ)せん。」

と申しければ、法印[やぶちゃん注:山伏のことをかく俗称した。]、やがて水晶の珠數(じゆず)、おつ取り、

「さらさら。」

と、おしもみいのられければ、小者、俄にくるしみて、

「やれ、免(ゆる)してたび候へ。もとより、此人に恨みなければ、明日(あす)は、はやく、歸るべし。こよひ一夜(ひとよ)を待(まち)玉へ。」

と、さめざめとかきくどき、わびければ、法印、大きにゐかり、

「汝、人をたがへて苦しむるのみならず、今宵の宿をかれが胎中(たいちう)にからんとは、甚だ、きつくわひ[やぶちゃん注:「奇怪(きくわい)」の誇張発言表記であろう。]、至極なり。只今そこを除(のか)ずんば、明王(みやうおう[やぶちゃん注:ママ。])の功力(くりき)にかけて、いのり殺さん。」

と、のゝしりければ、これにいよいよおそれをなし、

「然(しか)らば、只今、退(のき)申すなり。ゆるし玉へ。」

と、いふ、とおもへば、やがて表に走り出(いで)、戸口を、

「ぐはらり。」

と開くぞと見へし、其儘、小者は倒れしを、人々、助け、いざなひ入(いれ)、能(よく)、ふさしめ置(おき)ければ、翌(あけ)の日、終日(ひねもす)臥(ふし)けるが、暮方(くれかた)より本心となりて、其後(そののち)は何の災(わざはひ)もなかりしとぞ。

「まことに麁忽(そこつ)のきつね殿や。」

と、聞(きく)人、笑ひ合(あひ)けるとなん。

[やぶちゃん注:能狂言を見るような陽性の滑稽(小者にはとんだ災難なわけだが)怪談である。

「京堀川」この場合、後の「因幡藥師」との位置関係から、現在の京都府京都市中京区四坊堀川町(しぼうほりかわちょう)(グーグル・マップ・データ)の堀川通沿い附近と比定しておく。本能寺跡の南西直近。

「因幡藥師(いなばやくし)」現在の京都府京都市下京区烏丸(からすま)通松原上る因幡堂町(ちょう)の因幡薬師(グーグル・マップ・データ)。先の堀川町とは実測距離で一・三キロメートルほどである。因幡薬師は正式には福聚山平等寺(びょうどうじ)真言宗。本尊は薬師如来で、昨今は癌封じの寺として知られる。

「麁忽(そこつ)」思慮の不十分なこと。そそっかしくて不注意なこと。軽はずみで失礼なこと。「粗忽」「楚忽」とも書く。]

« 冬が來たとて 伊良子清白 [やぶちゃん注:詩篇内時制を推理して年を限定してみた。] | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(17) 「駒形權現」(3) »