フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 牧童 伊良子清白 (ハイネ訳詩/附・生田春月及び片岡俊彦訳) | トップページ | 和漢三才図会巻第三十九 鼠類 鼷(あまくちねずみ) (ハツカネズミの誤認) »

2019/05/04

太平百物語卷二 廿壱 孫兵衞が妾蛇になりし事

 

   ○廿壱 孫兵衞が妾(てかけ)蛇になりし事

 備前の國金山(かなやま)のほとりに、孫兵衞といふ百姓あり。弟(おとゝ)は播磨に住(すみ)て、獵を業(わざ)として居(ゐ)ける。彼(かの)孫兵衞は、家、富(とみ)さかへて、常にたのしかりしが、跡を嗣(つぐ)べき子なければ、行末、あぢきなくおもひくらしける。

 然るに、孫兵衞、かりそめに煩ひいだし、次第におもくなりて、心地死ぬべく覚へければ[やぶちゃん注:ママ。]、急ぎ播磨の弟が許(もと)へ、「かく」と告(つげ)やりしかば、弟は、取る物もとりあえず、いそぎ、備前に來たり、孫兵衞が病床に至れば、孫兵衞、いと嬉しげに眼(まなこ)をひらき、

「よくぞや、遠路を、はやく、參りたれ。我(われ)、病(やまひ)重ければ、本復(ほんぶく)せん事、おもひよらず、命(いのち)終らば、跡の營み、念比(ねんごろ)に、賴み參らするなり。元より、名跡(みやうせき)なければ、家財・田地等(とう)、ことごとく、御身に與(あたふ)るなれば、今よりしては、殺生(せつしやう)の業をやめて、わが屋敷に住(すみ)玉へ。又、これ成(なる)女は、とし比(ごろ)、われに仕へし馴染の者なれば、行末、見屆(みとゞけ)やり玉へ。」

と遺言して、程なく果(はて)ければ、弟、やがて、僧を招き、なくなく、死骸を㙒邊におくりけるを、此妾(しやう/てかけ)、限りなくかなしみ、共に㙒邊におくり行(ゆき)しが、彼(かの)孫兵衞がなきがらを土中に埋(うづ)み、僧、念比に囘向(ゑかう)ありて、皆々、歸らんとせしに、此妾(しやう)、孫兵衞をうづみし許(もと)に、

「つかつか。」

と行きて、塚の前を、三遍、

「くるくる。」

と廻りて、其儘、たふれ伏(ふし)けるが、たちまち、大き成蛇となりて、死(しゝ)たりける。

 人々、おどろき、

「こは、いかに。」

と、あはてけるが、此僧、つくづくみて、

「かゝる例(ためし)、なきにしもあらず、共に土中(どちう)に埋むべし。」

と。

 仰せに任せ、孫兵衞を埋みし傍(そば)に埋ませければ、此僧、此女が爲に、煩惱除災の法を行(おこな)ひ、念比に吊(とぶら)はれしに、此冢(つか)[やぶちゃん注:「塚」の異体字。]より、忽ち、木欒樹(もくげんじゆ)、おひ出(いで)たり。

「扨は。即座に佛果を得たるに疑ひなし。」

とて、此僧の奇瑞を、皆々、有り難くおもはれけるとかや。

 ふしぎなりし事ども也。

 

太平百物語卷之二終

[やぶちゃん注:「備前の國金山(かなやま)」現在の岡山県岡山市北区金山寺(かなやまじ)か(グーグル・マップ・データ)。本篇に登場する寺は固有寺名を示さないが、ここには古刹天台宗銘金山金山寺(きんざんじ/かなやまじ)がある(近世には銘金山観音寺遍照院とも呼ばれていた。本尊は千手観音)。

「播磨」現在の兵庫県南西部。

「木欒樹(もくげんじゆ)」ムクロジ目ムクロジ科モクゲンジ属モクゲンジ Koelreuteria paniculata。落葉高木。小学館「日本国語大辞典」によれば、「木槵子」「木患子」とも書き、本州西部の日本海側や朝鮮・中国に分布し、寺院に多く植えられる。高さ十メートルに達し、葉は奇数の羽状複葉で四~七対の小葉からなる。各小葉は長さ五~八センチメートルの卵形で、縁に二重の鋸歯がある。初夏、黄色い小さな四弁花が円錐状に集まって咲く。果実は袋状で、長さ約四センチメートル、初め紅色で、後に黒色に変わる。種子は黒色で堅く、数珠玉にする。和名は「ムクロジ」の漢名の「無患子」を誤用したもので、その字音に由来する。漢名は「欒樹」「木欒子」「欒華」。和名異名は「せんだんばのぼだいじゅ」「もくれんじ」「むくれにし」「むくれんじのき」「もくげんじゅ」「もくれんず」「もくらんじ」等。グーグル画像検索「Koelreuteria paniculataをリンクさせておく。]

« 牧童 伊良子清白 (ハイネ訳詩/附・生田春月及び片岡俊彦訳) | トップページ | 和漢三才図会巻第三十九 鼠類 鼷(あまくちねずみ) (ハツカネズミの誤認) »