フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(31) 「御靈ト石」(2) | トップページ | 葡萄の葉蔭 すゞしろのや(伊良子清白) »

2019/06/07

枝垂櫻 すゞしろのや(伊良子清白)

 

枝 垂 櫻

 

さても見事なおつゞら馬や、

海道百里の花盛。

 

七つ布團に曲碌すゑて、

ふとん張りして小性衆を乘せて。

 

小性衆の刀の朱塗のさやに、

しだれ櫻がしなだれかゝる。

 

靑貝摺の鐙の前に、

湖は漣八重霞。

 

霞漂ふ一夜の夢を、

蝶になりたや妓(よね)とねて。

 

葦にゆらるゝ月ならよかろ、

立つは白浪映るは柳。

 

小舟作りてお夏をのせて、

花の淸十郞に櫓を押さしよ。

 

裾は岩間の紫菫、

杉の林に富士さが見ゆる。

 

お城のご門で拜んだ山を、

くつわとりとり背にしよとは。

 

十里廿里に名の鳴る男、

伊達でくらそと思うてゐたに。

 

馬の口とり手綱を曳けば、

紙衣着るより肩身が狹い。

 

ざんざ松風ねざめのまゝを、

鷄も鳴かぬに別れて來たが。

 

千髮房々衣裳のこなし、

袖は振袖京染模樣。

 

染て悔しきあゐねずみ、

行燈暗かろ獨ねて。

 

覆ひかけたる長刀袋、

うす紫の笠袋。

 

光漂ふ蒔繪の長柄、

白い牡丹が二片三片。

 

影が映れば卯の花月毛、

湖は五色の唐錦。

 

箱根八里は狐が化かす、

殿さ急きやれけんざ笠。

 

關所こゆれば秋津の宮の、

森が見えますほのぼのと。

 

[やぶちゃん注:明治三三(一九〇〇)年二月二十日発行の『よしあし草』掲載。署名は「すゞしろのや」。「急き」はママ。

「つゞら馬」「葛籠馬」。江戸時代、背の両側に葛籠を附けた馬。

「曲碌」「曲彔」「曲祿」とも書く。椅子の一種。背凭れの笠木がカーブしているか、または背もたれとひじ掛けとがカーブした一本の棒で繋がっていることを特徴とする。「曲彔」という言葉は「曲彔木」の略で、「彔」は「木を斫(はつ)る」という意味で、「木材をはつってカーブをつくった椅子ということになる。現行でよく見かけるのは法会(ほうえ)の際などに僧が用いる脚の附いた椅子(背の倚り懸かる部分を半円形に曲げて脚をX字形に交差させたもの)であるが、背に鞍の上に附属させた花嫁御寮や荷を安定させるための座椅子様のものを指しているのであろう。

「妓(よね)」「娼(よね)」。ここは美人・美女の意。

「ざんざ」副詞。松風の音などを表わす一種のオノマトペイア。

「卯の花月毛」「卯の花」は実花ではなく「月毛」を修飾している。月毛は原毛色が栗毛又は栃栗毛の、見た目ではクリーム色から淡い黄白色の被毛の馬を指すが、ここはその中でも極めて「卯の花」のように白色に近い毛色の馬であることを指している。

「けんざ笠」不詳。「験者笠(げんざがさ)」と思って調べたが、そんな名の被り笠はない。識者の御教授を乞う。

「秋津の宮」私はここまでの道程から、「秋津」は日本列島を反転させたような(と私は勝手に幼少期より思っている)「芦ノ湖」で、その「宮」は「箱根神社」だと読んでいた。「關所こゆれば」との位置関係も合致するからであるが、困ったことに「芦ノ湖」を「秋津」と呼ぶ古名なく、「箱根神社」を「秋津の宮」と呼んだ古例もないのであった。さてさてここも識者の御教授を乞うものである。]

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(31) 「御靈ト石」(2) | トップページ | 葡萄の葉蔭 すゞしろのや(伊良子清白) »