フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之六 2 定家卿詠歌 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 シクチ (メナダ) »

2019/07/24

明恵上人夢記 80

 

80

一、十二月の夜、夢に又、馬、有り。嶮難を能く過ぎ、道を知りて、外(そと)より此の住房に來る。不具の人、此の馬好相の、かく道を知れるが故に、苦しみ有るべからずと思ふ。

[やぶちゃん注:これは直前の「79」を受けてこその「夢に又」であるから、承久二年十二月(同年旧暦十二月は既に六日でユリウス暦一二二一年一月一日、グレゴリオ暦換算で一月八日)のある夜の夢と採ってよい。なお、「此の馬好相」の「好相」は「此の馬」の左に小さく打たれてあると採った。底本では行が詰まっていて、次の「81」条の日付(「十二月三四日」の「三四」)の右に附されているようにも見えるが、日付にかく附すのはおかしいし、次の「81」の内容とも「好相」は合わないので、かく処理した。ここで注してしまうと、「好相」は「かうさう(こうそう)」或いは「がうさう(ごうそう)」と読み、「将来、良いことがあることを示す立派な姿」或いは「良い事のある前兆」又は「悟りが得られる兆し」を意味する。ここは――この馬がそのような瑞兆の相を具備している――という補注(訳では【 】で示した)であると私は採るのである。

「不具の人、此の馬の、かく道を知れるが故に、苦しみ有るべからずと思ふ」これは夢の中に「不具の人」が登場し、しかも以下のように思っているなどという意味に採ることは無理がある。明恵の今までの夢記述の筆記法ではそのような荒っぽい簡略や圧縮は殆んど見られない。であれば、この一文全体は謂わば、夢の中で明恵がその馬の来訪と様態を見ながら、観想した心内語と採るべきものと考える。それでこそ「79」夢に続いて正法(しょうぼう)が明恵に感得させた真理として腑に落ちるのである。而してその観想を思うなら、この「不具の人」とは狭義の身体の不自由な人ではあり得ず、まさに正法を未だ知ることが出来ずにいるはずの多くの衆生を指しているのであり、そうした衆生が――「此の馬の、かく道を知れる」のと同様に「苦しみ」を感ずることなしに、私とともに正法の世界へと導かれるのであるという正覚(しょうがく)を夢の中の明恵が感じていると読むべきものと私は思う。]

□やぶちゃん現代語訳

80

 承久二年十二月の或る夜、こんな夢を見た――

 前月二十日に見のと同じく、夢の中に、またしても、馬がいる。

 馬は、嶮(けわ)しく危い尾根を如何にも軽々と過(よ)ぎって――まさに正しき「道」を知って――この私のいる寺の外界より、この私の修行している住房へと、現にやって来ている、のである。

 その時、私は瞬時に、

『そうだ! 正法(しょうぼう)を未だ知らぬ人々も――この馬【如何にも瑞兆を示す好相を示している馬なのであった】が、かくも道を知ってやって来たように――何らの苦しみを怖れることなく――何らの苦しみを少しも感ずることなどなく――ここにともに「在る」ことが出来るのだ!』

と確かに思ったのである。

 

« 甲子夜話卷之六 2 定家卿詠歌 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 シクチ (メナダ) »