フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸国因果物語 巻之二 女の執心夫をくらふ事 | トップページ | 諸国因果物語 巻之三 目録・女の執心人に敵を討する事 »

2019/08/12

諸国因果物語 巻之二 妄語の罪によりて腕なへたる人の事 / 巻之二~了

 

     妄語(まうご)の罪によりて腕なへたる人の事

Eden

 これも同じく京西洞院三条邊(へん)の事也。

[やぶちゃん注:本篇は底本の「東京大学附属図書館霞亭文庫」の当該板行原本画像が、部分的に(百二十五頁百二十六頁)損壊しており、後半の三分の二(百二十六頁の左頁相当以降)も脱落して存在しない。そこで、それらの部分は「ゆまに書房」版を参考にして、今まで通りの仕儀で翻刻した(一部の漢字はここまでの前例に徴して略字を採用したものもある)。

「京西洞院三条」現在の京都市中京区姉西洞院町(グーグル・マップ・データ。以下同じ)の南直近が「三条通」。]

 坂口小兵衞といふ人あり。殊外(ことのほか)、手を好(すき)て、四十六、七まで、北向雲竹(きたむきうんちく)に通ひて、手跡(しゆせき)をはげみける人也。

[やぶちゃん注:「北向雲竹」(寛永九(一六三二)年~元禄一六(一七〇三)年)は江戸前期の書家。京都の生まれ。姓は林、名は観・正実。通称は八郎右衛門で、別号に渓翁・太虚庵・吸日窩。藤木敦直(あつなお)に大師流を学び、細楷(小さい楷書)に優れた。和歌・俳諧・篆刻にも巧みで、墨竹画も描き、松尾芭蕉に書法を授けたという。剃髪し、明誉了海と名乗った(以上は講談社「日本人名大辞典」に拠った)。]

 此近きあたりに、白﨑主膳(しろさきしゆぜん)とて、越後高田の浪人なりしが、今程は小児醫者(せうにいしや[やぶちゃん注:ママ。])を勤(つとめ)て、終に京都の住人となれり。此小兵衞が親とは、すこし所緣(ゆかり)につきて、小兵衞、いまだ千太郞といひし比、奉公に出せしよしみにて、今も猶、ちなみ深く、主從の間(あいだ[やぶちゃん注:ママ。])を忘るゝ事なく、時々、參りあひて、内外(ないげ)の事に付(つき)ても世話にしける。

[やぶちゃん注:「白﨑主膳」不詳。

「内外(ないげ)」ここは朝廷や貴人の家などに出入りすることを指していよう。]

 一年(ひとゝせ)、小河(こかわ[やぶちゃん注:ママ。])の「報恩寺殿圓光大師傳(ほうおんじどのゑんこうだいしでん[やぶちゃん注:ママ。])」をつくり、東武に捧(さゝげ)たてまつらんと思ひ立(たゝ)れけるにつゐて、本寺(ほんじ)たるにより、知恩院に申されしかば、此僧の心ざしを感じ、什物(じうもつ)として、數代(すだい)、文庫に隱されし正本(しやうほん)を借(か)し給ひぬ。報恩寺、これをもつて文章を和らげ、畫(ゑ)はみづから妙を得られしかば、丹靑をほどこし、淸書は宗門の法姪(ほうてつ)なるによりて、雲竹に賴み申さるゝに付(つき)て、雲竹、又、小兵衞をめしつれ、墨、摺(すり)、水をいるゝの役に賴み、草案の校考(かうかふ[やぶちゃん注:ママ。])など申付られし事あり。是によりて、小兵衞も、且は、淨土宗門のありがたき敎化(けうげ)を耳ちかく聞得るを悅び、且は、師匠の根機(こんき)を盡し、筆勢をたしなみて書(かゝ)れし淸書なれば、

『一行(くだり)といへども、是に過(すぎ)たる手本なし。』

と思ひしかば、右の草案を以て、少も違(たが)へず、寫し取(とり)て、是を我家(わがいゑ[やぶちゃん注:ママ。])の宝とおもひ、深く祕して、人にも見せず、もとより、かゝる物ありと語る事もなかりき。

[やぶちゃん注:「小河」京都市上京区小川通寺之内(てらのうちおがわ)下(さが)ル射場町(いばちょう)に浄土宗知恩院末寺の堯天山報恩寺がある。個人サイト「かげまるくん行状集記」の「報恩寺」が非常に詳しい。それによれば、明応三(一四九四)年に慶誉明泉によって開創され、もとは一条の御所の東北に位置してたが、天正一三(一五八五)年までに現在地に移転した。しかし、天明八(一七八八)年の「天明の大火」によって焼失し、本堂が再建されないまま、現在に至っている、とある。第十五代住職で画僧の明誉古磵(みょうよこかん 承応二(一六五三)年~享保二(一七一七)年)がおり、ウィキの「明誉古磵」によれば、『出生地や家系、世俗名などの出自は不明だが、大和郡山出身とする説がある』。『当時』、『浄土宗の僧侶になるには』、十五『歳でどこかの寺院に所属し』、『関東十八檀林での修学を始めるのが普通なため、このころに出家したと考えられる』。『所属は大和郡山の西岸寺とする意見もあるが』、「続緑山志目次」の記述から、『称名寺(奈良市)の可能性がある』。『増上寺で修行したとされ』、貞享元(一六八四)年、三十二歳の時、『敬神の証として自ら』、『大黒天を』一千『体描くことにした、というのが初めてわかる事績である』。一六八〇年代後半から二十年ほど、『京都で画僧として活動していた』らしい。『年次が確実な最も早い作品は』、貞享五(一六八八)年刊の「當麻曼荼羅白記撮要」(「当麻曼荼羅について」の必修概要)と「浄土十六祖伝」の『木版挿絵で、以後もしばしば浄土宗関係の版本の挿絵を手掛けている』。元禄一〇(一六九七)年、『知恩院で浄土宗祖法然が東山天皇から「円光大師」を追贈されたことを祝した記念式典が行われた際、古はこれを記録する「円光大師贈号絵詞伝」制作を任されており、既に画僧として名声を得ていたことを物語っている』とあり(太字下線は私が附した)、しかも彼の代表作である、その知恩院に現存する「円光大師贈号絵詞伝」(全三巻)は、撰文が湛澄(慶安四(一六五一)年~正徳二(一七一二)年:報恩寺住職。国文・和歌に精通し、証賢の「三部仮名鈔」を注解し、また法然の和歌を注釈して「空花和歌集」に纏めた)で、詞書はまさに北向雲竹が書いている。而して、本文に出現する、北向と小兵衛が知恩院秘蔵の法然の絵伝をもとに新作した「報恩寺殿圓光大師傳」なるものは、この絵伝の別名のようにさえ見えるのである。本作(宝永四(一七〇七)年江戸で開版)の話柄には今までのものでも、宝永の前の元禄年間(一六八八年~一七〇四年)を時制とするものが多く見られるから、鷺水が、この明誉古「円光大師贈号絵詞伝」の作画と北向雲竹と詞書執筆の事実を元にして本話を創作したことは間違いない

「東武」江戸幕府。

「法姪(ほうてつ)」「姪」は甥。宗門に連なる正統な僧の謂いであろう。]

 ある夜、与風(ふと)、かの主膳かたへ、見舞、四方山(よもやま)のはなしの序(ついで)、思ほす此事を語りいだせしかば、主膳も、ちか比の信心者にてありければ、

「その『繪傳』、一目おがませてくれよ。」

と、あながちに望(のぞま)れ、是非なく、取(とり)いだして見せけるより、彌(いよいよ)、信(しん)おこりて、

「後(のち)までの記念(かたみ)ともすべし、汝が手にて此通(このとほり)うつしてくれましや。」

との願ひ、默止(もだし)がたく、日を經て、淸書の功をつくし、主膳に遣(つかは)しけるを、主膳も淺からぬ事におもひ、さまざま、莊嚴(しやうごん)して持たるが、餘り有がたく覺えしにや、其年の六月中比にいたりて、卒中風(そつちうぶ)といふ物になやまされ、終に死(しゝ)けるが、その夜より、彼(かの)繪「師傳」も、いづくへか失(うせ)けん、かいくれて見えずなりぬ。

[やぶちゃん注:「莊嚴(しやうごん)」仏具を飾ること。ここはその小兵衛の新たに寫した「報恩寺殿円光大師伝」の装幀。

「餘り有がたく覺えしにや」浄土門では、基本、只管に専修念仏し、速やかに極楽往生することを最善最上とする。

「卒中風(そつちうぶ)」脳卒中。脳動脈等に生じた出血や血栓などの障害のために、突然、意識を失って倒れ、運動・言語などの障害が現われる脳出血・蜘蛛膜下出血・脳梗塞等に起因する疾患の総称。「そっちゅうふう」とも呼ぶ。]

 人々もふしぎの思ひをなし、

「定て亡者の惜(おし)み取て、冥途の土產(どさん)ともなし給ふなるべし。」

などゝいひおりける[やぶちゃん注:ママ。]。

 かくて百ケ日も過ぬと思ふころ、小兵衞は湯あがりの姿ながら、緣がわ[やぶちゃん注:ママ。]につい居て、暮かゝる空のほたる火、竹の葉がくれにひかめく景色など詠(なが)めつゝ、

     すみあらすやとは草葉の深けれは

     あつめぬまとにとふほたるかな

[やぶちゃん注:「ひかめく」ぴかぴかと光る。きらきら輝く。

「すみあらすやとは草葉の深けれはあつめぬまとにとふほたるかな」和歌なのでそのまま映した。整序すると、

 住み荒す宿は草葉の深ければ集めぬ窓に訪(と)ふ螢かな

であろう。「集めぬ窓」とは、人ひとり訪ねても来ぬ(「集めぬ」)この隠棲の棲み家(「窓」)の謂いである。]

「秋、すでに近し。」

などゝ口すさびながら、枕ひきよせて、ねぶるともなく、現(うつゝ)ともなき庭のまがきに、

『何さま、一國一城のあるじに家老職をも勤(つとむ)る人か。』

と見ゆる侍、しとやかに步みより、小兵衝が前にひざまづき、敬ひたる氣色にていふやふ[やぶちゃん注:ママ。]、

「我主人、貴殿に御賴みありたき由、仰らるゝ間、早速、御むかひに參りたり。」

と也。

 小兵衞[やぶちゃん注:ここから後は「霞亭文庫」版は完全欠損。]、はいもんして、起あがり[やぶちゃん注:「はいもん」は「拜問」物を尋ねたり、機嫌を窺ったりすることを遜って謂う語。]、

「それは、我らが事にては、有まじ。そも、いかなる御方よりぞ。」

と問(とふ)に、

「冥途より。」

と、答ふ。

 小兵衛、いよいよ恐れおどろき、

「我らは人間也。此まゝにて參らん事、おそれあり。猶、おさなき子、有[やぶちゃん注:「あり」]、老たる母、我(われ)、冥途にまいらば、誰(たれ)ありて、親をはごくみ、子をあはれまんや。何とぞ、御情(なさけ)に、今十年の命をのべて給(たまは)らんや。」

と、なみだを流して難くに、此使、きゝもいれず、

「冥官(めうくわん[やぶちゃん注:ママ。])の事、すでに極りては、二たび、私(わたくし)にゆるす事、あたはず。いざ、こなたへ。」

と、手を取て、引たつるとおもへば、

『早、我は死(しゝ)たり。』

と覚えて、妻や子の聲して、泣(なき)さけび、母のこゑとして、おめき給ふ音するを聞もかなしく、

『我は、かゝる御使(つかひ)に逢(あひ)て、たゞいま、冥途へ參るなり。今一ど、我すがた、見たまへかし。』

といふと思へども、かゝる亡者となりては、いふ詞(ことば)も聞しらぬにや、只、ひれふし、いだき付て、なく中に、手代どもが聲として、

「いまだむねの間、あたゝかなり。もし蘇生(よみがへり)給ふ事もあるまじきにあらねば、今、しばし、かくて留(とめ)おかばや。かゝる頓死(とんし)の人は、周章(あはて)て動さぬものにこそあれ。」

などゝいふをきくにも、

『哀(あはれ)、何と。そして、今一度、娑婆へ歸る事もがな。』

とぞ思ひみたるゝに、此侍、なさけなく引たて、

「急ぎ給へ。」

と、馬にうちのせたれば、飛ともなく、あゆむともなくて行ほどに、とある所に着たり。

 門がまへ、おひたゞ敷(しく)幡(はた)・鉾(ほこ)、日にかゝやき、玄關には武士ども、あまた居ならび、坪(へいち)・重門・白砂をまきて、ひとへに娑婆の奉行所に似たり。

[やぶちゃん注:「坪(へいち)」「平地」。平らな敷地。]

 かくて、小玄關より廣庇(ひろびさし)に出て、椽[やぶちゃん注:ママ。](ゑん)にかしこまり、庭(てい)上を見わたせば、公事(くじにん)などゝいひつべきもの、あまた、所せく、居ならび、首かせ・手かせなど打たるもの、大庭(おほには)につながれ、あはれなるこゑして、なきさけぶを見るに、たましゐを消(けし)つべし。

 漸(やゝ)ありて、おくより警蹕(けいひつ)のおと、閑(しづか)にして立いで給ふは、此屋形のあるじなるべし。

[やぶちゃん注:「警蹕(けいひつ)」貴人の通行に際して、声を立てて人々をかしこまらせ、先払いをすること。また、その声。「おお」「しし」「おし」「おしおし」などと言った。]

『哀(あはれ)、いかなる罪によりてか、我もあのごとく、手かせ・足かせの苦しみを請(うく)べき。もとより、願ひたる後生(ごしやう)もなし、つとめつる善根(こん)も覚ゑねば[やぶちゃん注:ママ。]、淨土のありかたき道に生(おふ)といふ草の葉にやどる露(つゆ)とだに、やどる事、難(かた)し。しかしながら、十惡といふとも、猶、誘引(いんせう[やぶちゃん注:ママ。])あるべくば、いまの一念といふとも、むなしからんや。』

と、念佛しける内にも、なを[やぶちゃん注:ママ。]、娑婆に殘せし妻子の事、忘れがたく、涙、しきりに落るを、

『もし、見とがめや仕(し)給はん。』

と、恥かしくて、与風(ふと)、見上たれば、此屋かたの主とおもふ人は、主膳どの也。

[やぶちゃん注:「十惡」「身」の三悪(正行(しょうぎょう))の殺生・偸盗・邪淫、「口」の四悪(正語)の妄語・綺語(綺麗事を言って誤魔化すこと)・両舌(二枚舌を使うこと)・悪口(あっく:他人の悪口を言うこと)、「意」の三悪(正思)の貪欲(とんよく)・瞋恚(しんい;すぐ怒ること)・愚癡(恨んだり妬んだりすること)を指す。

 常に好み給ひつる朱鞘(しゆざや)の大小に、茶小紋(ちやこもん)の上下[やぶちゃん注:「かみしも」。]着て、近習の小性(しやう)に大なる簞笥をかゝせ、立いでたまひ、小兵衞を見て、のたまひけるは、

「我、娑婆にて勤(つとめ)たる善もなし、又、債[やぶちゃん注:「つぐのふ」。「ゆまに書房」版は『つゝのふ』とルビする。]べき科(とが)もなし。但、老後にいたりて、いさゝか淨土宗門を信じ、佛寺を修覆し、藥をあたへて小兒の病をすくひし事、若干(そこばく)なりといへども、多く名聞(めうもん[やぶちゃん注:ママ。])の心をもつてなせし故に、佛果に遠く、成佛に踈(うと)し。去(さり)ながら、たはぶれにも名号を唱へ、淨土のいとなみをなせし功德(くどく)、むなしからずして、今、此所の冥府を預り、人間の命數・罪業の淺深を正(たゞ)して炎魔王宮(ゑんまわうぐう)へ祈(うつたふ)るの役人となれり。されば、我、此土(ど)にして此官を授(さづか)るには、達者の祐筆なくては、每日の文書、とゝのひがたき事也。我、つねに汝が手跡を愛し、汝の才智をしたふ。此ゆへに、今、汝をむかへて此所の祐筆をつとめさせんと思ふ也。是、見よ。」

と、簞笥より出し給ふる見るに、何をとはしらず、黑き事、漆(うるし)を摺(すり)たるごとくなる紙に、朱を以て書たる訴狀・文書、幾千ともなく詰(つめ)たり。

[やぶちゃん注:「ゆまに書房」版は「誥(つめ)たり」とするが、この漢字では意味が通らない(告げる・申し渡す・戒める)ので、「詰」とした。]

 又、いはく、

「報恩寺の作文ありし繪『師傳』、汝が書たる筆授(ひつじゆ)の功德(くどく)には、汝は生々の罪、ことごとく亡(ほろ)びぬ。されども、深く祕(ひ)して普(あまね)く人にほどこし拜(おがま)せざる事、纔(わづか)にのこる科(とが)となりて、死して、又、爰に生(しやう)ずべし。此所緣(ゆかり)によりて、呼(よび)むかへつる也。」

[やぶちゃん注: 「生々」は「しやうじやう(しょうじょう」で、生まれては死に、死んでまた生まれることを永遠に繰り返す輪廻転生のこと。輪廻を解脱しなければ、極楽往生は叶わない。]

と、語るに、小兵衞、身の毛たちて、悲しくも、恐しくもなりけるまゝに、あはてゝ申やう、

「某(それがし)、此ほど、右の手を痛み候ひしが、覺えもなきに、五つの指、痺(しびれ)、なへて、筆を握る事、かなはず、久しく手跡を絕(たち)候。」

と申しけるに、主膳殿、不興なる氣色(けしき)に見えて、

「何の者(もの)。早く歸せ。」

と、のたまひて、立たまふ、と見えしが、侍ども、小兵衞を引たて、

「哀(あはれ)、罪つくる人かな、妄語には舌をぬかるゝ責(せめ)もある物を。」

と、つぶやきつゝ、風のごとくに道をはしるとぞ思ひしに、踏(ふみ)はづして、大なる坎(あな)に落(おつ)ると見えしが、死して三日めのあかつき、蘇生けるが、是より、右の腕(かいな[やぶちゃん注:ママ。])、癰(なへ)しびれて、二たび、筆を持事、叶はずして、今にあり。

 此つみに恐れて、發心(ほつしん)の身とぞ成ける。

 元祿十五年の事也。

 

諸國因果物語卷之二

[やぶちゃん注:思うに、白﨑主膳が坂口小兵衛に描かせた絵「師伝」はどこへどうした? 主膳はそれをまさに言葉通り、冥途への手土産として閻魔大王に賄賂(まいない)として差し出して、うまうまと冥官の一人に就任したのではなかったのか?! などとツッコミを入れたくはなる。小兵衛より、絵「師伝」の正本を数代に亙って文庫に隠して出さなかった知恩院の僧たちこそ、地獄行きじゃあねえか?! などと思うのも私ならでは、か。

「何の者」なんと言う為体(ていたらく)じゃ!

「癰(なへ)しびれて」「癰」(音「ヨウ」)は皮膚・皮下に生ずる急性の化膿性皮膚炎(腫れ物)。癤(せつ)の集合型で、隣接する幾つかの毛包に黄色ブドウ球菌が感染して化膿たものであって項(うなじ)や背中に発症すことが多く、高熱や激痛を伴うものを指すから、ここで「萎(な)へる」に当てるのはおかしい。

「元祿十五年」一七〇二年。明誉古磵作画・北向雲竹詞書になる「円光大師贈号絵詞伝」の成立から五年後の設定である。鷺水は敢えて最後に年を示している。確信犯である。

 これを以って「諸国因果物語 巻之二」は終わっている。]

« 諸国因果物語 巻之二 女の執心夫をくらふ事 | トップページ | 諸国因果物語 巻之三 目録・女の執心人に敵を討する事 »