フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸国因果物語 巻之五 男の一念鬼の面に移る事 | トップページ | 小泉八雲 人形の墓 (田部隆次訳) »

2019/08/20

諸国因果物語 巻之五 正直の人虵の難をのかるゝ事

 

     正直の人虵の難をのかるゝ事

Hebi



 越後新潟といふ所に傳介といふ百姓あり。我すむ所より畑(はたけ)までは半道ありけるゆへ[やぶちゃん注:ママ。]、朝、とく、畑に出んとしては、先[やぶちゃん注:「まづ」。]、焼めしを、二つ三つほど、こしらへ、昼食のたくはへとし、ちいさき藁(わら)づとに入て、もちゆき、畠(はたけ)の畝(うね)にをきて[やぶちゃん注:ママ。]、常に田をも打、畠をも、つくりけり。

[やぶちゃん注:「半道」一里の半分で二キロメートル弱。]

 ある年の夏の事なりしに、いつもの如くして畠へ行、彼(かの)やきめしの入たる畚(ふご)を、かたはらなる木の枝にかけ置、農業をつとめ、漸(やゝ)日も昼にかたぶきけんとおもふ比(ころ)、かの畚をおろして昼食(ちうじき[やぶちゃん注:ママ。])せんとせしに、食物は、なし。

「こは、いかに。」

と、思ひめぐらすに、慥(たしか)に今朝(けさ)入たるに、まがひなくおぼゆれども、さあればとて、人のとりたるかとおもふ事も、なし。

[やぶちゃん注:「畚」ここは竹や藁などを編んで作った容れ物。]

 ふしぎながら、腹のすきたるを堪忍(かんにん)して、其日をつとめ、歸りぬ。

 又、明(あく)る日、おなじごとくに木の枝に掛たりしが、又、焼めしを失ひて、なし。

『合点の行(ゆか)ぬ事。』

と、おもひて、さまざまにためしけるに、二、三日のほど、おなじ木にかけて、ためし見るに、何ものゝ態(わざ)ともしれず、只、かいくれて、失(うせ)けるまゝ、口おしき事に思ひて、此たびは畚ばかりを木にかけ、焼めしは手ぬぐひにつゝみて、腰にさげ、農業をやめて、うかゞひしに、やうやう日もたけて、八ツ[やぶちゃん注:夏で百姓であるから、不定時法で午後二時半頃。]にやなりぬらんとおもふころ、腰のまはりの、ひやゝかになりたるやうにおぼへ[やぶちゃん注:ママ。]しかば、ふりかへりて見るに、三尺ばかりなる小虵(へび)の來りて、腰につけたるやきめしの手ぬぐひを、

「くるくる。」

と卷(まき)て、まん中ほどを、くいきりつゝ、かの食を、くらひける。

『にくいやつかな。扨は。此ものゝしわざなりけり。』

と、思ひしかば、鎌をひそかにぬき出して、まき付せながら、此虵を、

「ずたずた。」

に、切てすてたり。

『あら、心よや。けふよりして、又と焼めしは、とらるべからず。』

と、おもひて、畠をせゝり[やぶちゃん注:掘り起し。]、田の水をおとしなどして、いつもの夕ぐれになりければ、歸らんとせし所に、むかふより、見馴れざる女、のりものをかきて、こなたへ來りぬ。

 御こしもと・はした、それぞれの女中、あまたありて、おさへ[やぶちゃん注:護衛。]と見ゑ[やぶちゃん注:ママ。]つるは、四十ばかりの[やぶちゃん注:人数。異様に多い。]侍・若黨など、きらびやかにて、すゝみ來るを、

『あれは、何方(いづかた)へ行人ぞや。此道は聖つゞきにて、末は道もなき所なるに。いかなる事にや。』

と、おもふ内、傳介が傍ちかくなりける時、あとにすゝ見つる侍、ことばをかけ、

「その男なり。のがすな。」

と、いふは、とこそあれ、若黨ども、

「ばらばら。」

と、取まはし、傳介をくゝりあげ、のり物の前に引すゑける時、のり物の戶をあけて、顏さしいだしける人は、年のほど、廿ばかりかと見へし、氣高(けだか)き女房の、いろいろの小袖ひきつくろひたるが、脇息にもたれて、數珠(じゆず)をつまぐり、淚、おしのごひて、腰元をよび、の給ひしは、

「先、姬が行ゑを見とゞけ、死骸を取て、彼が首にかけさせて、御前(ぜん)に引べし。」

と也。

 傳介は、一圓(いちゑん)、おぼへなき事なれば、合点ゆかず、何を何とわきまへたる所もなくて、うつぶき居たるを、何やらん、

「しか。」

と、重き錦(にしき)のふくろを、傳介が首にかけさせ、又、引たてゝ行[やぶちゃん注:「ゆく」。]事、一里ばかりして、大きなる惣門の内へ入りぬ。

 やゝありて、おくより、三十ばかりと見ゆる男、玄關に立いて[やぶちゃん注:ママ。「立ちゐて」。]、傳介にいふやう、

「おのれ、此國に生れて、此所に、かゝる御かたありといふ事をしらずや。年ごろの無禮はともあれ、今日、我君の姬を殺せしは、何事ぞ。此つみ、もつとも輕(かろ)からされば、今、すでに天帝へ申、雷神をもつて、たゞいま、汝がかうべを、打くだくぞ。」

と、あらゝかにいひける時、傳介、ふりあふのき、

「我、つゐに人を損ずる事、なし。君、また、何人と、しらず。定(さだめ)て、人たがひに候ぞ。」

と、いふに、又、いはく、

「此ほど、汝がわづかなる食をおしみて、さまざまとねらひしは、いかに。」

と、とひけるにぞ、

『扨は。我、けふ殺しつる虵の事なるべし。』

と思ふに、彼(かの)首にかけたる袋より、小虵、いくらともなく、わき出て、傳介が手足、すき間なく、まきたてしとぞ見えしが、俄(にはか)に、空、かきくもりて、雷(かみなり)、おびたゞしく、いなづま、しきりに、雨は車軸を流し、傳介が上におほふ、と見えしに、傳介、大ごゑをあげ、のゝしりて、いふやう、

「それ、天道は、まことをもつて人をたすけ、神鳴、また、正直のかたへにやどり給はずや。我を飢(うへ[やぶちゃん注:ママ。])つかれさせ、おのが口をたすけんと、人の目をくらましける盗(ぬすみ)は、天、これを惡む所にて、謀計(ぼうけい)の罪、のがれがたし。それをたすけて、我を殺したまはゞ、神明、なにゝよりて、人の信あるべき。よし、殺さば殺し給へ。我、まことある神となりて、此むくひは、しらせ申さん。」

と、飛(とび)あがり、飛あがり、大にいかりて、空をにらみて立けるに、今まで、ましぐらに[やぶちゃん注:まっしぐらに。]鳴(なり)おほひし空も雷も、すこし遠ざかるやうに覚へしが[やぶちゃん注:ママ。]、

「はた。」

と、落(おち)し神鳴に、傳介も氣を失ひ、しばし、うつぶきて居たりし内、やうやうに、空、はれ、月のひかりも花やかにさし出しかば、いましめの繩も、ことごとく、引ちぎれ、身(み)の内、何の事なかりしまゝ、急ぎ、我宿に歸りぬ。

 明(あけ)の日、かの所に行(ゆき)て見るに、大なる蝮(うはばみ)、いくらともなく、頭(かしら)を雷(らい)に打くだかれ、そのほとり、七、八丁がほどは、血にそみてありしとぞ。

 

 

諸國因果物語卷之五

[やぶちゃん注:この伝介、ただの百姓とは思えない類い稀れなる智者である。これまでの暴悪姦計の人非人どもとの対照が際立つ。

「七、八丁」約七百六十四~八百七十三メートル。

 本話を以って「諸国因果物語」巻之五は終わっている。]

« 諸国因果物語 巻之五 男の一念鬼の面に移る事 | トップページ | 小泉八雲 人形の墓 (田部隆次訳) »