フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 天の河緣起  (大谷正信訳) その2 | トップページ | 小泉八雲 天の河緣起  (大谷正信訳) その4 / 「天の河緣起」~了 »

2019/09/30

小泉八雲 天の河緣起  (大谷正信訳) その3

 

[やぶちゃん注:本篇についての詳細は「小泉八雲 作品集「天の河緣起そのほか」始動/天の河緣起(大谷正信訳)(その1)」の私の冒頭注を参照されたい。歌の表示はブラウザの不具合を考えて底本のものを上に引き上げてある。]

 

 我が讀者諸君は七夕傳說を取扱つて居る、日本の古歌の次記の選擇を見て興味を感ぜらるる筈と思ふ。これ等は悉く『マンエフシウ』から採つたものである。『マンエフシウ』卽ち『萬の葉の集り』といふは八世紀の半ば前に作られた大歌集である。勅命に依つて編纂されたもので、九世紀の初めに完成された。その中にある歌の數は四千の上にのぼる。『長い歌』(ナガウタ)もあるが、大多數はタンカ卽ち三十一文字に限られて居る作品で、そして作者は廷臣か高官かであつた。つぎに飜譯する初めの十一の短歌は千百年以上も前に筑前の國の守(かみ)であつた山上憶良が作つたものであり、その作のうちの少からずが希臘詩選中のより立派な奇警詩(エピグラム)の或る物と比肩するに足るから、氏の歌人としての名聲は頗る當然のものであつた。その幼兒フルビが死んだ折に物しら、つきの歌は例證とするに足るであらう。――

 

 若ければ道行き知らじ賂(まひ)はせむ

    下(しも)べの使負ひてとほらせ

[やぶちゃん注:九〇五番。九〇四番の長歌の反歌。九〇四の詞書に、「男子(をのこ)の、名は古日(ふるひ)に戀ひたる歌三首【長一首短二首】」とある。自分の幼子「古日」の死を悼むものである。

 稚(わか)ければ道行き知らじ幣(まひ)は爲(せ)む黃泉(したへ)の使(つかひ)負(お)ひて通(とほ)らせ

「道」は死出の旅路、「幣」は贈り物・捧げ物。「通らせ」尊敬の命令形。「行かせてやって下さい」。]

 

 それよりも八百年前にサアデイス生れの希臘詩人デイオドオラス・ゾオナスはかう書いて居る、――

[やぶちゃん注:「サアデイス」「デイオドオラス・ゾオナス」原文“Diodorus Zonas of Sardis”。「Sardis」(サルディス又はサルデス)現代のトルコ共和国マニサ県サルトにかつてあった古代リュディア王国の首都。ここ(グーグル・マップ・データ)。

 以下は底本では全体が二字下げ。前後を一行空けた。]

 

この蘆の湖の水の上を、冥土指して死者の船を漕ぐなる汝ケエロンよ、キニラスの子が舷[やぶちゃん注:「ふなばた」。]の梯子を登る時、汝が手を伸ばして受け迎へよや。穿てる草履はかの子を滑らしむべく、また岸の砂を肌足にて踏まんことは恐るれば。

 

 然し、デイオドオラスのこの面白い奇警詩は――『キニラスの子』といふはアドニスに他(ほか)ならぬのだから――ただ、神話に感じて作つたのである。然るに憶良の歌は父が子に對する思慕の情を我我に言ひ現はして居るのである。

[やぶちゃん注:「冥途」原文は“Hades”。ハーデースはギリシア神話の冥府の神。冥界の代名詞ともなった。

「ケエロン」原文は“Charon”。「カローン」或いは「カロン」が一般的(この大谷の音写ではギリシア神話の半人半馬の怪物ケンタウロスの一人である「ケイロン」(Cheiron)と誤るのでよくない)。ギリシア神話に登場する神に準ずる存在で、冥界の河「ステュクス」(「憎悪」の意)或いはその支流「アケローン」(悲嘆)の渡し守で、「エレボス」(闇)と「ニュクス」(夜)の息子とされる。

「キニラス」原文は“Kinyras”。「キニュラース」或いは「キニュラス」(ラテン文字表記:Cinyras)は、ギリシア神話に登場するフェニキアの王。実の娘であるミュラーに思いを寄せられ、夜の闇によって相手が十二歳の娘だということを知らずに近親相姦を行ったが、やがて相手が娘だということを知ることとなる。娘との間にアドニスが生まれた。妻はケンクレイス(以上はウィキの「キニュラース」に拠る)。

「アドニス」原文は“Adonis”。ラテン文字表記は「Adōnis」。ギリシア神話に登場する美と愛の女神アプロディーテーに愛された美少年(神ではなく人間)。フェニキアの王キニュラースとその王女であるミュラーの息子。この名は後、美しい男性の代名詞としてしばしば用いられる。ウィキの「アドーニス」によれば、『アドーニスは狩りが好きで、毎日狩りに熱中していた。アプロディーテーは狩りは危険だから止めるようにといつも言っていたが、アドーニスはこれを聞き入れなかった。アドーニスが自分よりもアプロディーテーを選んだことが気に入らなかったペルセポネーは、アプロディーテーの恋人である軍神アレースに、「あなたの恋人は、あなたを差し置いて、たかが人間に夢中になっている」と告げ口をした。これに腹を立てたアレースは、アドーニスが狩りをしている最中、猪に化けて彼を殺してしまった』。『アプロディーテーはアドーニスの死を、大変に悲しんだ。やがてアドーニスの流した血から、アネモネの花が咲いたという』とある。]

 

 七夕の傳說は實に、支那から借りたものではあるが、讀者は次記の作に何等支那らしいところを見出されぬであらう。いづれも外國の感化を受けてゐない昔の古典的な歌のその最も純なるものを代表して居るもので、千二百年前の日本人の生活と思想との情態[やぶちゃん注:ママ。大谷の癖。]について、幾多の暗示を我我に提供するものである。如何なる近代の歐洲文學もまだ形を具ふるに至らざる前に、書かれたものであることを想へば、その後の幾世紀の星霜の間に日本の文語がどんなに少ししか變化して居ないか、誰れしも非常に驚く。少しばかりの廢語と發音の樣樣な一寸とした變化とを差引けば、今日の尋常な日本讀書人は、英國の讀書人がエリザベス朝の詩人を硏究するに覺ゆると殆んど同じ位に、餘り困難を感ぜずにその自國の詩神(ミユウズ)のかういふ初期の作物を味ふことが出來るのである。その上、萬葉集の作品の典雅と簡素の妙趣とは、役の日本歌人は終にこれを凌駕し得ず、しかもこれと竝馳することも減多に無かつたのである。

[やぶちゃん注:「エリザベス朝」イングランド王国のテューダー朝の内、特にエリザベスⅠ世の治世期間(一五五八年~一六〇三年)を指す。しばしば「イングランドの黄金期」と呼ばれる。但し、参照したウィキの「エリザベス朝」によれば、『文学の分野で「エリザベス朝」という言葉が使用される場合』は、その後のジェームズⅠ世(一六〇三年~一六二五年)及びチャールズⅠ世(一六二五年~一六四九年)の『在位期間を含めることが多い。エリザベス』Ⅰ『世の頃にはウィリアム・シェイクスピアが現れ、現在に残る戯曲の多くを残した。シェイクスピアはソネットなどにも大きな足跡を残した。クリストファー・マーロウなどによっても多くの詩文が残され、英文学の大きな財産となっている』とある。]

 自分が飜譯した四十幾つの短歌に就いて云へば、その主たる興味は、思ふに、その作者は人間性を我我に洩す處に在つて存する。タナバタツメは今なほ頭が下る程に愛情の深い日本の人妻(ひとづま)を我我に代表して居り、ヒコボシは我我には神の光りは一向に放たず、支那の倫理的習慣がその拘束を生活竝びに文學に加ふるに至らない前の、六世紀若しくは七世紀の一年若い日本の夫(をつと)のやうに思はれる。それからまた此等の歌は、彼等が自然美に對する早くからの感情を表白して居るので、我我には興味がある。その歌に我等は日本の風景と、四季とが高天の蒼野に移されて居るのを見る。――急流がありまた淺瀨があり、石の多い河床の中に突然湧き上つて淙淙[やぶちゃん注:「そうそう」。水が音を立てて淀みなく流れるさま。]の音を立てたり、秋風に靡く水草が岸に生えたりして居る天の川は鴨川だと言つでもよいぐらゐ、――其岸にたゆたふ霧は嵐山の霧そのものである。木の釘の上で動くたつた一挺の櫂で推し進めるヒコボシの船はまだ廢れては居ない。多くの田舍の渡船場で、風雨の夜はそれに乘つて渡つて、とタナバタツメが夫に願つたヒキフネ――綱で河の上を曳つ張つて渡す幅の廣い淺い船――を今なほ諸君は見得るのである。そして少女と人妻とは、氣持ちのいい秋の日には、タナバタツメがその戀人たる夫の爲めに機を織つた如くに、田舍村のその門口で今なほ坐つて機を織つて居るのである。

[やぶちゃん注:以下、一行空けで和歌紹介パートに入るので、ここでブレイクしておく。]

« 小泉八雲 天の河緣起  (大谷正信訳) その2 | トップページ | 小泉八雲 天の河緣起  (大谷正信訳) その4 / 「天の河緣起」~了 »