フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ラフカディオ・ハーン 支那怪談 始動 / 献辞・序・大鐘の霊(落合貞三郎訳) | トップページ | 三州奇談卷之一 吉崎の逃穴 »

2020/01/19

三州奇談卷之一 大日山の怪


[やぶちゃん注:以下、本底本(立国会図書館デジタルコレクションの日置謙校訂「三州奇談」(昭和八(一九三三)年石川県図書館協会刊)))では段落形成がなく、完全なベタ文なので、長いものはかなり読み難いことから、諸本を参考にしつつ、総てについて、独自に段落を成形することとし、直接話法箇所も改行することとした。各段落も現行の書式に従い、一字下げた。

    大日山の怪 

 爰(ここ)に云ふ、越の白根は知らぬ國無き名所、言續(いひつづ)けんは事古(ことふ)りたれど、彼(か)の「古今集」にも見えて、

  消はつる時しなければ越路なる

       しら山の名は雪にぞありける

となん。千古の眺望を盡して、今猶旅人の笠の端(は)だにさばかりに仰ぐなるを、一年(ひととせ)加州の太守松雲相公(しやううんしやうこう)の、

「此山の正面と云ふべきを𤲿(ゑ)に寫すべし」

と、𤲿工(ぐわこう)梅田何某(なにがし)にものせられしに、加越のかぎり普(あまね)く經(へ)めぐりて、終に加州小松の邊(ほとり)須天(すあま)といふ里のはづれを正面に究めて、圖(づ)し呈しけるを、公殊に御意に叶ひ、常の間の壁上(へきじやう)に懸けて愛翫なし給ふと聞きぬ。

 其地は白根のみか、北山の尾左の方に當りて大日山(だいにちさん)といふも見ゆ。是は富士に足高山(あしたかやま)のある如く、此山の左に匍(はひ)て彌々(いよいよ)白根の雄威を增す。抑(そも)大日山といふは、越の大德(だいとこ)泰澄大師の白山を開かんとして先(まづ)此山に宿ると、其邊(そのあたり)の土人の舌頭に殘り、大日山の絕頂には大きなる窟(いはや)あり。是泰澄の籠り給ふ跡にや。又半腹に池あり。夏天に雨乞をする時は、此池に鯖(さば)といふ魚を切りて投入るゝ時は、忽ち雨ふるといふ。地震に水潔(いさぎよ)く、麓はことに景するどからず、花草岩間に生じて人の目を慰むれば、人里遠しと雖、大聖寺・小松等の遊人、春花を追ひ又は秋禽を尋ねて、折には行通ふところなり。

 寬延[やぶちゃん注:一七四八年~一七五一年。徳川家重の治世。]某の年、新保屋(にひほや)何某二三人の友を催し、頃しも葉月[やぶちゃん注:旧暦八月。]の半過(なかばすぎ)、風未だ寒からず、日も亦强からねば、

「いざや此大日山に遊ばゞや」

と、破籠(わりご)[やぶちゃん注:檜の白木の薄板で作った食物の容器。内部に仕切りがあって被せ蓋(ぶた)をする。今の弁当箱。]樣(やう)の物に折節海邊の佳魚したゝか入れて、一僕に風呂敷の沈むまで荷はせて、「若(もし)暮(くれ)なば月かけて串の里の靑樓に宿らんよ」と、「朝風(ていふう)の吹井(ふきゐ)」と云ふ銘酒など汲交(くみかは)しつゝ立出でぬ。行々女郞花(をみなへし)に立ち、野草に座し、淸水を掬(きく)し、蜻蛉をたゝきなど、ざれもて行く程に、秋の日の未(ひつじ)の刻にも下(さが)りぬらん[やぶちゃん注:ここは昼飯がやや遅いものの「下り」とあるからには午後三時過ぎということになろうか。]、彼(かの)山もとに着きぬ。とある岩頭に辨當を下(おろ)し、靑氈(せいせん)[やぶちゃん注:青色の毛氈。]纔(わづか)に延べて、

「今日の獲物は非ㇾ熊(くまにあらず)、羆(ひぐま)に非ず、松茸・初茸(はつたけ)こそくしき[やぶちゃん注:「奇しき」。変わった珍味としての。]望(のぞみ)なれ」

と戲れながら、皆々木の根さがさんと岩陰、樹の間に分け入りて、暫くして立歸り見るに、彼の辨當を(おき)置たる所、更に何處(いづこ)と知れ難し。人々呼傳(よびつた)へて是を語る。皆々あきれて、

「是こそ一大事の物、普(あまね)く探せや」

と、數町[やぶちゃん注:一町は百九メートル。]の間あちこちと尋求めけれども、終に行方(ゆきかた)なし。彼の御室(みむろ)法師の兒(ちご)をさそへる興になさんとするにもあらず、

「慥に此松、岩が根」

と水の手寄(たより)も目角(めかど)有るに、ひたぶる其あともなし。人々あきれて邯鄲(かんたん)に步(あゆみ)を失ふ人々の如く、顏靑う見合はせて暫く詞もなし。

「猶未だ日(ひ)西山に高ければ、是を力に出でよや」

と、興も盡き力も拔けて、足弱車(あしよわぐるま)の下り坂に、途(みち)五六町[やぶちゃん注:五百四十六~六百五十四メートルほど。]も下りけるに、一僕餘りに打腹立(うちはらだち)て、

「我が置ける物なれば、只我のみの責のやうに覺えて、今一度探し見てん。獵人(かりうど)・木樵(きこり)などの業(わざ)ならんには、やわか生けてはおかじ」[やぶちゃん注:「やわか」は副詞「やわ」+係助詞「か」で、下に打消の推量の表現を伴って「よもや」の意。怒り心頭に発して「よもや生かしておいてなるものかッツ!」という罵りのニュアンスである。]

などいひて、人々の留(と)むるをも聞かず、二三町走り歸りけるが、怪しく空を見上げて暫く立ち、人々を招きけるに、

「何事ぞ」

といひいひ、皆々歸り來る。僕が指さす方をみれば、遙に[やぶちゃん注:「はるかに」。]水一筋を隔たる向ふの山の岨[やぶちゃん注:「そば」。崖。]、二丈[やぶちゃん注:約六メートル。]許(ばかり)なる古き松の枝の蓋(ふた)のごとくなる上に[やぶちゃん注:枝が広がってこんもりとし、あたかも蓋を覆ったようになったその上に。]、靑くひらめく物あり。能々(よくよく)みるに彼(か)は是(これ)毛氈なり。辨當も吹(ふき)まどはれて見えければ、

「さては猿などの所爲にこそ[やぶちゃん注:句点が欲しいところ。]惡(にく)き事なり。若(もし)猿などの居なばたゝき殺せよや」

と、人々脇差・棒など打振(うちふり)て、彼の松のもとへ、俠氣(けふき)に任せて茨(いばら)を飛び水を渡りてかけ行き、近く成(なる)まゝに是を見れば、彼辨當にまがふべくもあらねども、只手にすくひて松が枝に載せたるごとく、人のわざとは見えず、又寂として他の生類(しやうるい)の見えず[やぶちゃん注:別本では「生類も見えず」。]。其中に彼(かの)僕は松に攀登(よぢのぼ)りて、繩を付(つけ)て辨當をおろし、毛氈をかゝへて枝を飛下(とびお)る。皆々悅び、彼道を越(こえ)て元の地に戾り、さて開き見るに、風呂敷の包樣(つつみやう)・結び目も何の替ることなし。人々拾ひたる心地して、何の分別もなく食をくらひ酒を吞み、少し腹力(はらぢから)もつき、飢もやみたるまゝに、人々云合せて見るに、飯・煮染(にしめ)樣(やう)の物は有しかども、蟹・甲いかの類(たぐひ)を初め、都(すべ)て魚類の物一種もなし。蟹などは殊に多くしたゝめ入來れば、食ふともからの狼藉たるべきに、影もなし。思ひ𢌞(めぐら)す程、理(ことわり)の濟むべき物ならず。

「木の上に有し時も、只風などの吹きすゑしやうに居すわり、風呂敷も重(ぢゆう)も包樣(つつみやう)替らずして、たゞ魚物は消(きゆ)るごとくになかりしは、大日山と云へるにより、魚類を忌み給ふ地にこそ」

なんどいひいひ、歸る[やぶちゃん注:句点が欲しい。]興もつき、氣力もぬけて、道のよるべき遊興も心なしと、一(いつ)さんに我家に歸る。其後(そののち)も此一事のみ云出(いひいだ)しては不審はれず。

 或醫師の人に尋けるに、

「山𤢖[やぶちゃん注:読みを含めて後注参照。]蟹をおしむといふ事、書にも候へば、扨は山丈(やまをとこ)・野女(やまうば)の類(たぐひ)、魑魅魍魎の仕業(しわざ)にこそ」

と聞(きこ)へけるに、彌(いよいよ)心付て思ひめぐらせば、

「侠氣に任せて谷を渡り松をよぢたりしこと共(ども)、今思ひ出して身ふるはれ、毛孔(けあな)皆立ち、再び山に至らず。我のみか人にも異見することにぞ成(なり)ぬ」

と聞えける。

[やぶちゃん注:私は実は本篇を一度、電子化している。二〇一七年のお雛さまの日の『柴田宵曲 妖異博物館 「行廚喪失」』である。柴田は、かなり丁寧に本篇を本文で現代語訳している。それに私は国書刊行会本を参考に本篇を電子化してあるのであるが、今回は全くのゼロからやり直した。そちらの柴田の梗概も参照されたい。

「大日山」は福井県勝山市及び石川県加賀市と小松市に跨る標高千三百六十八メートルの山。嘗つては二十四キロメートル東方の白山と並ぶ修験道の山であったらしい。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「越のしらね」先条の白山のこと。

「消はつる時しなければ越路なる」「しら山の名は雪にぞありける」「古今和歌集」の「巻第九 羇旅歌」に載る凡河内躬恒の一首(四一四番)、

  越の國へまかりける時、白山(しらやま)を見て、よめる

 消えはつる時しなければこし路なるしら山の名は雪にぞありける

である。これは表の風雅な詩想とは別に一種の掛詞的遊戯、駄洒落でもあって、「越路(こしぢ)」は「來(こ)し」を、「雪」はその「來し」に対する「行き」を引き出すようになっているものであろう。

「加州の太守松雲相公」加賀藩の第四代藩主前田綱紀(寛永二〇(一六四三)年~享保九(一七二四)年)。法名は松雲院殿徳翁一斎大居士であり、彼は参議であったが、「相公」(しょうこう)は参議の唐名である。ウィキの「前田綱紀」によれば、『叔父徳川光圀や池田光政らと並んで、江戸時代前期の名君の一人として讃えられて』おり、また、『隣国の福井藩との争いである「白山争論」』(延暦寺の末寺となった加賀国白山寺白山本宮・越前国霊応山平泉寺・美濃国白山中宮長滝寺の三者は白山頂上本社の祭祀権を巡って永く争いを続けたが、寛文八(一六六八)年、白山麓は江戸幕府の公儀御料となり、霊応山平泉寺が白山頂上本社の祭祀権を獲得した)『に決着をつけた。また、母の冥福を祈って白山比咩神社に名刀「吉光」を奉納した(これは現在国宝となっている)』ともある。

「𤲿工梅田何某」個人名は判らぬが、梅田家は江戸前期から幕末にかけて加賀藩御用絵師を代々務めた狩野派の家系として知られるから、その中の一人であることは間違いない。

「小松の邊(ほとり)須天(すあま)といふ里」現在の石川県小松市須天町(グーグル・マップ・データ)。白山の北西正面に当たる。

「足高山」静岡県の富士山南麓にある愛鷹山(あしたかやま)(グーグル・マップ・データ)の古名。最高峰は標高千五百四メートルの越前岳であるが、狭義には南方にある千百八十七メートルの愛鷹山峰を指す。

「泰澄」(たいちょう 天武天皇一一(六八二)年~神護景雲元(七六七)年)は奈良時代の修験道の僧で当時の越前国の白山を開山したと伝えられ、「越(こし)の大徳」と称された。越前国麻生津(現在の福井市南部)で豪族三神安角(みかみのやすずみ)の次男として生まれ、十四歳で出家し、法澄と名乗った。近くの越智山に登って、十一面観音を念じて修行を積んだ。大宝二(七〇二)年、文武天皇から鎮護国家の法師に任ぜられ、豊原寺(越前国坂井郡(現在の福井県坂井市丸岡町豊原)にあった天台宗寺院。白山信仰の有力な拠点であったが、現存しない)を建立した。その後、養老元(七一七)年、越前国の白山に登り、妙理大菩薩を感得した。同年には白山信仰の本拠地の一つである平泉寺を建立した。養老三年からは越前国を離れ、各地にて仏教の布教活動を行ったが、養老六年、元正天皇の病気平癒を祈願し、その功により神融禅師(じんゆうぜんじ)の号を賜っている。天平九(七三七)年に流行した疱瘡を収束させた功により、孝謙仙洞の重祚で称徳天皇に即位の折り、正一位大僧正位を賜り、泰澄に改名したと伝えられる(以上はウィキの「泰澄」に拠った)。

「地震に水潔(いさぎよ)く」濁らないことであろう。

「大聖寺」石川県江沼郡にあった大聖寺町(だいしょうじまち)。錦城山に白山寺(廃仏毀釈により廃寺)末寺である白山五院の一つ大聖寺(同前)があったことに由来する。この付近(グーグル・マップ・データ。白山を含めて示した)。

「小松」現在の石川県小松市(グーグル・マップ・データ)の市街部。

「秋禽」秋の鳥の声。

「新保屋(にひほや)何某」不詳。

「月かけて」月を空に懸けてと洒落て言ったのであろう。

「串の里」現在の石川県小松市串町であろう(グーグル・マップ・データ)。

「靑樓」遊郭。

『「朝風(ていふう)の吹井(ふきゐ)」と云ふ銘酒』叙述から醸造元の銘柄と考えた。「朝風に」なら、朝の風に吹かれながら「吹井」という銘酒を景気づけに飲み交わして、でよかろうが。

「羆(ひぐま)」無論、食肉目クマ科クマ亜科クマ属ヒグマ亜種エゾヒグマ Ursus arctos yesoensisは北海道、当時の蝦夷にしかいないが、毛皮としてはかなり古くからその存在が知られてはいた。おどけて言ったわけである。

「初茸」菌界ディカリア亜界 Dikarya担子菌門ハラタケ亜門ハラタケ綱ベニタケ目ベニタケ科チチタケ属ハツタケ Lactarius hatsudake。本邦では非常に古くから食用とされてきた。

「木の根」の辺りを松茸・初茸あらのんかと「さがさんと」。

「呼傳(よびつた)へて是を語る」全員へ戻る前にそれを大声で伝えた。帰ってくる途中で、消えた弁当を探して貰うためである。

「御室(みむろ)法師の兒(ちご)をさそへる興になさんとするにもあらず」「御室(みむろ)法師」仁和寺の僧のこと。男色が黙認され、修行僧らの生活は堕落していた。ここは、「徒然草」の鼎を被ったかの話をまさに連想・想起させながら、滑稽、即ち、誰かが面白がって悪戯でわざとどこかへ弁当を隠したというわけでは、勿論、ない、という謂いであろう。既に未の刻で、全員、腹が減っているわけであるから、そのようなことであれば、まともに吊し上げを食らうことになる。

『「慥に此松、岩が根」と水の手寄(たより)も目角(めかど)有るに』確かに――弁当を置いた場所は――この松の――その形の岩の下――川の流れは――そう、この方角――と、概ね誰もがはっきりと正確な視認位置記憶をしているのにも関わらず、という意味であろう。「目角」は鋭く対象を観察して見切る能力のことである。

「ひたぶる」全く以って完全に。

「邯鄲(かんたん)に步を失ふ」「盧生の夢」の如き気持ちになること。説明するのも阿呆臭い。私はその話のフリークだからだ。私の『芥川龍之介 黃粱夢 附 藪野直史注 / 附 原典 沈既濟「枕中記」全評釈 / 附 同原典沈既濟「枕中記」藪野直史翻案「枕の中」 他』(サイト版)を読まれたい。ブログ版だってあるぜ。ただね、言っとくが――膨大だよ。

「足弱車(あしよわぐるま)」原義は車輪が堅固でない車であるが、ここはこの足弱連中の換喩。「下り坂」で膝ががくがくと笑いがちになって処置なしというのであろう。

「辨當も吹(ふき)まどはれて見えければ」引っかかっている青い毛氈は風でちらちらと時々少し舞い捲れているのだが、そこに、おりおり、載った弁当の片影も風に吹かれつつちらちらと垣間見えたので。

「居なば」「をりなば」であろう。国書刊行会本では『居(をら)ば』となっている。

「俠氣」義侠心。しかし、ここは食い物を猿に(と既に限定的に思い込んでいる)隠されたことへの腹立ちに発した、ただの粗野な性質(たち)のこと。

「水」小さな谷川の流れ。

「拾ひたる心地」あたかも拾い物をして得をしたかのような錯覚に陥って。

「蟹」ロケーションから季節的にはちょっと早いが、海産の甲殻亜門軟甲(エビ)綱十脚(エビ)目抱卵(エビ)亜目短尾(カニ)下目ケセンガニ科ズワイガニ属ズワイガニ Chionoecetes opilio と考えてよかろう。別に沿岸性のカニ類でもよいが、その蟹があれば、そこでは「食ふともから」(輩)」が先を争って食おうとして、「狼藉」紛々「たる」惨状となる「べき」ものであるとすれば、ズイワイガニしか私には考えられない(但し、これは一般論としてである。私は残念ながらズワイガニを美味いと思わない人間である)。

「甲いか」軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属スミイカ Sepia esculenta であろう。

「理(ことわり)の濟むべき物ならず」論理的に納得出来るような事態ではない。

「大日山と云へるにより、魚類を忌み給ふ地にこそ」この山を大日如来に関係づけ、仏教の生臭もの、動物の殺生を忌むという風に連想したもの。

「山𤢖」田山花袋・柳田国男編校訂「近世奇談全集」(明治三六(一九〇三)年博文館刊)ではこれに『やまざる』と振るのであるが、どうも気が進まない(少なくとも柳田國男はこんな読みは振らないと断言出来る)。それは直後にこの医師が人型怪奇生物である「山丈・野女」や「魑魅魍魎」を続けて、あたかもこの「山𤢖」と並列するように挙げているからである。しかしてそう考えると私はこれは断然、「やまわろ」或いは「やまをとこ」又は音で「さんさう(さんそう)」と読むべきだと考えるのである。「想山著聞奇集 卷の貮 山𤢖(やまをとこ)が事」を参照されたいが、「山𤢖」とは本来は中国に伝わる伝説上の生物或いは妖怪の名で、「山蕭」「山臊」とも書かれ、中国の古書「神異経」には、西方の深い山の中に住んでおり、身長は約一丈余り、エビやカニを捕らえて焼いて食べ、爆竹などの大きな音を嫌うとある。また、これを害した者は病気に罹るという。本邦の「やまわろ」という語は「山の子供」という意味で「山童」(やまわろ)と同じ意味であり、同一の存在であると見られていた。私の「和漢三才圖會 卷第四十 寓類 恠類」の「山𤢖(やまわろ)」も参照されたい。

「山丈(やまをとこ)」やはり私の「和漢三才圖會 卷第四十 寓類 恠類」の「山丈山姑(やまをとこやまうば)」を参照されたい。

「野女(やまうば)」やはり私の「和漢三才圖會 卷第四十 寓類 恠類」の「野女(やまうば)」を参照されたい。]

« ラフカディオ・ハーン 支那怪談 始動 / 献辞・序・大鐘の霊(落合貞三郎訳) | トップページ | 三州奇談卷之一 吉崎の逃穴 »