フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 第一書房昭和一二(一九三七)年二月刊「家庭版小泉八雲全集」第五巻 田部隆次氏「あとがき」 | トップページ | 譚海 卷之三 御讓位の節の事 »

2020/01/15

大和本草卷之十三 魚之下 鰊(かど) (ニシン)

【和品】

靑魚 鰮ニ似テ大ナリ長一尺餘味鰮ニ似テマサレリ冬

 春多クトル總州常州奥州殊津輕蝦夷等ノ海ニ多

 シ朝鮮ヨリモ來ル故筑紫ノ方言髙麗鰮ト云東醫

 寳鑑ニ此魚ヲ記ス其形狀カドニ能合ヘリ昔年朝鮮

 人ニ或人カドノ魚ヲタツ子シニ靑魚ト云ヘリ又一名ヲ

 ニシント云其子乾タルヲ俗ニカズノ子ト云世俗コレ

 ヲ年始及婚嫁ニ用ユ四五日水ニ浸シ水ヲカヘテ醬

 油煎酒ニ浸シ食フ或酒糟味醬ニツケテ食ス〇案

 本草所謂靑魚与此別ナリ

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

靑魚(かど) 鰮(いはし)に似て、大なり。長さ一尺餘り。味、鰮に似て、まされり。冬・春、多くとる。總州・常州・奥州、殊に津輕・蝦夷等の海に多し。朝鮮よりも來たる。故、筑紫の方言に「髙麗鰮(〔こうらい〕いはし)」と云ふ。「東醫寳鑑」に此の魚を記す。其の形狀、「かど」に能く合けり。昔年、朝鮮人に、或る人、「かどの魚」をたづねしに、「靑魚」と云へり。又、一名を「にしん」と云ふ。其の子、乾(ほし)たるを、俗に「かずの子」と云ふ。世俗、これを年始及び婚嫁〔(こんか)〕に用ゆ。四、五日、水に浸し、水をかへて、醬油・煎酒(いり〔ざけ〕)に浸し、食ふ。或いは、酒の糟〔(かす)〕・味醬〔(みそ)〕につけて食す。

〇案ずるに、「本草」に所謂、「靑魚」〔は〕此れと別なり。

[やぶちゃん注:条鰭綱ニシン目ニシン科ニシン属ニシン Clupea pallasii益軒は「かど」という異名をその形状由来として納得している。私も生態のとんがった頭部や、身欠きニシンのかっちかちのそれから「角」を連想して無批判に納得しそうなったが、改めて調べてみると、どうも違うようである。国立国会図書館「レファレンス協同データベース」の『山形では、「にしん」のことを「かど」と言うらしいが、由来を知りたい』という質問に対する回答に、『新庄市HP中、かど焼き大会の項目に、「東北地方では、産卵のために押し寄せるニシンを門口で獲れたことからカドと呼ぶようになった」とあり、由来にも触れられてい』るとあったので探すと、確かに「新庄市」公式サイト内の「新庄カド焼きまつり」に、『カドとは、「鰊(ニシン)」のこと。東北地方では、産卵のために押し寄せるニシンが門口で獲れたことからカドと呼ぶようになったと言われ、春の産卵期に北方の海に現れることから「春告魚(はるつげうお)」とも呼ばれ』、『新庄は、豪雪地帯のため、冬期間は鮮魚の入手が困難で』あったことから、『雪解けと共に入荷するカドを焼いて酒を酌み交わし、春の到来を喜び』合ったとあり、現在でも『新庄の春の風物詩になってい』るとある。習性に加えて春の祝祭的由来は名称として説得力がある。因みに、ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のニシンのページの「地方名・市場名」の欄では「カズノコ(数の子)」という名称についても、『卵巣を「数の子」としたのは、秋田でニシンを「カド」といい、その「子」で「かどの子」が訛って「かずのこ」になった。これに「数の子」と漢字を当てた』とある。また「漢字・語源」の欄には、『「鰊」という漢字は「東の魚」』(東日本で捕れる魚)『から』で、別字「鯡」は『魚に「非(あらず)」、というのは歴史的に面白』く、『江戸時代に米のとれない松前藩が』、米の『代わりにニシンを年貢として徴集した』ことに由来するという説が掲げられてあり(この松前藩云々は他でも書かれてあるが、正説かどうかは私は留保したい)、また『「二身」という』表記も『あり、これは内蔵を取り去り』、二『つ割りにする。その身を「にしん」であるとした』と記されてある。

「髙麗鰮(〔こうらい〕いはし)」この呼称は今も残る。他に「えびすにしん」「ちょうせんにしん」の異名もあるようである。

「東醫寳鑑」(とういほうかん/トンイボガム)は李氏朝鮮時代の医書。全二十三編二十五巻から成る。御医(王の主治医)であった許浚(きょしゅん)著。ウィキの「東医宝鑑」によれば、一六一三年に『刊行され、朝鮮第一の医書として評価が高く、中国・日本を含めて広く流布した』とある。

『朝鮮人に、或る人、「かどの魚」をたづねしに、「靑魚」と云へり』ウィキのハングルで書かれた「ニシン」を見ると、確かに漢字で「靑魚」とあった。因みに、中国語ウィキのニシン類には「鯡」が一般的に使用されているのが判る。「鯡」は中国に元からあった漢字ではあるものの、原義は「魚のはららご(卵巣)」で、これは恐らくは日本からの逆輸入的使用(というより、本邦ではカズノコを食すようになった際に「ニシン」に漢語「鯡」を当てた(国字化した)と考えてよいようにも思われる。中国では魚卵は嘗ては一般的に好まれる(身体によい)食材ではなかったと私は聞いている)による一致なのではないかとも私は考えている。

「味醬〔(みそ)〕」古くは味噌をこのようにも表記した。]

« 第一書房昭和一二(一九三七)年二月刊「家庭版小泉八雲全集」第五巻 田部隆次氏「あとがき」 | トップページ | 譚海 卷之三 御讓位の節の事 »