フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 三州奇談卷之二 釜谷の桃花 | トップページ | 甲子夜話卷之六 6 いちめ笠の說 »

2020/02/04

大和本草卷之十三 魚之下 鯖(さば)

 

鯖 鯖ノ字順和名ニアヲサハト訓ス此魚牙小ナリ故サ

 ハト云サハハ小也能登丹後ノ産ヲ佳品トス脯トナシテ

 遠キニ寄一双ヲ合テ挾ム故ニサハト云漁人其色ヲ

 ウルハシクセントテイハシノ油ヲヌル叓アリヨク洗去ヘシサシ

 サハ油膩ノ物ナリ病人ニ不好皮ヲ去テ可食凡魚鳥

 ノ皮難消化且生痰不可食又有膩処可去之〇

 生肉漁人爲醢又其背腸ヲ醢トス味佳夏秋漁人

 夜コレヲツル漁火千萬海上ニツラナレリ見ル人目ヲ

 驚カス伊勢物語ノ哥ニ晴ル夜ノ星カサハヘノ螢カ

[やぶちゃん注:「サハヘ」はママ。]

 モ我スム里ノ海人ノタク火カトヨメルカコトシ今案本

 草ニ靑魚アリ竹魚アリ靑魚ハ背正靑色トイヘリ竹

 魚ハ骨刺多ク色如竹色鱗下間以朱㸃味如鱖

 魚トイヘルハ是亦サハニヨク合ヘリサハヽ此二物ノ内ナル

 ヘシ〇生サハヽ補虚瘡瘍金瘡中滿食滯アル人不可

 食乾テ油アルハ食氣ヲ滯ラス病人不佳

○やぶちゃんの書き下し文

鯖(さば) 「鯖」の字、順が「和名」に「あをさば」と訓ず。此の魚、牙、小なり。故、「さば」と云ふ。「さ」は「小」なり。能登・丹後の産を佳品とす。脯〔(ほじし)〕となして遠きに寄す。一双を合せて挾む。故に「さば」と云ふ。漁人、其の色をうるはしくせんとて「いはし」の油をぬる叓〔(こと)〕あり。よく洗ひ去るべし。「さしさば」、油膩(〔ゆう〕に)の物なり。病人に好からず。皮を去りて食ふべし。凡そ魚鳥の皮、消化し難く、且つ、痰を生ず。食ふべからず。又、膩〔(あぶら)〕有る処、之れを去るべし。

〇生肉、漁人、醢(ひしほ)と爲し、又、其の背腸(せわた)を醢(ひしほ)とす。味、佳(よ)し。夏秋、漁人、夜、これをつる。漁火千萬、海上につらなれり。見る人、目を驚かす。「伊勢物語」の哥に、

 晴〔(はる)〕る夜の星かさはへの螢かも

    我がすむ里の海人(あま)のたく火か

とよめるがごとし。

今、案ずるに、「本草」に「靑魚」あり、「竹魚」あり。『靑魚は、背、正靑色』といへり。『竹魚は、骨、刺(はり)多く、色、竹色の如し。鱗の下の間、朱を以つて㸃ず。味、「鱖魚」の如し』といへるは、是れ亦、「さば」によく合へり。「さば」は此の二物の内なるべし。

〇生さばは虚を補す。瘡瘍〔(さうやう)〕・金瘡〔(きんさう)〕・中滿・食滯ある人、食ふべからず。乾(ほ)して油あるは食氣を滯らす。病人に佳からず。

[やぶちゃん注:本邦では単に「さば」と呼ぶ場合は、スズキ目サバ科サバサバ亜科属マサバ Scomber japonicus、或いはサバ属ゴマサバ Scomber australasicus を指す。

『順が「和名」に「あをさば」と訓ず』源順(したごう)の「和名類聚鈔」の「巻十九」の「鱗介部第三十 龍魚類第二百三十六」に、

   *

鯖 崔禹錫(さいうしやく)が「食經(しよくけい)」に云く、『鯖【音「靑」。和名「阿乎佐波(あをさば)」。】味、鹹、毒、無し。口、尖り、背、蒼き者なり』と。

   *

とある。

『此の魚、牙、小なり。故、「さは」と云ふ。「さ」は「小」なり』実際、歯が小さく、「小歯(さば)」や「狭歯(さば)」を有力な語源の一つとはする。

「脯」干物。

『一双を合せて挾む。故に「さは」と云ふ』後に出る「さしさば」で「刺し鯖」のこと。鯖の鱗と内臓を除去し、背開きにしたものを塩漬けにして串に刺したものを言う。二尾を重ねて頭の所に串を刺す。江戸時代の西日本では、お盆の際に欠かせないものの一つであったとされる。これは恐らく、これを生き物の雌雄の合体に擬え、繁栄の祝意を言祝ぐもので、「生魂(いきみたま)」の贈物の一例と考えられる。これも二尾を「狭」(せば)くおくので、その転訛説とするのも有力な語源の一つである。

「いはし」本邦で「いわし」と呼んだ場合は、ニシン上目ニシン目ニシン亜目ニシン科ニシン亜科マイワシ属マイワシ Sardinops melanostictus・ニシン科ウルメイワシ亜科ウルメイワシ属ウルメイワシ Etrumeus teres・ニシン亜目カタクチイワシ科カタクチイワシ亜科カタクチイワシ属カタクチイワシ Engraulis japonicus の三種を指す。

「油膩」極めて脂っこいこと。

「醢(ひしほ)」塩蔵品・塩辛。

『「伊勢物語」の哥に……』「さはへ」は「かはへ」(かはべ・河邊)が正しい。「伊勢物語」の第八十七段(通称「布引(ぬのびき)の瀧」)の中の一首。全文を示す。

   *

 むかし、男、津の國莵原(むばら)の郡蘆屋の里にしるよしして、行きて住みけり。むかしの歌に、

 蘆の屋の灘(なだ)の鹽燒きいとまなみ

   黃楊(つげ)の小櫛(をぐし)もささず來にけり

とよみけるぞ、この里をよみける。ここをなむ「蘆屋の灘」とはいひける。この男、なま宮仕へしければ、それを賴りにて、衞府(ゑう)佐(すけ)ども集り來にけり。この男の兄(このかみ)も衞府の督(かみ)なりけり。その家の前の海のほとりに遊びありきて、

「いざ、この山の上(かみ)にありといふ布引の瀧、見にのぼらむ。」

と言ひて、のぼりて見るに、その瀧、ものよりことなり。長さ二十丈、廣さ五丈ばかりなる石のおもて、白絹(しらぎぬ)に岩を包めらむやうになむありける。さる瀧の上(かみ)に、藁座(わらうだ)の大きさして、さしいでたる石り。その石のうへに走りかかる水は、小柑子(せうかうじ)・栗の大きさにて、こぼれ落つ。そこなる人に、みな、瀧の歌よます。かの衞府の督、まづよむ。

 わが世をば今日か明日かと待つかひの

   淚の瀧といづれ高けむ

あるじ、次によむ。

 ぬき亂る人こそあるらし白玉の

   まなくも散るか袖のせばきに

とよめりければ、かたへの人、笑ふことにやありけむ、この歌にめでて止みにけり。

 歸り來る道遠くて、うせにし宮内卿もちよしが家の前來るに、日暮れぬ。宿りの方を見やれば、海人(あま)の漁火(いさりび)多く見ゆるに、かのあるじの男、よむ。

 晴るる夜の星か河邊の螢かも

   わが住むかたの海人のたく火か

とよみて、家に歸り來(き)ぬ。

 その夜、南の風吹きて、浪いと高し。

 つとめて、その家のめのこども出でて、浮き海松(みる)の波によせられたる拾ひて、家のうちに持(も)て來ぬ。女方(をむながた)より、その海松を高坏(たかつき)にもりて、柏(かしは)をおほひていだしたる、柏に書けり。

 わたつみのかざしにさすといはふ藻も

  君がためには惜(を)しまざりけり

田舍人の歌にては、あまれりや、たらずや。

   *

注は附さない。ネットを検索すれば解説や現代語訳はごろごろある。

『「本草」に「靑魚」あり、「竹魚」あり……』二種は「本草綱目」の「巻四十四 鱗之三」の部に並んで出るが、「靑魚」は「生江湖間」とし、「竹魚」も「出桂林湘灕諸江中、狀如青魚大」と、孰れも淡水魚の記載としか読めず、現代中国でも「靑魚」は条鰭綱骨鰾上目コイ目コイ科クセノキプリス亜科 Oxygastrinae アオウオ属アオウオ Mylopharyngodon piceus に、「竹魚」はコイラベオ亜 Labeoninae の一種に比定されているものと思われ(例えば中文サイトのこちらを見られたい)、『「さば」によく合へり。「さば」は此の二物の内なるべし』という益軒の孰れかをサバとする同定(根拠は背の色と尖った骨という貧弱なもの)は完全な誤りである。

「鱖魚」スズキ亜目 Percichthyidae 科ケツギョ属ケツギョ Siniperca chuatsi であるが、これも(実は姿は見るからに海産魚っぽいのだが)中国の北方系淡水魚の一種である(中国大陸東部沿岸の黒竜江省(アムール川)から広東省にかけての各水系に分布するが、華南よりも華北に多い)。「大和本草卷之十三 魚之上 鱖魚 (サケ)」の私の冒頭注を見られたい。

「中滿」不詳。下に続いて中くらいの体格での謂いか。

「食滯」暴飲・暴食や消化が悪い物を摂ったことなどにより脾胃に負担がかかっている状態を指す。]

« 三州奇談卷之二 釜谷の桃花 | トップページ | 甲子夜話卷之六 6 いちめ笠の說 »