フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 夕の海 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) おもひ出 »

2020/03/19

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 森の追懷

 

  森 の 追 懷

 

落ち行く夏の日綠の葉かげ洩(も)れて

森路(もりぢ)に布(し)きたる村濃(むらご)の染分衣(そめわけぎぬ)、

凉風(すゞかぜ)わたれば夢ともゆらぐ波を

胸這(は)うおもひの影かと眺め入りて、

靜夜(しづかよ)光明(ひかり)を戀ふ子が淸歡(よろこび)をぞ、

身は今、木下(こした)の百合花(ゆりばな)あまき息(いき)に

醉(ゑ)ひつつ、古事(ふるごと)繪卷(ゑまき)に慰みたる

一日(ひとひ)のやはらぎ深きに思ひ知るよ。

 

遠音(とほね)の柴笛(しばぶえ)ひびきは低(ひく)かるとも

鋤(すき)負ふまめ人(ひと)又なき快樂(けらく)と云ふ。

似たりな、追懷(おもひで)、小(ちい)さき姿ながら、

沈める心に白羽の光うかべ、

葉隱れひそみてささなく杜鵑の

春花(はるばな)羅綾(うすもの)褪(あ)せたる袖を卷(ま)ける

胸毛(むなげ)のぬくみをあこがれ歌ふ如く、

よろこび幽かに無間(むげん)の調(しら)べ誘ふ。

 

野梅(やばい)の葩(はなびら)溶(と)きたる淸き彩(あや)の

罪なき望みに雀躍(こおど)り、木の間縫(ぬ)ひて

摘(つ)む花多きを各自(かたみ)に誇(ほこ)りあひし

昔を思へば、十年(とゝせ)の今新たに

失敗(やぶれ)の跡(あと)なく、痛恨(いたみ)の深創(ふかきず)なく、

黑金諸輪(くろがねもろわ)の運命路(さだめぢ)遠くはなれ、

乳(ち)よりも甘かる幻透き浮き來て、

この森綠(みどり)の搖籃(ゆりご)に甦(よみが)へりぬ。

 

胸なる小甕(をがめ)は『いのち』を盛(も)るにたえで、

つめたき悲哀の塚邊(ついべ)に缺(か)くるとても、

底なる滴(しづく)に尊とき香り殘す

不滅の追懷(おもひで)まばゆく輝やきなば、

何の日靈魂(たましひ)終焉(をはり)の朽(くち)あらむや。

鳴け杜鵑よ、この世に春と靈の

きえざる心を君我れ歌ひ行かば、

歎きにかへりて人をぞ淨(きよ)めうべし。

  (癸卯十二月十四日稿。森は鄕校のうしろ。
  この年の春まだ淺き頃、漂浪の子病を負ふ
  て故山にかへり、藥餌漸く怠たれる夏の日、
  ひとり幾度か杖を曳きてその森にさまよひ、
  往時の追懷に寂寥の胸を慰めけむ。極月炬
  燵の樂寢、思ひ起しては惆帳に堪へず、乃
  ちこの歌あり。)

 

   *

 

  森 の 追 懷

 

落ち行く夏の日綠の葉かげ洩れて

森路に布きたる村濃(むらご)の染分衣(そめわけぎぬ)、

凉風(すゞかぜ)わたれば夢ともゆらぐ波を

胸這うおもひの影かと眺め入りて、

靜夜(しづかよ)光明(ひかり)を戀ふ子が淸歡(よろこび)をぞ、

身は今、木下(こした)の百合花(ゆりばな)あまき息に

醉ひつつ、古事(ふるごと)繪卷に慰みたる

一日(ひとひ)のやはらぎ深きに思ひ知るよ。

 

遠音の柴笛ひびきは低かるとも

鋤負ふまめ人(ひと)又なき快樂(けらく)と云ふ。

似たりな、追懷(おもひで)、小さき姿ながら、

沈める心に白羽の光うかべ、

葉隱れひそみてささなく杜鵑の

春花(はるばな)羅綾(うすもの)褪せたる袖を卷ける

胸毛のぬくみをあこがれ歌ふ如く、

よろこび幽かに無間(むげん)の調べ誘ふ。

 

野梅(やばい)の葩(はなびら)溶きたる淸き彩の

罪なき望みに雀躍(こおど)り、木の間縫ひて

摘む花多きを各自(かたみ)に誇りあひし

昔を思へば、十年(とゝせ)の今新たに

失敗(やぶれ)の跡なく、痛恨(いたみ)の深創(ふかきず)なく、

黑金諸輪(くろがねもろわ)の運命路(さだめぢ)遠くはなれ、

乳(ち)よりも甘かる幻透き浮き來て、

この森綠の搖籃(ゆりご)に甦へりぬ。

 

胸なる小甕(をがめ)は『いのち』を盛るにたえで、

つめたき悲哀の塚邊(ついべ)に缺くるとても、

底なる滴に尊とき香り殘す

不滅の追懷(おもひで)まばゆく輝やきなば、

何の日靈魂(たましひ)終焉(をはり)の朽(くち)あらむや。

鳴け杜鵑よ、この世に春と靈の

きえざる心を君我れ歌ひ行かば、

歎きにかへりて人をぞ淨めうべし。

  (癸卯十二月十四日稿。森は鄕校のうしろ。
  この年の春まだ淺き頃、漂浪の子病を負ふ
  て故山にかへり、藥餌漸く怠たれる夏の日、
  ひとり幾度か杖を曳きてその森にさまよひ、
  往時の追懷に寂寥の胸を慰めけむ。極月炬
  燵の樂寢、思ひ起しては惆帳に堪へず、乃
  ちこの歌あり。)

[やぶちゃん注:第二連最終行は「この森」(もり)「綠(みどり)の搖籃(ゆりご)に甦(よみが)へりぬ。」であって「みどり」は「綠」のみのルビである。後書はブラウザの不具合を考えて、早めに改行した。

「村濃(むらご)」染め方の一つで、わざと斑(むら)をつけて染めたもの。同色でところどころに濃淡をつけて染め、用いる色によって「紺斑濃」・「紫斑濃」などと称する。

「柴笛(しばぶえ)」樫・椎・椿など厚手の葉の若葉を口に当てて吹きならすこと。

「まめ人(ひと)」懸命に働く人。

「杜鵑」「ほととぎす」。

「塚邊(ついべ)」特異な読みである。筑摩版全集もママ。しかし、初出(『明星』三七(一九〇四)年一月号)は「つかべ」である。さすれば、誤植の可能性が大きいか。但し、「築(つ)く」という四段動詞の「築(つ)き(たる)辺(へ)」(墓を築いたその辺り)の音変化の可能性も絶対にないとは言えぬかも知れぬ。なお、初出の同詩は「国文学研究資料館 電子資料館」の「近代書誌・近代画像データベース」のこちらで読める。

「尊とき」私は「たつとき」と読みたくなる人間である。

「鄕校」「きやうこう」。村里の学校。初出では前書で、『(森は鄕校の後にあり。これ我幼うしてこゝに物學びしける頃、夏每に友を集へて杜鵑の歌流るゝ木かげに遊戲したる所。)』と述べていることから、渋民尋常小学校を指していると考えてよかろう。

「この年の春まだ淺き頃、漂浪の子病を負ふて故山にかへり」「この年」とは「癸卯」(みづのえう)の明治三六(一九〇三)年。前年十月に盛岡中学校を退学した後、同月十月三十一日に文学で身を立てんとして上京するも、窮乏の中、身体を悪くし、明治三十六年一月二十六日、父一禎が迎えに来て、生まれ育った渋民の宝徳寺に帰郷し、年内は養生の日々であった(翌年三月まで。但し、「藥餌漸く怠たれる夏の日」とあるように明治三十六年の夏には恢復に向かっていたことが判る)。

「極月」十二月。読みは「ごくげつ」か「ごくづき」であろう。

「惆帳」「ちうちやう(ちゅうちょう)」は恨み嘆くこと。

「乃ち」「すなはち」。]

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 夕の海 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) おもひ出 »