フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 三州奇談卷之四 妖女奉仕 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 暮鐘 »

2020/03/30

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 曉鐘

 

          曉  鐘

 

蓮座(れんざ)の雲渦(くもうづ)光の門(かど)に靉(ひ)くや、

萬朶(ばんだ)の葩(はなびら)黎明(あさけ)の笑(ゑみ)にゆらぎ、

くれなゐ波なす櫻の瑞花蔭(みづはなかげ)、

下枝(しづえ)の夢吹く黃金の風に乘りて

ひびくよ、曉鐘(げふしやう)、──無縫(むほう)の天領綸(あまひれ)ふり

雲輦(うんれん)音なく軋(きし)らす曙(あけ)の神が

むらさき紐(ひも)ある左手(ゆんで)の愛の鈴(すゞ)の

餘韻(なごり)か、──朗(ほが)らに高薰(かうくん)亂(みだ)し走る。

 

見よ今、五音(ごいん)の整調(せいちやう)流れ流れ

光の白彩(しらあや)しづかに園に撒(ま)けば、

(淨化(じやうげ)の使命(しめい)に勇みて、春の神も

袖をや搖(ゆ)りけめ、)綾雲(あやぐも)融(と)くる如く、

淡色(あはいろ)熖(ほのほ)と枝每かぜに燃(も)えて、

散る花繚亂(りやうらん)滿地(まんち)に錦(にしき)延(の)べぬ。

            (甲辰三月十七日)

 

   *

 

            曉  鐘

 

蓮座の雲渦光の門に靉くや、

萬朶の葩黎明の笑にゆらぎ、

くれなゐ波なす櫻の瑞花蔭、

下枝の夢吹く黃金の風に乘りて

ひびくよ、曉鐘、──無縫の天領綸ふり

雲輦音なく軋らす曙の神が

むらさき紐ある左手の愛の鈴の

餘韻か、──朗らに高薰亂し走る。

 

見よ今、五音の整調流れ流れ

光の白彩しづかに園に撒けば、

(淨化の使命に勇みて、春の神も

袖をや搖りけめ、)綾雲融くる如く、

淡色熖と枝每かぜに燃えて、

散る花繚亂滿地に錦延べぬ。

            (甲辰三月十七日)

[やぶちゃん注:丸括弧の部分を際立たせるため、今回は後掲ではルビを総て除去してみた。初出は明治三七(一九〇四)年四月号『明星』で、総表題「鐘の歌」で本「曉鐘」以下、続く「暮鐘」・「夜の鐘」の三篇が載り、それらは「国文学研究資料館 電子資料館」の「近代書誌・近代画像データベース」のこちらから読むことが出来る。

「天領綸(あまひれ)ふり」暁の天空に白雲が棚引くのを天女の羽衣が翻るのに隠喩したもの。

「雲輦(うんれん)」同じくそこの雲の塊りを天の神の乗り物として人が担ぐ天子の車「輦」に隠喩したもの。

「五音(ごいん)」もとは中国の音楽で使われる音階名。「五声」(ごせい)とも呼ぶ。「宮(きゅう)」・「商(しょう)」・「角(かく)」・「徴(ち)」・「羽(う)」の五つ。音の高低によって並べると、五音音階が出来る。西洋音楽の階名で「宮」を「ド」とすると、「商」は「レ」、「角」は「ミ」、「徴」は「ソ」、「羽」は「ラ」に相当する。]

« 三州奇談卷之四 妖女奉仕 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 暮鐘 »