フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 鹿 三 引鹿の群 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 孤境 »

2020/03/21

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) いのちの舟

 

[やぶちゃん注:本篇は底本初版本(「早稲田大学図書館古典籍総合データベース」のHTML版3132)に従い、通常位置よりも全体を二字下げで示した。]

 

    い の ち の 舟

 

  大海中(おほわだなか)の詩(し)の眞珠(しんじゆ)

  浮藻(うきも)の底にさぐらむと、

  風信草(ふうしんさう)の花かほる

  我家(わぎへ)の岸をとめて漕ぐ

  海幸舟(うみさちぶね)の眞帆の如、

  いのちの小舟(をぶね)かろやかに、

  愛の帆章(ほじるし)額(ぬか)に彫(ゑ)り、

  鳴る靑潮(あをじほ)に乘り出でぬ。

 

  遠海面(とほうなづら)に陽炎(かげろう)の

  夕彩(ゆふあや)はゆる夢の宮、

  夏花雲(なつばなぐも)と立つを見て、

  そこに、秘(ひ)めたる天(あめ)の路(みち)

  ひらきもやする門(かど)あると、

  貢(みつぎ)する珠(たま)、歌(うた)の珠(たま)、

  のせつつ行けば、波の穗と

  よろこび深く胸を撼(ゆ)る。

 

  悲哀(かなしみ)の世の黑潮(くろじほ)に

  はてなく浮ぶ椰子(やし)の實(み)の

  むなしき殼(から)と人云(い)へど、

  岸こそ知らね、死(し)の疾風(はやち)

  い捲(ま)き起らぬうたの海、

  光の窓に凭(よ)る神の

  瑪瑙(めのう)の盞(さら)の覆(かへ)らざる

  うまし小舟を我は漕ぐかな。

           (甲辰一月十二日夜)

 

   *

 

    い の ち の 舟

 

  大海中(おほわだなか)の詩の眞珠

  浮藻の底にさぐらむと、

  風信草の花かほる

  我家(わぎへ)の岸をとめて漕ぐ

  海幸舟(うみさちぶね)の眞帆の如、

  いのちの小舟(をぶね)かろやかに、

  愛の帆章額(ぬか)に彫り、

  鳴る靑潮(あをじほ)に乘り出でぬ。

 

  遠海面(とほうなづら)に陽炎の

  夕彩(ゆふあや)はゆる夢の宮、

  夏花雲(なつばなぐも)と立つを見て、

  そこに、秘めたる天(あめ)の路(みち)

  ひらきもやする門(かど)あると、

  貢する珠、歌の珠、

  のせつつ行けば、波の穗と

  よろこび深く胸を撼(ゆ)る。

 

  悲哀(かなしみ)の世の黑潮(くろじほ)に

  はてなく浮ぶ椰子の實の

  むなしき殼と人云へど、

  岸こそ知らね、死の疾風(はやち)

  い捲き起らぬうたの海、

  光の窓に凭(よ)る神の

  瑪瑙の盞(さら)の覆(かへ)らざる

  うまし小舟を我は漕ぐかな。

           (甲辰一月十二日夜)

[やぶちゃん注:初出は『明星』明治三七(一九〇四)年二月号で、初出の同詩は「国文学研究資料館 電子資料館」の「近代書誌・近代画像データベース」のこちらから画像で見ることが出来る

「風信草(ふうしんさう)」単子葉植物綱キジカクシ目キジカクシ科ツルボ亜科ヒアシンス連 Hyacinthinae 亜連ヒアシンス属ヒアシンス Hyacinthus orientalis の本邦での異名。「風信子」「夜行蘭」「風見草」などとも呼ぶ。地中海沿岸・北アフリカ原産。日本には幕末の文久三(一八六三)年に、既に品種改良が盛んに行われていたオランダから入ってきた。オランダ語「hyacinth」(カタカナ音写:ヒアスィント)に日本人が漢字を当てたものである。「風信」というのは音の類似転写だけでなく、香りが非常に強いことをも意味に添えたものであろう。

「夏花雲(なつばなぐも)」夏の夕日に映える豊かな雲の言い換えであろう。

「撼(ゆ)る」震撼の熟語で判る通り、「撼」は「動かす・揺るがす・揺らぐ・揺れ動く」の意がある。

「い捲(ま)き」の「い」は強意の接頭語。

「甲辰一月十二日夜」「甲辰」(きのえたつ)は明治三七(一九〇四)年。まさにこの直近の一月八日、堀合節子と語り合い、将来を約束しており、この二日後の一月十四日に堀合家からの婚約同意を受けている。たまさかの至福の愛の思いの詩篇ととれる。]

« 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 鹿 三 引鹿の群 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 孤境 »