フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 始動 / 序(上田敏)・沈める鐘⦅序詩⦆ | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 白羽の鵠舩 »

2020/03/17

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 杜に立ちて

 

  杜に立ちて

秋去り、秋來る時劫(じごふ)の刻(きざ)みうけて

五百秋(いほあき)朽(く)ちたる老杉(おいすぎ)、その眞洞(まほら)に

黃金(こがね)の皷(つゝみ)のたばしる音傳へて、

今日(けふ)また木の間を過ぐるか、こがらし姬。

運命(うんめい)せまくも惱みの黑霧(くろぎり)落ち

陰靈(ゐんりやう)いのちの痛みに唸(うめ)く如く、

梢(こずゑ)を搖(ゆ)りては遠(とほ)のき、また寄せくる

無間(むげん)の潮(うしほ)に漂ふ落葉の聲。

 

ああ今、來りて抱けよ、戀知る人。

流轉(るてん)の大浪(おほなみ)すぎ行く虛(うつろ)の路、

そよげる木(こ)の葉(は)ぞ幽(かす)かに落ちてむせぶ。──

驕樂(けふらく)かくこそ沈まめ。──見よ、綠(みどり)の

薰風(くんぷう)いづこへ吹きしか。 胸燃えたる

束(つか)の間(ま)、げにこれたふとき愛の榮光(さかえ)。

           (癸卯十一月上旬) 

 

   *

 

  杜に立ちて

秋去り、秋來る時劫(じごふ)の刻みうけて

五百秋(いほあき)朽ちたる老杉(おいすぎ)、その眞洞(まほら)に

黃金(こがね)の皷(つゝみ)のたばしる音傳へて、

今日また木の間を過ぐるか、こがらし姬。

運命せまくも惱みの黑霧落ち

陰靈(ゐんりやう)いのちの痛みに唸く如く、

梢を搖(ゆ)りては遠のき、また寄せくる

無間(むげん)の潮(うしほ)に漂ふ落葉の聲。

 

ああ今、來りて抱けよ、戀知る人。

流轉の大浪すぎ行く虛(うつろ)の路、

そよげる木の葉ぞ幽かに落ちてむせぶ。──

驕樂かくこそ沈まめ。──見よ、綠の

薰風いづこへ吹きしか。 胸燃えたる

束の間、げにこれたふとき愛の榮光(さかえ)。

           (癸卯十一月上旬)

[やぶちゃん注:「皷(つゝみ)」ママ。筑摩版全集もママ。後述する『明星』初出形では正しく「つゞみ」となっている。

「陰靈(ゐんりやう)」ママ。同前。歴史的仮名遣は「ゐん」ではなく、「いん」である。後述する『明星』初出形では正しく「いん」となっている。

「薰風(くんぷう)いづこへ吹きしか。 胸燃えたる」の句点後の字空けはママ。全集は詰める。後述する『明星』初出形でも詰まっている。

「癸卯十一月上旬」「癸卯」(みづのえう)は明治三六(一九〇三)年。全集年譜(岩城之徳編)によれば、前年の上京で知遇を得ていた與謝野鉄幹の厚意で石川白蘋(はくひん)のペン・ネームで『明星』に短歌を発表していたが(明治三十五年十月号初回)、この明治三十六年十一月一日『発行の「明星」卯歳第十一号に石川白蘋を新詩社同人とする旨が発表され』、『啄木はこの月初旬より詩作に没頭、「愁調」と題する五篇の長詩を得て、これを啄木の書名で鉄幹の許に送』り、十二月一日発行の『明星』にこの『五篇が載り』、『新詩社内外の注目を集める』とある。而してその「愁調」五篇とは「一――杜に立ちて」・「二――白羽の鵠船」・「三――啄木鳥」・「四――隱居」・「五――人に送れる」であって、改稿されたものが、本詩集に本篇から順に五篇とも収録されてある(「五――人に送れる」は「人に捧ぐ」改題されている)。初出の同詩は「国文学研究資料館 電子資料館」の「近代書誌・近代画像データベース」のこちらで読めるが、校合しても、表記上の違いがあるだけで、有意な改変は行われていないので、初出形は示さない。

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 始動 / 序(上田敏)・沈める鐘⦅序詩⦆ | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 白羽の鵠舩 »