フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 猪 三 猪の禍ひ | トップページ | 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 猪 四 猪垣の事 »

2020/03/08

三州奇談卷之三 夜行逢ㇾ怪

    夜行逢ㇾ怪

 奧村家の士山下平太が僕(しもべ)に孫兵衞と云ふ者あり。力量人に越え、心飽く迄剛强にて、爭論を好み、市中祭禮のちまたなどにて傍若無人を働けども、人多く渠(かれ)が無賴を知りて避け遁るゝ故に、無法の事共多し。主人常々是を制すれども、更に用ひざりき。

[やぶちゃん注:表題は「夜行して怪に逢ふ」と訓じておく。

「奥村家」人持組頭(加賀八家)の中には、尾張前田家代々の譜代の臣の家系で奥村永福(ながとみ)を祖とする奥村河内守家(奥村宗家・末森城代一万七千石)と、その永福の次男易英(やすひで)を祖とする奥村内膳家(奥村分家・留守居役・一万二千石)がある。ここでは単に「奥村家」と言っているから前者であろう。そうだとすると、「元文年中」(一七三六年~一七四一年)とあるので、同宗家第八代当主で加賀藩年寄であった奥村修古(しゅうこ 享保八(一七二三)年~寛延三(一七五〇)年)となる。奥村宗家直系内での養子で、数え十五で当主となるが、享年二十八で若死にしている。自分の家士山下の下僕の巷間での傍若無人の振舞の激しきを、山下厳命して律しきれなかったのは若いせいと考えると腑には落ちる。

「山下平太」不詳。]

 或時、深更に小立野(こだつの)天神坂を通りしに、一陣の腥さき風起り、黑衣の法師長七尺許なるが忽然と出來(いできた)る。

[やぶちゃん注:「七尺」二メートル越え。]

 孫兵衞不敵者なれば、有合ふ礫(つぶて)を取りて打付けゝるに、彼(かの)法師走り寄りて

「むづ」

と組み、上になり下になり、組合ひしが、法師力勝れて總身(そうみ)鐵石の如し。

 孫兵衞次第に身魂困れ、

『いかゞせん』

と思へども、腰刀も帶せず既に危かりしが、咽(のど)と覺しき所少し和らか成るにぞ、したゝかに喰付(くひつ)きける。

 妖怪喰はれて少しひるむ所を捕(とらへ)て押(おさ)へ、「曲者(くせもの)を組留めたり」と呼ばんとすれども、更に聲出ず。

 とかくする内に、法師は刎返(はねかへ)して逃失せぬ。

 孫兵衞も絕氣せしが、やうやう起出で、水など吞みて主家には歸りぬ。よく働しと見えて、偏身血に染(そ)み、毛髮一筋もなし。其後一生あたまの毛生ざりし故、奉公もやめ、惡行も堅く愼み、鉢卷して門渡(かどわた)りせしが、今も猶存命なり。彼法師に出合ひしは元文年中の事なり。

[やぶちゃん注:「小立野天神坂」現在の金沢市小立野地区の北西南端に通ずる坂(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。

「腥さき風起り」底本は「腥」が「醒」であるが、これは流石に誤植と断じ、国書刊行会本で特異的に訂した。

「門渡り」何らかの門付け芸の大道芸のようにも見えるが、単に「鉢卷して」としか言っていないのは、一種の「何でも屋」のような、藩内の巷間を渡り歩いて、力仕事・雑用諸事一切請負のような仕事のように私には読めるし、その方が腑に落ちる。]

 又寶曆二年九月十四日夜、猪口平藏といふ人、長町今枝氏の下屋敷の外にて、大きなる女の首に逢ひたり。

「にこにこ」

と笑ひて行過ぬとなり。

[やぶちゃん注:グレゴリオ暦一七五二年十月二十日。

「猪口平藏」不詳。

「長町」金沢市長町。地図で判る通り、往時の武家屋敷町であった。

「今枝氏」加賀藩では人持組に家老で今枝内記(民部)家一万四千石がある。]

 雨後の月輝き、木のは露きらめきし中より、雷光震動して首の大(おほい)さ六七尺許[やぶちゃん注:一・八~二メートル余り。]、

 又矢島主馬と云ふ人、岡田氏の前を通るに、堀の上に六尺許なる女の首ありし。重(かさね)て提灯をともして立戾りけるに、消えてなしと云ふ。

[やぶちゃん注:「矢島主馬」不詳。藩士には矢島姓は複数いる。

「岡田氏」不詳。単に姓だけを突然示しており、これ以前にも出ない。相応な格上の藩士のように思われる。岡田姓はかなり多い。]

 或士堂形前(だうがたまへ)にて、夜中女の首六尺許なると行逢ひしに、是は雷光もなく寂として聲なし。行違ひざまに息をはき懸けしが、其跡黃ばみて心地なやみけるに、不破玄澄(ふはげんちよう)と云ふ醫者に療治を乞ひしが、益氣湯(えききたう)を用ひて直りしと云ふ。

[やぶちゃん注:「堂形前」金沢市広坂のこの付近「金沢市」公式サイトのこちらに、「堂形前」『加賀藩初期、京都の三十三間堂の「通し矢」を模した練習場があり、これを堂形と呼んだ。のち、そこに米倉が建てられた』とある。また、観光発信ブログ「いいじ金沢」のこちらによると、ここの『「シイノキ迎賓館」の前にある』二『本の「堂形のシイノキ」は、樹齢約』三百『年で、国の天然記念物に指定されています』。『昔、このシイノキに妖怪が出るという噂があったそうです。それは、加賀藩のお家騒動で失脚し、自害に追い込まれた大槻伝蔵(おおつきでんぞう)の屋敷にこの木があったため、大槻の怨念がこもっているからといわれています』とある。この妖異も或いは?……

「不破玄澄」「加能郷土辞彙」に載る。『フワゲンチヨウ 不破元澄 父は瑞元。享保年』(一七一六年~一七三六年)『御醫師として六百五十石を受け、十九年』(一七三四年)『七十石を加へ、延享元年』(一七四四年)『五十七歳を以て歿した』とある。この事実から、必ずしもこれらの話は同時制の怪談でないことが判明する

「益氣湯」補中益気湯(ほちゅうえっきとう)という病院でもよく用いられる代表的漢方調剤薬。「おくすり110番」のこちらに詳しい。]

 又或士、火光(くわくくわう)の首の足元に來りしを、足にて蹴りたりしに、其足燒けたゞれて痛みけるを、或人

「伽羅(きやら)を燃(た)きてふすべし」

と云ひしが、二三日如ㇾ此(かくのごとく)せしかば、毒氣去りて直りしと云ふ。

 徃々如ㇾ斯(かくのごとき)事諸國にも多し。怪物一つか又別物か、分ち難し。古狸妖怪の外、古物の精(せい)化して如ㇾ此成なるべし。或人云ふ、

「別に夜中如ㇾ此變ずる鳥あり」

と云ふ。實(げ)にも造物の理(こちわり)極むべきにあらず。

[やぶちゃん注:「火光」その首自体が妖しい炎と光を発しているのである。

「伽羅」香木の一種。沈香(じんこう)・白檀(びゃくだん)などとともに珍重される。伽羅はサンスクリット語で「黒」の意の漢音写。一説には香気の優れたものは黒色であるということから、この名がつけられたともいう。但し、特定種を原木するものではなく、また沈香の内の優良なものを「伽羅」と呼ぶこともある。詳しくはウィキの「沈香」を見られるのがよかろう。

「ふすべし」思うに、これは薬用素材が伽羅である以上、それを「貼(ふ)す」のではなく、それをもって患部を「燻(ふす)ぶ」のでなくてはなるまい。されば、ここは「ふすぶべし」が正しいのではないかと思う(但し、諸本は総て「ふすべし」である)。

「古物の精(せい)化して如ㇾ此成なる」所謂、「付喪神(つくもがみ)」。一般には百年を経た器物や生物ではない物体に宿って、化けたり、人に害をなしたりするとされる精霊或いはその変化妖怪の自体のことを指す。

「別に夜中如ㇾ此變ずる鳥あり」所謂、「姑獲鳥(うぶめ)」辺りを半可通で言っているような気が強くする。「産女」とも書くが、本邦のそれは元来は妖怪ではなく、難産のために死んだ女性の幽霊である。それとは別に想像上の怪鳥としても認識される。通常の前者は赤子を抱いて現われ、通行人に抱かせようとしたり、幼児の泣き声に似た声で夜間に飛び来たって人の子に害を加えたりするとされる。詳しくは私の「和漢三才圖會卷第四十四 山禽類 姑獲鳥(うぶめ) (オオミズナギドリ?/私の独断モデル種比定)」を読まれたい。]

« 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 猪 三 猪の禍ひ | トップページ | 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 猪 四 猪垣の事 »