フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 杜に立ちて | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 啄木鳥 »

2020/03/17

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 白羽の鵠舩

 

[やぶちゃん注:本篇については前の「杜に立ちて」の注を参照されたい。表題の「鵠舩」は詩篇内で「とりぶね」と訓じている。「鵠」は狭義には「くぐひ(くぐい)」で「大形の水鳥」則ち「白鳥」を指すが、他に「白い」の意があり、ここは「白い鳥」でよかろう。幻想の鳥の白羽(しらは)の白帆の小舟の形象と読む。東西の神話の中に出現するものでもある。本文では「船」であるのに表題では「舩」なのはママ。全集は表題も「船」とする。初出の同詩は「国文学研究資料館 電子資料館」の「近代書誌・近代画像データベース」のこちらで読めるが、 本篇本文は初出形と校合しても、表記上の違いがあるだけで、有意な改変は行われていないので、初出形は示さない。

 

  白 羽 の 鵠 舩

かの空みなぎる光の淵(ふち)を、魂(たま)の

白羽(しらは)の鵠船(とりぶね)しづかに、その靑渦(あをうづ)

夢なる櫂(かひ)にて深うも漕(こ)ぎ入らばや。──

と見れば、どよもす高潮(たかじほ)音匂ひて、

樂聲(がくせい)さまよふうてなの靄(もや)の帕(きぬ)を

透(す)きてぞ浮きくる面影、(百合姬(ゆりひめ)なれ)

天華(てんげ)の生襞(いくひだ)瑲々(さやさや)あけぼの染(ぞめ)、

常樂(じやうげふ)ここにと和(やは)らぐ愛の瞳(ひとみ)。

 

運命(さだめ)や、寂寥兒(さびしご)遺(のこ)れる、されど夜々の

ゆめ路(ぢ)のくしびに、今知る、哀愁世(かなしきよ)の

終焉(をはり)は靈光(れいくわう)無限の生(せい)の門出(かどで)。

瑠璃水(るりすゐ)たたえよ、不滅の信(しん)の小壺(こつぼ)。

さばこの地に照る日光(ひかり)は氷(こほ)るとても

高歡(かうくわん)久遠(くをん)の座(ざ)にこそ導(みちび)かるれ。

            (癸卯十一月上旬)

 

   *

 

  白 羽 の 鵠 舩

かの空みなぎる光の淵を、魂(たま)の

白羽(しらは)の鵠船しづかに、その靑渦

夢なる櫂にて深うも漕ぎ入らばや。──

と見れば、どよもす高潮(たかじほ)音匂ひて、

樂聲さまよふうてなの靄の帕(きぬ)を

透きてぞ浮きくる面影、(百合姬なれ)

天華(てんげ)の生襞(いくひだ)瑲々(さやさや)あけぼの染(ぞめ)、

常樂(じやうげふ)ここにと和らぐ愛の瞳。

 

運命(さだめ)や、寂寥兒(さびしご)遺れる、されど夜々の

ゆめ路のくしびに、今知る、哀愁世(かなしきよ)の

終焉(をはり)は靈光無限の生の門出。

瑠璃水(るりすゐ)たたえよ、不滅の信の小壺。

さばこの地に照る日光(ひかり)は氷るとても

高歡(かうくわん)久遠の座にこそ導かるれ。

            (癸卯十一月上旬)

[やぶちゃん注:「櫂(かひ)」はママ。歴史的仮名遣は「かき」のイ音便であるから「かい」でよい。

「日光(ひかり)」の「ひかり」は二字へのルビ。

「帕(きぬ)」鉢巻やハンカチーフのようなものを指す語であるが、ここはそれの薄く大きな絹のベールの謂いであろう。

「天華(てんげ)の生襞(いくひだ)」曙から東雲にかけての天空の雲の輝くさまを隠喩・換喩して謂ったものであろう。

「瑲々(さやさや)」「瑲」は玉や金属などが触れ合って静かに鳴るさまや、楽の音(ね)の調和すること、或いは鈴の音。ここは自然界の静かな美しい様態を聴覚的に換喩したもの。

「常樂(じやうげふ)」「げふ」はママ。「樂」は呉音では歴史的仮名遣で「ゲウ」、現代仮名遣いで「ギョウ」になるので啄木の誤記である(初出も同じであることから)。本来は涅槃世界の絶対不変の安穏の様態を指す語。「常」は「恒常であること」を、「樂」は「静謐な楽しみ」の意。

「くしび」「靈び」「奇び」で、「霊妙なこと」「不思議なこと」の意。動詞「くしぶ」の連用形の名詞化。

「さば」平安時代からある接続詞。先行する事態の結果として後にことが起こることを示す。「それならば」「それでは」「さらば」。

「癸卯十一月上旬」「杜に立ちて」の後注を参照。]

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 杜に立ちて | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 啄木鳥 »