フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) いのちの舟 | トップページ | 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 鹿 四 鹿の角の話 »

2020/03/21

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 孤境

 

[やぶちゃん注:本篇は底本初版本(「早稲田大学図書館古典籍総合データベース」のHTML版3233)に従い、通常位置よりも全体を二字下げで示した。]

 

    孤  境

 

  老樫(おいかし)の枯樹(かれき)によりて

  墓(はかいし)の丘邊(をかべ)に立てば、

  人の聲遠くはなれて、

  夕暗に我が世は浮ぶ。

  想ひの羽(は)いとすこやかに

  おほ天(あめ)の光を追へば、

  新たなる生花被衣(いくはなかづき)

  おのづから胸をつつみぬ。

 

  苔(こけ)の下(した)やすけくねむる

  故人(ふるびと)のやはらぎの如、

  わが世こそ靈(たま)の聖(せい)なる

  白靄(しらもや)の花のあけぼの。

 

  いたみなき香りを吸(す)へば、

  つぶら胸光と透(す)きぬ。

  花びらに袖のふるれば、

  愛の歌かすかに鳴りぬ。

 

  ああ地(つち)に夜(よる)の荒(すさ)みて

  黑霧(くろぎり)の世を這ふ時し、

  わが息(いき)は天(あめ)に通(かよ)ひて、

  幻の影に醉ふかな。

           (甲辰一月十二日夜)

 

   *

 

    孤  境

 

  老樫の枯樹によりて

  墓(はかいし)の丘邊に立てば、

  人の聲遠くはなれて、

  夕暗に我が世は浮ぶ。

  想ひの羽(は)いとすこやかに

  おほ天(あめ)の光を追へば、

  新たなる生花被衣(いくはなかづき)

  おのづから胸をつつみぬ。

 

  苔の下やすけくねむる

  故人(ふるびと)のやはらぎの如、

  わが世こそ靈(たま)の聖なる

  白靄(しらもや)の花のあけぼの。

 

  いたみなき香りを吸へば、

  つぶら胸光と透きぬ。

  花びらに袖のふるれば、

  愛の歌かすかに鳴りぬ。

 

  ああ地(つち)に夜(よる)の荒(すさ)みて

  黑霧(くろぎり)の世を這ふ時し、

  わが息は天に通ひて、

  幻の影に醉ふかな。

           (甲辰一月十二日夜)

[やぶちゃん注:初出は『明星』明治三七(一九〇四)年二月号で、初出の同詩は「国文学研究資料館 電子資料館」の「近代書誌・近代画像データベース」のこちらから画像で見ることが出来るポジティヴな現実(節子との婚約)の中で強いてネガティヴな荒みや死の影を匂わせつつも、前の一篇同様、そこに真の孤影や死のそれは、ない。寧ろ、後に啄木を襲う凄惨の遠い予告のように今は読めてしまうにしても、詩篇の極上な甘美はそういう作家論的解釈を根本的には拒否しており、そうした生死の形而上学からは全く無縁なところに酔うている桂冠詩人然とした両性さえも超越したアンドロギュヌス啄木の姿が髣髴すると言える。これは一種のそうした不完全な両性の合体幻想としての「孤」=一「箇」の存在、男女の結合の「境」=錬金術的な転換とも言えるように私には感じられる。

「生花被衣(いくはなかづき)」「かつぎ」とも読む。女性が外出時に顔を隠すために頭から被った衣で、この風習が起こった中世初期には、多く単(ひとえ)の衣(きぬ)が便宜的に用いられたことから、この姿を「衣被」(きぬかずき)と呼んだ。ここは幻想の生きた美花で出来た被衣のイメージの勝った想像である。]

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) いのちの舟 | トップページ | 早川孝太郎「猪・鹿・狸」 鹿 四 鹿の角の話 »