フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 三州奇談卷之五 異獸似ㇾ鬼 | トップページ | 三州奇談卷之五 鹿熊の鐵龜 /「三州奇談」(正篇)~全電子化注完遂 »

2020/04/29

三州奇談卷之五 接異人話

 

[やぶちゃん注:本篇「接異人話」(「異人に接する話」。リンク先は底本の国立国会図書館デジタルコレクションの画像)は三分の二が漢文(最後に配された四字からなる十二句を除いて訓点附き)であり、返り点を打っても読みづらいだけなので、特異的に、まず、漢文部をほぼ白文(句点は残した。底本はもともと漢文部分には句点しかない。但し、底本は印刷が悪く、あるのかないのか判らぬところも多いので、国書刊行会本の区切り(こちらは読点もあるが、前者版ではそこを句点に読み換えた)を一部で参考にした)で示し、そこでは中間部の和文読みも振らずに示す(元来、底本には読みはない)こととし、その後に、漢文を訓点に従って訓読して全体に読みを推定で添えたものを示すこととした。]

 

    接異人話

我邑島佐平云者。夜行邑中。風雨月暗。油衣者四人遇街。謂佐平曰。吾需紙。爲我買得。其語氣倨焉。則買得四十紙而與。不出價取去不謝。佐平不憤別。佐平明曉出庭。有異人立。姿容氣高。鬚眉美秀。有威風可懼。佐平稽首。異人曰。汝從吾行乎。佐平唯從行。常知途百步餘。又行未見之山野五六里。而到曠野。設席二十餘人。飮宴列居。其人悉如前人。有老者。坐間曰。伴來乎。前人曰然。令座佐平於筵端。有一老者問曰。汝邑在二吏。姓名如何。佐平答以其姓名。曰。欲送書一吏宜通達。佐平諾。有一小兒。貌三四歲。有能而能事長者。老者命小兒。汝書書。小兒出筆紙而書。一紙各四字。字形巨盡十二紙。又書副書一紙。卷投。佐平諾而之懷。請辭去。老者曰。父母俟汝。疾可歸家。汝既餓焉。與乾柹子二十箇。貫萩莖。食其二持其餘。送別餞之以言曰。事父母能竭其力。祭鬼神能誠敬。能修汝之產業。一人送途五六里。到舊知之道。送者忽消其貌矣。薄暮歸家視其書。前夜所需之紙也。書不拙。雖讀不難。文義不屬。事理不可解。副書以俗辭書。法甚恭。題己名風子天宮。乃奉于吏。或曰仙乎。神乎。化人乎。狐狸乎。不可知焉。臨別送以言。訓三事者至言也。竭力言生。誠敬言死修產業言用天因地。皆不出孝。雖君子送人之言。蓋然一朝雖妖惑人戲而已。所其道善乎人者與。

我邑とは越中魚津なり。是を書する人は魚津の人にて喬如幾布。予に告ること斯くの如し。其事書中の如く、島屋左兵衞と云ふ者、明和元年の春一日去つて居らず。方々尋る所還りて我宅の後ろより出來る。卽樣子を尋ぬれば、人あり誘ひて山に到る。其所未見所なり。小兒に筆とらせて、魚津の奉行所へ書十二枚を送る。其墨跡甚だ怪し。文字皆讀むべからず。公儀へ上る所、先其地役人に預り置べしとて、其書魚津の雉仄といふ人の許にあり。其書昔貉の書ける風とは大いに替り、明人の筆意に似たり。字皆讀み易きに似て又あやし。其十二枚、前後を定むること能はず。近鄕の文字に好ける者ども、色々となして點を加ふ。其中若しや左もと思ふ物を取りて左に記す。後年若し應あらば、彌々奇ならん。語猶考ふべき人の爲に文字の形に記す。四字づゝにて、上下はいづれとも置きて試み給へ。この點も先の文章も、文字は其儘なり。文中四十紙は十四紙成べし。十二枚は本紙、一紙は副狀、一紙は上包紙なり。

  董御痛入 勸悌盛禮 故喜勒大 御懇切也

  蜀者入守 非重大守 宿醉委曲 饗應持賞

  湘泉多圭 寧成珍華 北走美共 分局者振

 

□訓読して読みを加えたもの(訓読の一部では国書刊行会本の訓点も参考にした。一部の送り仮名は私が補った。句読点も変化させ、記号等を使用、段落も成形した)

 

    異人に接する話

   *

 我が邑(むら)に島佐平と云ふ者、夜、邑中(むらなか)を行く。風雨あつて、月、暗し。油衣(ゆえ)の者四人と街(まち)に遇ふ。佐平に謂ひて曰く、

「吾れ、紙(かみ)を需(もと)む。我が爲に買ひ得(え)せよ。」

と。其の語氣、倨(おご)れり。則ち、四十紙を買ひ得て與ふ。價(あたひ)を出ださず、取り去りて謝(しや)せざるも、佐平、憤らずして別(わか)る。

 佐平、明曉(みやうげう)、庭に出づ。異人有りて立てり。姿容(すがたかたち)氣高く、鬚・眉、美秀にして、威風有り、懼(おそ)るべし。佐平、稽首す。異人曰く、

「汝、吾に從ひて行かんや。」

と。佐平、唯だ從ひ行く。常に知れる途(みち)百步餘、又、未だ見ざるの山野を行くこと、五、六里、而して曠野(あらの)に到る。

 席を設けて二十餘人、飮宴して列居す。其人、悉く前人(ぜんじん)のごとし。老いたる者有り、坐の間(あひだ)より曰く、

「伴ひ來れるか。」

と。前人、曰く、

「然(しか)り。」

と。佐平をして筵(むしろ)の端に座せしむ。一老者(いちらうしや)有り、問ひて曰く、

「汝が邑(むら)二吏(にり)在り。姓名は如何(いかん)。」

と。佐平、答ふるに其の姓名を以つてす。曰く、

「一吏に書を送らんと欲す。宜(よろ)しく通達すべし。」

と。佐平、諾す。

 一小兒有り、貌(かたち)三、四歲、能く有りて、能く長者に事(つか)ふ。老者、小兒に命ずらく、

「汝、書(しよ)を書(しよ)せよ。」

と。小兒、筆紙を出だして書す。

 一紙、各(おのおの)四字、字形、巨(おほ)きにして、十二紙を盡くす。

 又、副書(そへがき)一紙を書す。卷きて投(たう)ず。佐平、諾して之れを懷(ふところ)にす。

 辭去せんことを請ふ。老者曰く、

「父母、汝を俟つ。疾(と)く家に歸るべし。汝、既に餓ゑたり。乾柹(ほしがき)の子(み)二十箇を與ふ。」

と。萩(をぎ)の莖(くき)に貫けり。其の二(ふたつ)を食ひ、其の餘を持ち、別れを送り、之れに餞(はなむけ)するに言(ことば)を以つてす。曰く、

「父母に事(つか)ふるに、能く其の力(ちから)を竭(つく)せ。鬼神を祭るに、能く誠敬(せいぎやう)せよ。能く汝の產業を修(をさ)めよ。」

と。一人(ひとり)、途(みち)を送ること、五、六里にして、舊知の道に到(いた)る。送れる者、忽ち、其の貌を消す。

 薄暮に家に歸りて、其の書を視るに、前夜需(もと)めし所の紙なり。書、拙ならず、讀むに難(かた)からずと雖も、文義、屬(ぞく)せず、事理、解すべからず。副書は俗辭を以つて書き、法(はう)、甚だ恭(うやうや)し。己(おのれ)が名を「風子天宮」と題す。乃(すなは)ち、吏に奉(はう)ず。

 或いは曰く、仙なるか、神なるか、化人(けにん)なるか、狐狸(こり)なるか、知るべからず。別れに臨みて送るに言を以つてす。三事(みつのこと)を訓ずるは至言なり。竭力(けつりよく)は生(せい)を言ひ、誠敬(せいぎやう)は死を言ひ、產業を修むは用天因地(ようてんいんち)を言ふ。皆、孝を出でず。君子の人に送るの言と雖も、蓋(けだ)し然(しか)らん。一朝、人を妖惑(えうわく)すと雖も、戲(たはむ)れらくのみ。其の道とする所、人に善なる者か。

   *

 「我が邑(むら)」とは越中魚津なり。是を書する人は魚津の人にて喬如幾布。予に告(つぐ)ること斯くの如し。其事書中の如く、島屋左兵衞と云ふ者、明和元年の春一日去つて居(を)らず。方々尋(たづぬ)る所還りて我(わが)宅[やぶちゃん注:自宅。]の後ろより出來(いでく)る。卽(すなはち)樣子を尋ぬれば、

「人あり誘ひて山に到る。其所(そのところ)未見所(いまだみざるところ)なり。小兒に筆とらせて、魚津の奉行所へ書十二枚を送る。」

 其墨跡甚だ怪し。文字皆讀むべからず。公儀へ上(あぐ)る所、

「先(まづ)其地役人(ぢやくにん)に預り置(おく)べし」

とて、其書魚津の雉仄(ちそく)といふ人の許にあり。

 其書(そのしよ)昔(むかし)貉(むじな)の書(かき)ける風(ふう)とは大いに替り、明人(みんじん)の筆意に似たり。字皆讀み易きに似て又あやし。其十二枚、前後を定むること能はず。近鄕の文字に好(す)ける者ども、色々となして點を加ふ。其中(そのうち)『若(も)しや左(さ)も』と思ふ物を取りて左に記す。後年若し應(わう)あらば、彌々(いよいよ)奇ならん。語(ご)猶(なほ)考ふべき人の爲に文字の形に記す。四字づゝにて、上下はいづれとも置きて試み給へ。この點も先の文章も、文字は其儘なり。文中四十紙は十四紙成(なる)べし。十二枚は本紙、一紙は副狀(そへじやう)、一紙は上包紙(うはづつみがみ)なり。

  董御痛入 勸悌盛禮 故喜勒大 御懇切也

  蜀者入守 非重大守 宿醉委曲 饗應持賞

  湘泉多圭 寧成珍華 北走美共 分局者振

 

[やぶちゃん注:「油衣」は防水のために荏油(えのあぶら/えのゆ:シソ目シソ科シソ属エゴマ Perilla frutescens)を塗った和紙を指し、それで作ったものは極めて上質の合羽(かっぱ)として大名などが着用した。読みは推定で「あぶらごろも」かも知れない。

「化人」仏・菩薩が衆生を救うために仮に人の姿となって現れたもののこと。

「用天因地」時と場合によって臨機応変に対応することか。

「喬如幾布」人の名と思われるが、不詳。読みも不詳。一応、「きょうじょきふ」(現代仮名遣)と音読みしておく。

「明和元年」一七六四年だが、春の内は未だ宝暦十四年で、六月二日(グレゴリオ暦一七六四年六月三十日に改元された。

「雉仄」不詳。如何にも俳号っぽい。

「貉(むじな)」ここは「狸」の意に代えてよい。いやいや、「化狸」だ。

「其十二枚、前後を定むること能はず」というのだから、以下の十二の文字列はランダムに並べたもので並び順さえ分からないというのである。

「文字に好(す)ける者ども」古文書や石碑の判読を好む者。

「色々となして點を加ふ」ああでもない、こうでもないと、しゃかりきになって判読しては勝手な並び順にして自分勝手な訓点を打っては、さまざまな訓読や解釈がなされてはいる。

「應あらば」何らかの信用出来る語順や読み方が提示されたならば。

「この點」この十二点の四字漢字の文字列群の意。今も使う並べた物を数える数詞。さても私もこれら十二点の四字漢字の文字列群の解読は不能である。どなたか挑戦されては、如何?]

« 三州奇談卷之五 異獸似ㇾ鬼 | トップページ | 三州奇談卷之五 鹿熊の鐵龜 /「三州奇談」(正篇)~全電子化注完遂 »