フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 三州奇談續編卷之二 平氏の樂器 | トップページ | 三州奇談續編卷之二 石蛇の夾石 »

2020/05/11

甲子夜話卷之六 10 水戶の瑞龍山の事

 

6―10 水戶の瑞龍山の事

水戶の瑞龍山と云るは、餘ほど高き處なり。この山上、西山義公を葬る。蓋公の遺命とぞ。彼家の老職、中山信敬は【備中守實文公の弟】友交の人ゆゑ聞しに、かの山は一岩石にして殊に峻し。その岩石を鑿て棺を穴中に容るとなり。その問しときは源文と諡したる黃門殿の時なりき。頃又聞く、彼藩の立原翠軒が云しは、穿坎に葬し畢りて、鑿碎の石屑を以て棺を塡む。十年に及ぶ頃には、必ず融化して、もとの天然岩石に歸すと云。誠に不朽の兆域なり。

■やぶちゃんの呟き

「瑞龍山」「ずいりゆう(りゅう)さん」。現在の茨城県常陸太田市瑞龍町(瑞竜町)にある水戸徳川家累代の墓所(グーグル・マップ・データ航空写真。その拡大)。阿武隈山地から続く国見山の南側丘陵斜面に当たる。ウィキの「瑞龍山」によれば、『現在は管理上の理由で一般には公開されていない』とある。『水戸藩第』二『代藩主徳川光圀が初代藩主徳川頼房の遺志を受け継ぎ』、寛文元(一六六一)年に『ここを墓地と定めた』。延宝五(一六七七)年には『伯父の武田信吉、生母谷久子の墓を改葬した。全山深い木々に覆われ、その所々に歴代藩主の墓がある』。『葬儀墓制は日本では珍しい』完全な『儒教の形式によるもので、螭首亀趺(ちしゅきふ:亀の胴体に竜の首が付いている台石)とよばれる墓の様式である』。『瑞龍山には累代藩主一族の墓以外に、朱舜水』(しゅ しゅんすい 万暦二八(一六〇〇)年~天和二(一六八二)年)『の墓がある。朱舜水は中国明代の儒学者であったが、明の滅亡に際して援助を求め』、『来日し、清の成立に伴い』、『亡命、帰化した。その後、光圀の招きで水戸藩を訪れ、水戸学思想に多大な影響を与えた』人物としてよく知られる。

「餘ほど高き處なり」標高は百三十四メートル。「茨城県教育委員会」公式サイト内の「水戸德川家墓所」の解説に拠った。そこにも仏教嫌いで知られた光圀(彼は生涯に一度しか旅をしなかった。それは鎌倉への旅であったが、途中、横浜の金沢付近では地蔵を破壊している)よろしく、『葬祭は無宗教であるため、墓所内に菩提寺はなく、僧侶の立ち入りは禁じられてい』たとある。

「西山義公」「にしやまぎこう」。水戸光圀のこと。「義公」は「諡(おくりな)」(本文の読みもそれ)で、「西山」光圀は元禄三(一六九〇)年に幕府からの隠居の許可を受けて、養嗣子綱條に水戸藩主を継ぎ、翌年五月に久慈郡新宿(あらじゅく)村西山(ここ。グーグル・マップ・データ。現在は常陸太田市新宿町(あらじゅくちょう)。サイド・パネルで一部復元された西山荘の様子が見られる)に建てられた隠居所「西山荘」に隠棲したことによる。

「蓋」「けだし」。まさしく。

「中山信敬」(なかやまのぶたか 明和元(一七六五)年~文政三(一八二〇)年)は常陸太田藩・松岡藩の当主で水戸藩附家老。第五代水戸藩主徳川宗翰(むねもと)の九男で、第六代藩主徳川治保の弟。明和八(一七七一)年、八歳の時、先代中山政信の臨終の席でその娘を迎え、婿養子となって中山家の家督を相続した。安永八(一七七九)年に備前守、後に備中守に遷任した。文政二(一八一九)年、罹患していた中風を理由として、家督を三男の信情に譲って隠居するように命ぜられて藩政を退き、翌年、没した。参照したウィキの「中山信敬によれば、『信敬は藩主の子として生まれたため、末子であっても大名家の養子となる資格があったが』、二万五千石の『陪臣の養子となったことに不満があったと推測される。附家老として藩主の兄を補佐し、藩政を掌握すると』、『中山家の地位を向上させることに尽力した』。享和三(一八〇三)年十一月には『大田村からかつての松岡に知行替えをし』ており、『地位向上』のための『運動は藩内にとどまらず、幕府に対しても』、文化一三(一八一九)年)一月から『老中水野忠成に、八朔五節句の江戸城登城について』は『藩主随伴ではなく』、『単独で登城できるように陳情を始めた。この陳情は中山家だけでは実現できそうもなかったため、同じ附家老の尾張成瀬家や紀州安藤家と連携をとって』、『家格向上に努めた』とあり、なかなかのやり手であることが判る。

「備中守實文公」これは水戸藩中興の祖と称せられる前に記した信敬の兄で第六代藩主であった徳川治保(はるもり 寛延四(一七五一)年~文化二(一八〇五)年)のことであるが、「文公」は彼の諡で正しいものの、「備中守」と「實」は誤りとしか思われない。後者は不明だが、前者は弟信敬の叙任と誤ったものであろう。

「峻し」「けわし」。

「鑿て」「うがちて」。

「穴中」「けつちゆう(けっちゅう)」と音読みしておく。

「容る」「いるる」。

「その問しときは」この「問」は以下「頃又聞く」(このごろまたきく)との対応から見ても、「聞し」(ききし)の静山に誤字か、或いは参考に使用している平凡社東洋文庫の誤植ではなかろうか? 何となく圧縮された言い方で判り難いのであるが、ここは――そういう異様な埋葬法であることを聞いた中で、最も古いものとして確かにそうした処理をしたというのは、「源文と諡したる黃門殿の」埋葬の「時」にそうした、ということを聞いたのが最初である――の謂いと私は採る。「源文と諡したる黃門」とは權中納言(黄門は中納言の唐名)であった第六代藩主徳川治保のことである。因みに「源」は徳川家康が自身は「源氏」の出身であることに拘った(彼の愛読書は「吾妻鏡」であった)ことからの姓である。

「彼」「かの」。

「立原翠軒」(たちはらすいけん 延享元(一七四四)年~文政六(一八二三)年)は水戸藩士。ウィキの「立原翠軒によれば、学者として第五代藩主徳川宗翰と次の第六代治保の二代に亙って仕えた。『本姓は平氏。家系は常陸平氏大掾氏の一門・鹿島氏の庶流といい、鹿島成幹』(なりもと)の子『立原五郎久幹を祖とする立原氏』通称は甚五郎、『致仕後に翠軒と号』した。『父は水戸藩彰考館管庫・立原蘭渓(甚蔵)。嫡男は水戸藩士で南画家の立原杏所』(きょうしょ)、『孫には幕末の志士・立原朴次郎』(ぼくじろう)『や閨秀画家の立原春沙』(しゅんさ:杏所の長女)、子孫にはなんと、かの詩人にして建築家であった立原道造がいるとある。宝暦一〇(一七六〇)年に『荻生徂徠を祖とする古文辞学派(徂徠学派)・田中江南が水戸を訪れた折に』、既に師であった谷田部東壑(とうがく)とともに『その門に入った』。同十三年、『江南が去った後、江戸彰考館の書写場傭に任ぜられた。江戸にては文章を大内熊耳』(ゆうじ)、『唐音を細井平洲、書を松平』頼順(よりゆき)『に学んだ』。明和三(一七六六)年には、『編集員を命ぜられ』て『水戸史館に転じた』。天明六(一七八六)年六月、『彰考館総裁に進み、以後』、享和三(一八〇三)年に『致仕するまで』、かの「大日本史」の『編纂に力を注ぎ』、寛政一一(一七九九)年には「大日本史」の『紀伝浄写本』八十『巻を』「大日本史」編纂の遺命を残した第二代藩主『徳川光圀の廟に献じた。この間、混乱の生じていた彰考館の蔵書を整理、欠本となっていたものを補写する様に命じ、古器物などの修膳、光圀以来の留書、書簡などが集積されたまま、整理されていなかったため、これを補修製本』などもしている(これらは「江水往復書案」・「史館雑事記」として今日に伝わっているものの原形本とされる)。『永く停滞していた修史事業を軌道に乗せたことは、翠軒の大きな功績によるものであり、翠軒の尽力により』、『後世の水戸学が結実していったといわれている。また、翠軒は藩主治保の藩政にも参与し、天下の三大患について老中の松平定信に上書して、蝦夷地侵略等を警告し』、寛政五(一七九三)年には、『門人の木村謙次を松前に派遣し、実情を探らせたという』。但し、「大日本史」編纂に際しては、書名に国号を冠することや、論賛の是非について、『弟子の藤田幽谷と対立を深めていたともいわれている』(この対立と結果はリンク先に、以下、より具体的にしるされてある。また、そこにある「逸話」を魅力的。流石、道造の御先祖さまだねえ)。

「穿坎」「さくかん」。穿(うが)った坑(あな)。

「葬し畢りて」「さうしをはりて」。

「鑿碎」「さくさい」。鑿(うが)ち碎(くだ)くこと。

「石屑」「せきせつ」。石の屑(くず)。

「塡む」「はむ」と読む。「嵌(は)む」に同じで、「落とし入れる」「投げ入れる」の意。

「融化」「ゆうくわ(ゆうか)」。融(と)けて変化すること。溶け合って一つの物になること。ここは遺体がすっかり溶けて「天然」の「岩石に歸すと云」うのである。

「不朽」岩石に融和するからまさに遺体は腐らないのである。

「兆域」「てうゐき(ちょういき)」で「墓のある区域・墓所」の意。

« 三州奇談續編卷之二 平氏の樂器 | トップページ | 三州奇談續編卷之二 石蛇の夾石 »