フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 江上の曲 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 天火盞 »

2020/05/25

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 枯林

 

   枯  林

 

うち重(かさ)む楢(なら)の朽葉(くちば)の

厚衣(あつごろも)、地(つち)は聲なく、

雪さへに樹々(きゞ)の北蔭(きたかげ)

白銀(しろがね)の楯(たて)に掩へる

冬枯の丘の林に、

日をひと日、吹き荒(すさ)みたる

凩(こがらし)のたたかいひ果(は)てて、

肌寒(はだざむ)の背(そびら)に迫る

日落(ひお)ち時、あはき名殘(なごり)の

ほころびの空の光に

明(あか)に透く幹(みき)のあひだを

羽(はね)鳴らし移りとびつつ、

けおさるる冬の沈默(しゞま)を

破るとか、いとせはしげに、

羽强(はづよ)の胸毛赤鳥(むなげあかどり)

山の鳥小さき啄木鳥(きつつき)

木を啄(つゝ)く音を流しぬ。

 

さびしみに胸を捲(ま)かれて、

うなだれて、黃葉(きば)のいく片(ひら)

猶のこる楢(なら)の木下(こした)に

佇めば、人の世は皆

遠のきて、終滅(をはり)に似たる

冬の晚(くれ)、この天地に、

落ちて行く日と、かの音と、

我とのみあるにも似たり。

 

枝を折り、幹を撓(たわ)めて

吹き過ぎし破壞(はゑ)のこがらし

あともなく、いとおごそかに、

八千(やち)とせの歷史(れきし)の如く、

また廣き墓の如くに、

しじまれる楢の林を

わが領(りよう)と、寒さも怖(を)ぢず、

氣負(きお)ひては、音よ坎々(かんかん)、

冬木(ふゆき)立(た)つ幹をつつきて

しばらくも絕間(たえま)あらせず。

いと深く、かつさびれたる

その響き遠くどよみて、

山彥は山彥呼びて、

今はしも、消えにし音と

まだ殘る音の經緯(たてぬき)

織(を)りかはす樂(がく)の夕浪(ゆふなみ)、

かすかなるふるひを帶びて、

さびしみの潮路(うしほぢ)遠く、

林こえ、枯野をこえて、

夕天(ゆふぞら)に、また夕地(ゆふづち)に

くまもなく溢れわたりぬ。

 

われはただ氣も遠々(とほどほ)に、

瘦肩(やせがた)を楢にならべて、

骨の如、動きもえせず、

目を瞑(と)ぢて、額(ぬか)をたるれば、

かの響き、今はた我の

さびしみの底なる胸を

何者か鋭(と)きくちはしに

つつきては、靈(たま)呼びさます

世の外(ほか)の聲とも覺(おぼ)ゆ。

 

ああ我や、詩(うた)のさびし兒(ご)、

若うては心よわくて、

うたがひに、はた悲哀(かなしみ)に

かく此處(こゝ)に立ちもこそすれ。

今聞けよ、小(ちひ)さき鳥に、──

いのちなき滅(めつ)の世界に

ただひとり命(めい)に勇みて、

ひびかすは心のあとよ、

生命(せいめい)の高ききほひよ。

强(つよ)ぶるふ羽のうなりは

勝ちほこる彼(かれ)の凱歌(がいか)か、

はた或は、我をあざける

矜(たかぶ)りの笑ひの聲か。

かく思ひわが頤(おとがひ)は

いや更に胸に埋(うま)りぬ。

細腕(ほそうで)は枯枝なして

ちからなく膝邊(ひざべ)にたれぬ。

しづかにも心の絃(いと)に

祈(いの)りする歌も添ひきぬ。

 

日は既(すで)に山に沈みて

たそがれの薄影(うすかげ)重く、

せはしげに樹々(きゞ)をめぐりし

啄木鳥(くつつき)は、こ度(たび)は近く、

わが凭(よ)れる楢の老樹(おいき)の

幹に來て、今日(けふ)のをはりを

いと高く膸(ずゐ)に刻みぬ。

           (甲辰十一月十四日)

 

[やぶちゃん注:表題は作品の孤高にして凄絶なヴィジョンからは「コリン」と音で読みたくなるが、まあ、「かればやし」であろう。初出は明治三七(一九〇四)年十二月号『太陽』で「野調」(「のしらべ」か)という総題で本篇と「お蝶」という二篇を載せる。初出の有意な変異を認めない。なお、「お蝶」の方は「あこがれ」には採られていない。お蝶という母を失った少女の物語詩で「枯林」とのセット性は認められない。

「掩へる」は「おほへる」。覆われた。

「羽强(はづよ)の胸毛赤鳥(むなげあかどり)」は「啄木鳥(きつつき)」のこと。この場合、前者の謂いから、本邦のキツツキ目キツツキ科キツツキアカゲラ属アカゲラ亜種アカゲラ Dendrocopos major hondoensis と考えてよかろう。但し、胸の毛ではなく、有意に下方の腹部や尾羽基部の下面(下尾筒)が赤い羽毛で覆われ、♂の成鳥は後頭部も赤い羽毛で覆われ、よく目立ち、和名の由来にもなっている。因みに虹彩も暗赤色を呈する。

「領(りよう)」はママ。歴史的仮名遣は「りやう」が正しい。

「怖(を)ぢず」はママ。歴史的仮名遣はそのまま「おぢず」でよい。

「經緯(たてぬき)」総て。]

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 江上の曲 | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 天火盞 »