フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) ひとつ家 | トップページ | 柴田宵曲 俳諧随筆 蕉門の人々 嵐雪 二 »

2020/05/03

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 鷗

 

   

 

藻の香に染みし白晝(まひる)の砂枕(すなまくら)、

ましろき鷗(かもめ)、ゆたかに、波の穗を

光の羽(はね)にわけつつ、碎け去る

汀の漚(あは)にえものをあさりては、

わが足近く翼を休らへぬ。

 

諸手(もろて)をのべて、高らに吟(ぎん)ずれど、

鳥驚かず、とび去らず、

ぬれたる砂にあゆみて、退(しぞ)き、また

寄せくる波をむかへて、よろこびぬ。

 

つぶらにあきて、靑海の

匂ひかがやく小瞳は、

眞珠の光あつめし聖の壺(つぼ)。

はてなき海を家とし、歌として、

おのが翼を力(ちから)と遊べばか、

汝(な)が行くところ、瞳(ひとみ)の射る所、

狐疑(うたがひ)、怖れ、さげしみ、あなどりの

さもしき陰影(かげ)は隱れて、空蒼(あを)し。

 

ああ逍遙(さまよひ)よ、をきての網(あみ)の中

立ちつつまれてあたりをかへり見る

むなしき鎖解(と)きたる逍遙(さまよひ)よ、

それただ我ら自然の寵兒(まなご)らが

高行く天(あめ)の世に似る路なれや。

來ても聞けかし、今この鳥の歌。──

さまよひなれば、自由(まゝ)なる戀の夢、

あけぼの開く白藻(しらも)の香に宿り、

起伏つきぬ五百重(いほへ)の浪の音に

光と暗はい湧きて、とこしへの

勇みの歌は、ひるまぬ生(せい)の樂(がく)。

 

ああ我が友よ、願ふは、暫しだに、

つかるる日なき光の白羽をぞ

翼なき子の胸にもゆるさずや。

汝(な)があるところ、平和(やはらぎ)、よろこびの

軟風(なよかぜ)かよひ、黃金(こがね)の日は照(て)れど、

人の世の國けがれの風長く、

自由の花は百年(もゝとせ)地に委して

不朽(ふきう)と詩との自然はほろびたり。

           (甲辰八月十四日夜)

 

   *

 

 

   

 

藻の香に染みし白晝(まひる)の砂枕、

ましろき鷗、ゆたかに、波の穗を

光の羽にわけつつ、碎け去る

汀の漚(あは)にえものをあさりては、

わが足近く翼を休らへぬ。

 

諸手をのべて、高らに吟ずれど、

鳥驚かず、とび去らず、

ぬれたる砂にあゆみて、退(しぞ)き、また

寄せくる波をむかへて、よろこびぬ。

 

つぶらにあきて、靑海の

匂ひかがやく小瞳は、

眞珠の光あつめし聖の壺。

はてなき海を家とし、歌として、

おのが翼を力と遊べばか、

汝(な)が行くところ、瞳の射る所、

狐疑(うたがひ)、怖れ、さげしみ、あなどりの

さもしき陰影(かげ)は隱れて、空蒼し。

 

ああ逍遙(さまよひ)よ、をきての網の中

立ちつつまれてあたりをかへり見る

むなしき鎖解きたる逍遙よ、

それただ我ら自然の寵兒(まなご)らが

高行く天(あめ)の世に似る路なれや。

來ても聞けかし、今この鳥の歌。──

さまよひなれば、自由(まゝ)なる戀の夢、

あけぼの開く白藻(しらも)の香に宿り、

起伏つきぬ五百重(いほへ)の浪の音に

光と暗はい湧きて、とこしへの

勇みの歌は、ひるまぬ生の樂。

 

ああ我が友よ、願ふは、暫しだに、

つかるる日なき光の白羽をぞ

翼なき子の胸にもゆるさずや。

汝があるところ、平和(やはらぎ)、よろこびの

軟風(なよかぜ)かよひ、黃金(こがね)の日は照れど、

人の世の國けがれの風長く、

自由の花は百年(もゝとせ)地に委して

不朽と詩との自然はほろびたり。

           (甲辰八月十四日夜)

[やぶちゃん注:「をきての網(あみ)の中」の「をきて」はママ。初出は『おきての網(あみ)の中』。感覚的に見て「掟」の意であろうから、「を」は誤りである。初出は『白百合』明治三七(一九〇四)九月号に「高風吟」の総表題で前に次の「光の門」を配して二篇。

「汀」「みぎは」。初出にはそうルビする。

「漚(あは)」「泡」に同じい。

「小瞳」初出では「こひとみ」とルビする。

「狐疑(うたがひ)」二字へのルビ。通常はそのまま「こぎ」と読む。狐が疑い深い動物だとされることから、「疑い深いこと」「猜疑心を持つこと」を謂う。

「自由(まゝ)なる」二字へのルビ。]

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) ひとつ家 | トップページ | 柴田宵曲 俳諧随筆 蕉門の人々 嵐雪 二 »