フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 家庭 | トップページ | 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 新年 »

2020/05/30

萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 珈琲店 醉月

 

   珈琲店 醉月

 

坂を登らんとして渴きに耐えず

滄浪として醉月の扉(どあ)を開けば

狼藉たる店の中より

破れしレコードは鳴り響き

場末の煤ぼけたる電氣の影に

貧しき酒瓶の列を立てたり。

ああ この暗愁も久しいかな!

我れまさに年老ひて家鄕なく

妻子離散して孤獨なり

いかんぞまた漂泊の悔を知らむ。

女等群がりて卓を圍み

我れの醉態を見て憫みしが

たちまち罵りて財布を奪ひ

殘りなく錢(ぜに)を數へて盜み去れり。

 

【詩篇小解】 珈琲店 醉月  醉月の如き珈琲店は、 行くところの佗しき場末に實在すべし。 我れの如き悲しき痴漢、 老ひて人生の家鄕を知らず、 醉うて巷路に徘徊するもの、 何所にまた有りや無しや。 坂を登らんと欲して、 我が心は常に渴きに耐えざるなり。

 

[やぶちゃん注:「耐えず」はママ。「滄浪」既出既注の通り、「蹌踉」の誤用。「年老ひて」(「詩篇小解」のそれも)はママ。

 「醉月の如き珈琲店は、 行くところの佗しき場末に實在すべし。」と「如き」「べし」あるからには、「醉月」という「珈琲店」は詩篇内仮想の幻の存在と読むべきであり、モデルはあっても実在したそれを探すことは徒労と思う。

 初出は昭和六(一九三一)年三月発行の『詩・現實』第四冊。

   *

 

   珈琲店醉月

 

坂を登らんとして渴きに耐えず

蒼浪として醉月の扉(ドア)を開けば

浪藉たる店の中より

破れしレコードは鳴り響き

場末の煤ぼけたる電氣の影に

貧しき酒瓶の列を立てたり。

ああ この暗愁も久しいかな。

われまさに年老ひて家鄕なく

妻子離散して孤獨なり

いかんぞまた漂泊の悔(くひ)を知らむ。

女等群がりて卓をかこみ

われの醉態を見て憐れみしが

たちまち罵りて財布を奪ひ

殘りなく錢を數へて盜み去れり。

 

   *

「耐えず」「蒼浪」「浪藉」「年老ひて」及び「悔(くひ)」のルビは総てママ。]

« 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 家庭 | トップページ | 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 新年 »